城ヶ崎ピクニカルコース・自然探求路
3月15日(土)前日の積雪のため、当初行く予定だった玄岳は登れず、城ヶ崎海岸シーサイドハイクに行きました。6:59横浜で東海道線、8:26熱海発の伊豆急「黒船号」に乗り、窓から見える海・島々・山・桜のパノラマを楽しみながら、9:14城ヶ崎海岸駅に到着。
c0012640_1634577.jpg
ログハウス風の駅でコースの資料を入手し、桜並木の道を歩いて「城ヶ崎ピクニカルコース」の入口「ぼら納屋」に9:59到着。星野哲郎作詞の「城ヶ崎ブルース」が何故か流れてました。もずくねという広場に出ると、海上フェリーの人がこちらに向かって手を振ってくれたので、こちらからも手を振り返えました。10:31門脇吊橋を渡り断崖絶壁のスリルを味わいました。門脇崎灯台から雪をかぶった大室山や天城の山が見え、大島三原山まで雪がかぶっていました。ここから常緑広葉樹の中を進み、リスを発見。10:57穴口という陸地に穴が開いて海水が見える場所があり光と影のコントラストが美しいです。。
c0012640_1634589.jpg
11:07門脇崎灯台の良く見え絵がかけそうなナイスポイント。入り江に波打ち泡となる海水がエメラルドグリーンでビューティフル。



11:23名のない広い場所でランチタイム。おしるこを作りました。
c0012640_16355267.jpg
12:04城ヶ崎見晴らしガーデン、12:22蓮着寺につき、ここのカワズザクラは見事!記念撮影をバンバン撮り、「城ヶ崎自然探求路」の入口に入りました。
c0012640_16362751.jpg
ピクニカルコースは整備された遊歩道ですが、「自然探求路」は自然の状態をなるべく残したハイキングコースで、アップダウンも多いです。広葉樹、シダ植物、草花などの植相で構成された原生林で、森の中のトンネルを歩いているような感覚になります。13:04いがいが根で休憩。ネコさんが3匹くらい顔を出してくれましたが、芸はやりませんでした(笑)。
c0012640_16374763.jpg
ヒヨドリが鳴き、波の音・鳥のさえずりがして一種の環境音楽にさえ感じます。14:14橋立吊橋につき、直下には滝が流れていました。この吊橋を渡る楽しさで今までの疲れも吹き飛びます。14:28ユーカリの森が見え、街にやっと出ました。伊豆高原の町並みは石垣とガーデニングで植えられた花々とが景観形成をしており、魅力あるまちづくりとなっています。14:30伊豆高原駅到着。ナイスタイミング。「野天・高原の湯」でひと浴び。温泉は、男子は3段に渡る露天風呂、女子は2段の露天風呂+サウナがあります。伊豆・天城山方面に来たときは是非立ち寄りたい温泉です。打ち上げは海鮮「いちやま」。板長おすすめの「まかない丼」という刺身にゴマ油というコンビネーションが堪能できます。
by hide3190ymo | 2005-03-07 21:00 | 登山・ハイキング
<< スランガニ基金(インド洋津波被... 速報!春の名曲ベストテン >>