壁にぶつかる。
人生の壁にぶつかっているのではないです。
思いっきり、鉄筋コンクリート造の壁にぶつかって、唇から血が出てきたのです。

午前中は、せっかく日程調整して会議しているのに、それをぶち壊すような相手の段取りの悪さ、超ベリーバッドで、マジに切れそうでした。それとも私の発想に周りの人がついていけないのか、一生懸命に仕事しているのに、全然伝わりません。(めちゃ嫌な奴だ、オレ)
c0012640_18433030.jpg
今日、昼休みに、気分転換で、市場に行き、500円でフラワーアレンジメントされた花束が売っていたので、紅色系統と黄色系統のものを2週類、衝動買いしてしまいまして、職場を明るくしようと思い、打ち合わせコーナーの脇に置いておきました。

庶務のアルバイトの女性から、「置いてくださるんですかー!嬉しいな~」と褒められ、でも数少ない技術職の社員の女性は、見向きもせず。年末の忙しさで見向く余裕もないんだろうな。しかし、隣の係のロマンチック男子が、そこを通るたびに、じっと花を見つめているのです。

誰がこの花束に反応してくれるか気になって、そちらを見とれながら、前をちゃんと見ずに、トイレに行こうと右折して進んでいたら、思いっきりそこに鉄筋コンクリートの袖壁があって、ぶち当たってしまったのです。出っ歯なので、そこがぶつかり、出血が止まりませんでした。



なんか旅行に行く前に限って、怪我をしたり、物を紛失したり、壊したり、変薬したりで、
もう、いや~ん、って感じです。

とりあえず食事は取れるのですが、熱いスープのたぐいが食べられません。
キスも出来ません。もっとも、キスする相手もいないのですが。

c0012640_19473635.jpg

歯が折れなかっただけマシかも。医者に行く時間もないや。
どうも他人に喜んでほしくて、自分を犠牲にしがちで、空ぶりしがちです。

無理すんなよ、オレ。

私は「いい人」のつもりはないし、「いい人かどうか」は、周りの人が勝手に決めているだけ。
人を愛する気持ちのかけらとか私には全くないし、そもそも愛なんて信じていないです。
普段、柔らかい表現、丁寧な表現を紳士として心得ていますが、怒るとメチャ厳しいです。

自分が手がけた仕事や作業は、完璧にしないと気が済まないのです。
行動力があるのではなく、行動しないと気がすまないところに、私の弱さがあります。

(今日のYouTube) You Bring Me Down / Blood Red Shoes
by hide3190ymo | 2008-12-22 18:52 | 人間科学
<< ガラスの少尉 劇団唐ゼミ @ ... 今年最後のHMV2008 >>