心の中の爆弾
c0012640_19234027.jpg
精神科の開放病棟に入院していたときは、ホールで患者さん同士が交流しているのですが、皆さん心の中に爆弾のようなものをかかえていたので、それを爆発させてはいけない、と思って、気を使って行動していました。

デイケアに来てから、殆どの人がそんなに体調が悪そうじゃなかったし、私も普通に会話したり意見を言ったり作業療法をしたりしながら、自分の体調を確認していました。ところが、私と同様に社会復帰が目的で来ている人と、実際に障害が重くてレクリエーションのために来ている人がいることに気がつきました。



一日の終わりに反省会みたいなのがあって、1人ずつ今日の感想を言うのですが、昨日、私の感想がある人の心の中の爆弾を踏んでしまいました。自分では正しい意見を言ったつもりだったし、彼を責めているつもりは全くなかったのです。

それで、彼が私に謝りに来たので、こういうときは本当のお互いの気持ちを話し合えば和解するものと思って、なんで私がそんな意見を言ったのかを説明したんです。私もちゃんと相手の言い分を聞くつもりでした。その説明の途中で彼の様子が急変して、あわてて2人のスタッフが話を止めに来ました。

私は看護師さんから、「HIDEさんの言っていることは正しいです。でも、おかしいと思うことがあったら、スタッフに言ってください。ここは精神科のデイケアだから繊細な人がいっぱいいるんです。あと、TPOをわきまえないと、あの意見を言ったとき、みんな心がシャットアウトしていたわよ。」と注意を受けました。

彼の方にフォローに入ったのは、作業療法士さんで、「今日のところは、早く帰って、お風呂に入って、ゆっくり寝るんだよ。」と言って聞かせていました。きっと彼なりにみんなが喜ぶと思って考えた冗談なのに、私が「言っていい冗談と悪い冗談がある」と言っ切ってしまったので、私は彼にストレスを与えてしまったのです。

昨日の晩、私のせいで、彼が体調を崩しちゃったらどうしようとか、自傷行為やODとか、やっちゃったらどうしようとか、心配で眠れませんでした。「他人を傷つけることで、自分も傷ついてしまう」という厄介な爆弾を私も持っているのです。「とりあえず、次の日に、何事もなかったように笑顔で『おはよう』と言うんだ、それが大人としてベストな行動だ」と自分に言い聞かせました。なかなか寝付かず、追加眠剤を飲んで寝たけれど、朝まで眠気が残りました。

今朝、シナリオどおり、笑顔で彼に「おはよう」と言ったけれど、彼はソファに横になっていて「おはよう」と言い返しました。でも、私には、彼は「おはよう」と精一杯無理して、返事をしてくれたのだと感じました。

彼はやっぱり作業療法士に「昨日あんなことがあって眠れなかった。」と相談していたので、彼の相談が終わった頃、私もその作業療法士をみんなの見えないところへ呼んで、やっぱり「自分も気になって眠れなった」と話したら、「彼のことはスタッフの方でフォローいますから、HIDEさんはHIDEさんで自分を守ってください」と言われました。

午後は主治医の方に言って診察を受けましたが、「うん、確かにHIDEさんの言っていることは正しいけれど、ミーティングの場で言ったのが、まずかったね。他の人の前で注意を受けちゃったら、相手も傷つくだろう。」と言っていました。「それもいい経験だと思えばいいんだよ」と医師に言われて救われました。医師ってすごいな。

デイケアは17日まで、20日から出勤です。デイケアはあと3日ですが、誰にもそのことを話していないし、スタッフにも口止めしています。病院から退院するときは、みんなと2度と会うことはないと思って別れを惜しみましたが、ここにいる方は、横浜の人ばかりだから、どこかで会うかもしれないしね。悲しいお別れして、出勤に失敗して、すぐ戻ってきたら、マヌケだし。(笑)

(今日のYouTube) Doctor! Doctor! / Thompson Twins
by hide3190ymo | 2009-04-14 20:08 | 人間科学
<< 他人をほめたら、ほめられちゃった。 ユンケルやめますか それとも ... >>