Don't forget it !
c0012640_2083081.jpg
明日は、開港記念日です。横浜港が開港してから、150周年になるそうです。昼間、馬車道のオフィスの7階の窓から、飛行物体が見えて、「150」という飛行機雲の文字を書こうとしているのですが、空が曇っていて、上手く見えませんでした。(勤務中なので写真は撮ってません) 開港150周年イベントに関しては、こんなことに税金使うなと内心思っていますが。

古くは、江戸時代に、東海道が出来て、神奈川宿・保土ヶ谷宿という宿場町や、鶴見市場という東海道沿いの市場が栄えました。横浜村は、まだ一農村でした。
c0012640_20171584.jpg
今、中村川・大岡川に囲まれている区域は、入り江でした。その入り江の南部、現在の石川小学校の辺り、ここが「横浜村」でした。江戸時代後半、相次ぐ飢饉により、上記のピンク色の部分を、吉田勘兵衛らが埋め立てて新田開発をして、ここを「吉田新田」と名づけられました。幕末期、日米修好通商条約を結び、開港を迫られ、わざと栄えている神奈川宿や保土ヶ谷宿など東海道から少し離れた場所の、横浜村が開港されることになりました。外国人居留地や税関などが上記の青色部分をさらに埋め立てて都市計画され、そこが「関内」と呼ばれるようになりました。その「関内」の開発と港湾整備事業のために、土木・建築の職人さん達が、上のピンクの部分の吉田新田に移り住んで、職人街が出来て、ここが「関外」と呼ばれ、「関内」と区別されました。また、その職人さんが遊ぶ遊郭街が、現在の桜木町~日ノ出町の間にあった野毛村に出来て、繁栄しました。
c0012640_20172527.jpg
横浜の歴史については、また徐々に語りたいと思います。

(今日のYouTube) ツッパリHigh School Rock'n Roll 登校編 / 横浜銀蝿 
 今、改めて聴くと、なかなかセンスの良いギターロック・バンドですね。



ここから先は、私の身の上のお話ですが、ご飯中の方は、読まないで下さい!

==================================

土曜日の結婚式の前に、下痢しちゃったんですよ。それで高崎駅で、トイレで格闘し、マツモトキヨシで、正露丸と、下痢ストッパを飲んで、下痢を止めました。結婚式の間は、一回トイレに行ったくらいで、ビールもつがれるのを断らず、料理もじゃんじゃん食べました。しかし、式が終わったとたん、体調が悪くなり、宿をキャンセルして更衣室で横たわっていました。常磐線沿線の友人が、上野で降りずに、東京まで送ってくれました。

日曜日も午前中は下痢、午後から腹痛はするのに便秘、ということで、今日も朝から腹痛なのに便が出なくて、2月から悩んでいる咳も相変わらず止まらなくて、かかりつけの内科医に電話したら、身の回りに海内渡航者はいるかと聞かれたので、同じ係に新婚旅行でエジプトに行った人がいると話したら、まず横浜市の発熱相談センターと、市民病院の許可を得てから来てくれと言われました。発熱相談センターに電話して、いくつかの質問に答えたら、まず、新型インフルエンザではないだろう、とのことでした。市民病院に電話して、かかりつけ医に行くべきか市民病院に行くべきか相談したら、その判断は、うちとしては出来ないので、かかりつけ医の検査で市民病院に行く必要があれば相談してくれとのことでした。
(私は、この「うちとしては~」という言葉が大嫌いなんですが・・・。)

かかりつけ医で、レントゲン・血液検査・尿検査をしたのですが、検便だけは、その場で出せず、明日の午前中に持ってきてくれとのことでした。でも、夜中とか明朝ボケている時間帯の大便だと、忘れてしまいそうなので、絶対に忘れないように、トイレの扉に張り紙をしました。
c0012640_21345.jpg
一見、ギャグのようですが、本人にとっては、至ってマジであります。

ちなみに、下痢になったときは、無理矢理、市販薬で止めると、腸の中で細菌が増幅し、かえって逆効果なので、どうしても止めないといけない場合以外は、出すだけ出しちゃったほうが、悪い細菌が除けるので、良いそうです。

あ、誤字だなぁ。この場合「取る」ではなく、「採る」だよね。
by hide3190ymo | 2009-06-01 20:17 | 人間科学
<< 開港記念日(横浜) 祝・開港1... 最近聴いている洋楽 【2009... >>