布袋寅泰 GUITARHYTHEM V @ 神奈川県民ホール
c0012640_10481433.jpg
昨日は、16時45分開場、17:30開演だけれど、終了20:30という、3時間の長いコンサートでした。観客層は、ちょい悪オヤジ風の不良中年という感じの人が多くて、女性は彼氏連れとかファミリーとかくらいで、女性同志とか女性1人で来た感じの人は殆どいませんでした。BOØWY時代は、男女比1:1のような気がしましたが、女性陣は氷室京介の方に行ったのかしら。布袋のギターをデザインしたカバンを持っている人が多かったです。それがほしかったのですが、ファン層の購買力が高いんだろうか、グッズの列が長くて、ギブアップしました。

2階席でしたが、布袋兄さんの手足が長いため、くねくねしたダンスをしながらギターを弾く、布袋兄さんの動きは、良く見えました。会場に入るや否や、もう出演時間数分前くらいから、「ほてい~っ」「ほてい~っ」と熱くコールするいう低い男どもも声が聞こえます。客層が昔、総合格闘技で「リングス」の横浜アリーナ大会で、「前田日明VSヴォルク・ハン」の戦いの前のようなのような雰囲気です。案の定、私の席は、両隣、汗まみれのおっさんに挟まれております。ときどき子供の声で「ほてい~っ」いう声が聞こえます。

始めは、「GUITERHYTHEM RETURNS」、会場の客だけで大合唱。邦楽アーチストの英語だけの歌詞を、この客層の人たちは、なんで歌えるねん?と思いました。それから「WELCOME TO GUITERHYTHEM V」の映像が流れています。「DECALOGUE」で、やっと布袋兄さんが登場。やっぱりデカイ!歌っているときより間奏の部分の方が盛り上がる、さすがギタリストです。それから、「SCIENCE KILL THE FUTURE」「SUNSHINE OF YOUR LOVE」と連発。サイバーワールドを表現する映像と照明が、色鮮やかでした。



布袋兄さんのMC 「WELCOME YOKOHAMA!どうもHOTEIです。今日は朝の天候が悪かったけれど、夕方になって、すがすがしくなって、今のオレ達の気持ちみたいです。今日はお互いの気持ちをぶつけて、大いに楽しみましょう。」という紳士的な挨拶でした。

それから、「風の銀河」「Tik-Tac」「VICOUS BEAT CRUSHERS」「OPUS」「アストロノーツ」と、コンサートの前半は、全て「GUITARHYTHEM V」からの選曲でした。今回のアルバムはテクノ系の要素が強くて、即興性は少なく、全て計算されたドラムマシーンと映像のセットに、ぴったり合うように、ギターを弾き、歌っていました。どちらかというと、コーネリアスのSYNCRONIZED SHOWみたいな感じです。

少し映像のショーがあって、さらに布袋兄さんが、自分の身長と同じくらいの大きな旗を持って、その旗を系術的に振り回すパフォーマンスがありました。たぶんBGMは、「新・任義なき戦い」のサントラ盤「エレクトリック・サムライ」の収録曲ではないかと思われます。完全なるエンタテイメント・ショーでした。

その先は、今までと雰囲気を変えて、ギター中心に、バンドが合わせる感じの構成で、布袋寅泰の初期のGUITARHYTHEMの頃の歌を中心に演奏してくれました。「SERIOUS」では、会場が「Are you serious serious serious?」と輪唱。それから「SURRENDER」の♪ラララ・ラララ・ララララララの部分を輪唱。さらに、布袋兄さんの「ComeOn!」という掛け声で、「SURRENDER」と歌いました。「UPSIDE DOWN」では、1階席の観客が垂直飛びでした。極めつけに、「さよならアンディ・ウォーホール」。この曲では、英語のパートがお客さん、日本語のパートを布袋兄さんが歌う、という不思議な状況でした。「DIVING WITH MY CAR」では、「♪愛してるから オレは狂った 邪魔が入れば 行かせてもらう~」と、ほぼワンパート歌わされました。まるで浜崎あゆみのコンサートみたいです。(行ったことはないけれど、そうらしいです。)

それからMCで、「踊ろうぜ、カモン!」と入り、「BEAT EMOTION」とか「COME ON EVERYBODY」とか初期の曲のオンパレード、1階席の垂直飛びの高さも一層、高くなってきました。大学のとき、運転免許を取って、この辺りの曲をBGMで流して運転していたなぁ、と思い出しました。布袋寅泰は、初期の頃と最新のしか聴いていなかったので、何曲か知らない曲もありましたが、楽しめました。それから「Thank You!」と言って、笑顔でバイバイ、投げキッスで退場しました。

照明がまだついているので、HOTEI! HOTEI!と叫ぶ観客。アンコールがあって、布袋兄さん1人でフォークギターを持って登場して、MCがありました。「Thank You、楽しんでいるかい? 横浜でも、他のツアーでも、そうだけれど、みんなが暖かく迎え入れてくれて嬉しいです。開演前から、HOTEI! HOTEI!のコールを聴いていると、胸がいっぱいになります。生きててよかった、心から皆さんに感謝します。」と、また紳士的な挨拶でした。

「若い頃は、振り返えっても、過去があまりに近すぎて、直視できませんでした。今のオレ達は、あの頃のように輝いているかな?」というと、観客が「オーッ」と反応。「今日は相変わらず、みんなの素敵な笑顔が見れて嬉しかったよ」と言って、布袋兄さんのフォークギターに乗せて、会場全体で「さらば青春の光」のコーラスをやりました。歌詞の最後の「全ては明日のために導かれた物語」と繰り返すところで、涙がいっぱいになりました。隣の席の兄ちゃんも泣いていました。

布袋さんのファン層は、30代・40代中心で、みんなつらいことと戦って生きているんだんぁと実感しました。布袋寅泰も、離婚騒動、保坂尚輝との口論、町田康への暴行事件などで、その過激な性格ゆえに、スキャンダルが絶えず、苦労してきた人だと思います。暴行事件以降、「音楽活動に専念する」と言って、完全復活を見せたのが、SFチックなこのアルバム「GUITARHYTHEM V」のツアーでした。

「じゃあ、もういっちょ、騒ごうか!」と言って、バンドメンバーも出てきて、布袋兄さんも、フォークギターをエレキギターに変えて、「Merry GO-Round」を歌いました。「How are you!」のところで、輪唱、そして「Go~」の部分を、いろんなメロディにして、観客に歌わせる(元・QUEENのフェレディーマーキュリーがやった、アレです)パフォーマンスもありました。そして曲名がMerry GO-Roundだけにクルクル回っていました。それから「DANCING WITH THE MOON LIGHT」で盛り上がりました。

そして1回退場して、HOTEIアンコールその2が起きて、今度は最初から布袋兄さんが、バンドメンバーと一緒に出てきました。「THANK YOU、皆さん、BOØWY を解散してから、20年が経ちました。自分が独りでやっていくと決意したコンセプト、ドラムマシーンと同じようにで、自分もこの右手と左手で6弦のギターで生きるビートを載せて弾く『GUITARHYTHEM』という前衛的でアバンギャルドなコンセプトを演奏するために、今まで歩いてきました。今回も、こうして、『GUITARHYTHEM』のコンセプトに戻ってスタジオで曲を作ってきました。スタジオで作ったものが、こうして、みんなに笑顔で迎えられ、共にこうやって一緒に音楽を楽しめる、それが何より嬉しいです。」と言って、バンドのメンバー紹介。

メンバーは外国人が2人いましが、ベース・シンセイザー・ドラム・パーカッションの5人編成だったかな、私は知っている人がいなかったので名前を覚えていないけれど、布袋兄さんと知り合ってから、一緒に活動するようになったきっかけ等について、1人1人のメンバーを丁寧に説明してくれました。中には、「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」をクエンティン・タランティーノに紹介し、映画「キル・ビル」の挿入曲にしてもらったメンバーもいました。最初は、あの音楽はメタリカの曲になる予定だったのですが、タランティーノ監督が、「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」を聴いて1回で、よし、これだ!と挿入歌の変更を決意したそうです。布袋兄さんはその成果で全英デビューも果たし、ドイツでも8位獲得と、ヨーロッパで評価されるようになりました。パーカッションは、BOØWYのライバル・バンドだった元・「PINK」のメンバーでした。「今日は、小さいお子さんも多いけれど、彼のパーカションを聴いて、ボクも、パーカションやりたい、って子供は、いませんか?」とジョークが入りました。

「ギターは誰が弾いても同じ音は絶対出せない、ということで、誰でも手軽でキッチンに置いて練習できるミニギターを開発しました」、と言って、超小さいギターを持ってきました。「なんか、リクエストある?」と布袋兄さんが聞いたら、小さい子供の声で「マテリアル!マテリアル!」とリクエストがありました。私は「マテリアルの時代は、君、まだ、生まれてないでしょ。親が言わせているんだな。」と思いました。(笑) それで2曲イントロの部分だけ、「SUPER SONIC GENERATION」と「マリオネット(BOφWYのヒット曲)」をミニギターで弾いてみました。結構、いい音が出ていました。

そして、布袋兄さんが、「自分自身のテーマ曲です。」と言って、「LONLY ☆ WILD」を歌いました。あの曲は、てっきり、好きな女性に送った歌なのかな、と思っていたのですが、自分へのテーマソングだったなんて、知らなかったです。

最後は、バンドのメンバーが、互いに、握手し合い、「生きているってことを実感するよ。みんなに感謝しています。今日は本当に気持ちのいいライブでした。ありがとう。」と言って、手をつないで一堂礼で深いお辞儀をしました。会場は、拍手喝采です。

「何年後になるか分からないけれど、また、会いましょう。」と、布袋兄さんが言って、退場しました。

実に楽しいライブでした。不良中年の同窓会みたいな感じでした。
確かに「POISON」とか「スリル」とか歌謡曲として売れた曲は、やらなかったです。
そういう点では、「GUITERHYTHEM」へのこだわりの強さを感じました。

3時間のライブで、私も、お腹ペコペコで、海岸通りのジョナサンに入って、ミックスグリルランチを注文して食べました、ドリンクバーで3杯くらい、水分補給で飲みました。
c0012640_1045168.jpg

(今日のYouTube) UPSIDE DOWN / 布袋寅泰 
by hide3190ymo | 2009-06-07 10:28 | 音楽&映像
<< 【 フジロック準備 その1 】... ショック! IBS 石井スポー... >>