フジロック2009 (その1)
c0012640_10254062.jpg
今年は、テーマ別に、フジロックのことを書こうと思いましたが、やっぱり、時系列的に感想文を書いた方が、思い出として、残るなぁ、と思って、自分自身のために書きます。いっぺんに書くと、疲れちゃうし、自分のパソコンに座れる時間が限られているので、何分割になるか分かりませんが、細切れに書いていきます。

7月25日(金)の朝は、5時に起きて、6時の京浜急行黄金町駅から東海道線に乗り換えて、東京についたら、6時30分に到着。荷物が多い(デブは着替えの体積が大きいのです)ので、乗り換え時間を多めに見たのですが、東海道線のホームと新幹線のホームが近いので、1本早い電車に新幹線に乗れたのに、と後悔しました。7時東京発、8時30分越後湯沢到着。バードウォチング長靴、入っている人、多かったです。

新幹線は、成田エクスプレスのように、スーツケースを置く場所がないので、座席に持っていくしかないのですが、2階建て新幹線の1階の窓側って、新幹線の型が流線型を取っているので、座席部分まで、外壁と床の間が丸くなっているので、荷物が置きづらかったです。2階建て新幹線は、まず2階の窓側から埋まるので、1階席しか空いていなかったら、通路側がいいな、と思いました。



c0012640_10495775.jpg
ホテルN・Oまで、タクシーで行きました。越後湯沢は雨が降っていませんでしたが、タクシーの運転手が「苗場は大雨だよ~。」と言われました。ワンメーター680円で着きました。宿に到着。ロビーでのんびり話をしている人達がいたので、なんでそんなにのんびりしているんだろう?トリのOASISだけ目当てなのかなぁ、と思いました。ちょっと収容人数が多くて、チェックインに時間がかかりましたが、大きい荷物と、初日に背負うリュックをすでに分けて持ってきたので、2年前ほど時間のロスはありませんでした。
c0012640_1142518.jpg
c0012640_1144686.jpg
ホテルから歩いて越後湯沢の駅について、並んだのが、9時15分です。
チェックインを済まして、シャトルバス乗り場へ。テントのポールを持っている人がたくさんいて、キャンプ場の人は、場所の確保のために、朝早くきたんだなぁ。駅の構内から、ずらっと並んでいました。10時30分頃から、雨がぽつりぽつりと降ってきて、「ここで降るのは、やめてくれ~」と願ったら、すぐ止みました。10時45分にバスに乗れました。バスが苗場に近づくと、雨が降っていて、みんな、バスの中で、合羽の装着をし始めました。11時40分にバスが到着。ダフ屋がたくさん出ていて、雨具を着ながら、寒そうに「チケット余りない?ない人あるよ」と仕事をしてました。違法行為だけれど、大変な商売だなぁ、と思いました。

11時スタートのポスト・ロック・バンド、LONGWAVEは、見れませんでした。2年前は、会場の外から、これもポスト・ロック・バンド、Blonde Redheadの音が聞こえて、猛烈ダッシュで、RED MARQUEEまで、駆けつけて後半見れました。でも、今回は、雨で、合羽を着て走ると体力を消耗するので、やめておきました。お願いだから、単独で来日公演してねー。
c0012640_11302324.jpg
c0012640_11303582.jpg
朝、早かったので、お腹がペコペコで、塩牛丼を、お昼ご飯として食べました。

続きは、フジロック2009(その2)になります。Let's GO!

(今日のYouTube) NO DIRECTION / LONGWAVE
by hide3190ymo | 2009-08-01 11:33 | 夏フェス・イベント等
<< フジロック2009 (その2) あと1日 & 今月のアクセス解析 >>