【初映画】 カールじいさんの空飛ぶ家
c0012640_1863120.jpg
もしかして、人生で初めて、ディスニー映画を見たかもです。精神科の医師に聞いたのですが、人生で一番のストレスは、「配偶者の死」なんだそうです。(統計学的な意味だとは思いますが)

最初、お正月映画でいい作品はないかなーと思って、109シネマズのホームページを開くと、「カールじいさんの空飛ぶ家」というタイトルの映画を見つけて、カールって、あのチーズ味とか、カレー味とかの、カールのおじさんかな、と思って、映画紹介のリンクに飛んだら、ディズニー映画でして、「あ、チーズ味のカールは『おらがオジサン』だよ」と思い出しました。



妻の死後、愛する妻との約束を果たすために冒険に出るというストーリーでして、最近、私の父と母がすれ違いが多いので、この映画を見せて、お互いの有難みを考え直してもらおう、と数週間前から思っていました。

そして、私がこの2日間、引きこもりっぱなしで、自分の担当している仕事の直面している課題の大きさに、年末休みに入ってから気がついて、日に日に頭の中で最悪のパターンにはまる妄想だけが肥大化して、取り付いて、このまま引きこもっていたら、明日から出勤できなくなっちゃう!と思って、出かけることにしました。

本当は、今日は、川崎市民ミュージアムで、「メディアとアート(未来派・構成主義)」展へ行きたかったのですが、武蔵小杉まで行く元気がないのと、1人で出かけるのが不安な精神状態だったので、両親を誘って、「カールじいさんの空飛ぶ家」を見に行きました。

第一印象は、宮崎アニメの影響をかなり受けているなーという感じです。登場する「住宅」や「飛行船」が、精密に設計されていたり、風景が細かいタッチで描かれていたり、登場人物の動きに躍動感があったり、いい意味で影響を受けていると思います。

子供達が笑ってウケているところと、大人達が感動している部分と、違うんだなぁ、と思いつつも、なかなかいい映画でした。大人でも、子供でも、楽しめるのが、児童文学(?)なんだろうなぁ、と思いました。
c0012640_18522861.jpg
今日も、GENTOでした。
c0012640_1854737.jpg
GENTOの3階の窓からマリノスタウンが見えます。
c0012640_18565276.jpg
ジャックモールを経て、桜木町駅まで歩きました。
c0012640_1902526.jpg
c0012640_1903331.jpg

by hide3190ymo | 2010-01-03 18:38 | 音楽&映像
<< 極度な心配性 Us3 COUNTDOWN &... >>