象の花粉症 ~横浜トワイライト~
c0012640_9131796.jpg
今週は、昨日夕方に通院した以外は、皆勤賞でした。エラいぞ、オレ!

しかし、花の金曜日に通院のハシゴ、海岸通りの桜木町の近くにある耳鼻咽喉科と、石川町北口にある精神科と、両方行きました。

耳鼻咽喉科の近くには、象の鼻パークがあります。
象の鼻みたいな防波堤があって、昔から船着場で「象の鼻地区」と呼ばれていました。
c0012640_10105229.jpg
航空写真で見ると、もっと分かりやすいかも。波止場の防波堤が象の鼻に似ているところから、「象の鼻地区」という愛称で親しまれてきました。この航空写真では、工事中になっていますが、そこが公園として整備された「象の鼻パーク」です。



c0012640_921383.jpg
象の鼻テラスと言って、ときどき美術展などのイベントをやっているみたいです。2階が芝生のベランダになっていて、赤レンガ倉庫と山下公園をつなげる遊歩道とつながっています。
c0012640_925367.jpg
これがその遊歩道ですが、昔、貨物列車が横浜港に到着した線路を、廃線になって遊歩道に改修されました。ここを通って、精神科に向かいました。
c0012640_928234.jpg
大桟橋側から、象の鼻地区を見た光景です。
c0012640_9324643.jpg
山下公園到着、結構近いです。
c0012640_931265.jpg
山下公園の象徴である氷川丸です。
c0012640_9333868.jpg
山下公園から見たMM21です。
c0012640_10243842.jpg
山下公園の中央側の公衆トイレ。実は、設計監理の担当者は、私です。(笑) 直営で工事監理したんですよ。女子トイレの面積が、男子トイレ面積の2倍以上あります。いつも女子トイレが混んでいるので、今までの建築計画の常識であった「男女トイレと女子トイレの面積は同じ」を打ち破りました。防犯上の観点から、女子トイレは2方向避難が取れるようにしました。
c0012640_9393922.jpg
マリンタワーと噴水のライトアップ。
c0012640_940058.jpg
中華街を越えると、次の目的地に行けます。
c0012640_9405996.jpg
中華街は、金曜日の夜だけに人が多かったです。
c0012640_942969.jpg
中華街でも、イルミネーション。

ま、こうやって改めて、トワイライトの時間帯に歩きますと、横浜港って観光地なんだなぁと実感します。

それで、エントリーのタイトル「象の花粉症」ですが、みんなの気を惹きたくて、そんなタイトルにしてしまいました。すみません。すみません。

ところで「象の花粉症」と言えば、思い出すのは、「♪腕立て~ 腕立て~ 無理だ ワニの腕立て~」の頃の爆風スランプです。

(今日のYouTube) 無理だ! / 爆風スランプ
 この頃の爆風スランプは「世田谷耕せ せたがや・たがやせ」とかコミックバンドのロックンロールという感じが面白かったけれど、「RUNNER」とか「大きな玉ねぎの下で」のような売れ線に走ったら、つまんなくなっちゃたバンドの典型的なパターンになってしまいました。
by hide3190ymo | 2010-02-06 09:51 | 都市デザイン
<< 第20回 下北沢演劇祭 「アン... 横浜事件、刑事補償を認める。 >>