BRITISH ANTHEMS LIVE SHOW 2010
c0012640_11293185.jpg
BRITISH ANTHEMS LIVE SHOW 2010、行って来ました。超よかったです。楽しかったです。私の好きな音楽が凝縮されています。

サマソニのソニックステージも自分の好きな音楽が凝縮されていますが、音響も、見やすさも、全然、幕張メッセより、新木場STUDIO COASTの方がいいです。

そして、観客のマナーの良さ、モッシュ・ダイブはないし、お互いに譲り合う気持ちを持っているし、押し合うこともないし、少なくとも、千葉のサマソニよりは、全然いいです。

今回、THE SUNSHINE UNDERGROUNDが、アイスランドの噴火で、フライトとスケジュールが合わず、キャンセル。また単独で来てくれ~!オレが待っているぞ!

SUNSHINE UNDERGROUNDの代わりに、元The Stone RosesPrimal ScreamのMANIが来日して、別のコーナーで、DJをやっていましたが、超混雑で、確実にステレオフォニックスを見るために、入りませんでした。

良かったのは、SWANTON BOMBSです。1曲の中で、ブルースになったり、パンクになったり、シューゲイザーになったり、変調がすごいです。

THE CHAPMAN FAMILYは、音がでかすぎて、耳栓して聴きました。曲調は、WE ARE SCIENSTっぽくて、歌い方がロキシーミュージックなのに、ときどき絶叫します。(笑)





ファンの方には申し訳ないけれど、QUATTROはオークランドでデビューした日本人の逆輸入バンド、TRICERATOPSは、リバプールでデビューした日本人の逆輸入バンドだそうですが、どちらも、「踊れるロック」系でしたが、私個人としては、イマイチでした。

QUATTROは、歌詞が英語で、いかにもUKで受けそうな曲を作ろうと見え見えだし、TRICERATOPSは、歌詞が日本語だけれど、ナンパかつ軟弱で、いかにも和製フランツ・フェルディナンドという感じがしました。

やっぱり、邦楽でロックをやるなら、日本語で、ロックに合う歌詞を作詞してほしいです。それが出来ているのは、くるり東京事変The Pillowsと言ったところでしょうか。

日本で海外に通用するのは、やっぱり、エレクトロニカ系だと思います。電気グルーヴ布袋寅泰は、ドイツでもヒットしているし、逆輸入でも、DE DE MOUSEのようなオリジナリティのあるユニットなら、好きです。



そして、やっぱりトリのステレオフォニックスが最高!

歌って良し、弾いて良し、叩いて良し、メロディ良し、リズム良し、完璧じゃないですか!そして、何より彼らの良い点は、自分達の好きな音楽を、やりたいように貫いているところです。時代を先取りしようとか、今まで聴いたことない音楽をやろうとか、そういうつまらないことを考えずに、ノエル・ギャラガーみたいに大口も叩かず、謙虚に音楽を愛しているところが、また好きです。

今回は、「KEEP CALM AND CARRY ON」のワールドツアーの一環として、上手くCREATIVE MANが、ブッキングしたようです。

アルバム「KEEP CALM AND CARRY ON」からの選曲は、「INNOCENT」、「TROUBLE」、「COULD YOU BE THE ONE」、「I GOT YOUR NUMBER」、「UPPERCUT」をやりました。「INNOCENT」は、「DAKOTA」に次ぐ名作かも、すごく盛り上がりました。

それ以前の曲では、「JUST LOOKING」、「LOCAL BOY IN THE PHOTOGRAPH」、「MAYBE TOMORROW」、「Mr.WRITER」、「A THOUSAND TREES」、「TRAFFIC」等を演奏しました。

アンコールは、「THE BARTENDER AND THE THIEF」と、「DAKOTA」でした。ケリー・ジョーンズの英語の発音は聞き取りやすいので、なんか「DAKOTA」を聴いていたら、音楽にも歌詞にも共感して、感動の涙が出てきました。

ケリーは、「I LOVE TOKYO!」 と何度もMCで言っていて、本当に日本が好きな人みたいです。私も過去3回、ステレオフォニックスを見ましたが、今日が一番ご機嫌だったみたいで、アンコールで退場するときも、何回も、クルッと振り向いて、手を振るケリーがおちゃめで、私が女性だったら、惚れちゃいますよ!男らしいし、愛嬌があるし。

ああ、なんか、すごく楽しかったです。行ってよかった!
来年も、来るぞ!

【自己満足的写真集】
 12枚、解説は、つけませんので、イベントの雰囲気だけ伝われば、と思います。
c0012640_11301358.jpg
c0012640_11302016.jpg
c0012640_11302692.jpg
c0012640_11303382.jpg
c0012640_11303932.jpg
c0012640_11304697.jpg
c0012640_11305279.jpg
c0012640_11305956.jpg
c0012640_1131544.jpg
c0012640_1131138.jpg
c0012640_1131199.jpg

(今日のYouTube) Could You Be The One / Stereophonics
 「KEEP CALM AND CARRY ON」に収録されている曲です。
by hide3190ymo | 2010-04-26 12:30 | 夏フェス・イベント等
<< 今じゃなきゃ伝えられない風景 歓送迎会 ~送迎編~ >>