今から、お見合いなの ♪
c0012640_1113465.jpg
私は、33歳のときから、婚活し、今年で7年目になります。25人くらいの女性にお会いしているでしょうか。

きっかけは、自分の所属する山岳会の好きな女性が、失恋退会してしまったためです。ちなみに、その女性は、今は1児の母親として、暮らしています。

年間更新料は、8万円、だいたいフジロックにかかるコスト(チケット代・宿代・往復交通費・グッズ代・予習代)と同じくらいです。お見合い成立費は取られなくて、大手の結婚相談センターより安価だと思います。

登録すると、A4の紙1枚に、顔写真・現住所・出身地・学歴・職業・年収(男子のみ)・身長・体重・飲酒・喫煙・宗教・趣味・資格・家族構成・自己紹介・お相手に対するメッセージ等のプロフィールが載せられます。

そのプロフィールを見ながら、お見合いしたい人を探します。月に6人まで申込が出来ます。申し込んだ人のプロフィールが名前抜きで郵送され、申し込まれた人が「会ってみたい」と思えば、結婚情報センターに連絡し、そこで初めて、お見合いが成立します。



この時点では、相手も、私の顔写真と、年収650万円(税込み)と、「筑波大学卒・一級建築士・地方K務員・次男」というプラス面と、「低身長・高体重」というマイナス面を、データとして、知っています。でも、どんな話し方をするのか、どんな病気を持っているのか、どんな人格なのかを知りません。

最初は、結婚情報センターの中の部屋で、顔合わせをし、お互いのことを話し、気があったら、外でお茶をして、話の続きをします。相手にも、いろいろな人と会って決める権利があるので、お茶をするのは、1~2時間程度に押さえるのが、ここのコミュニティでの常識とされています。

というのも、恋愛と違って、お見合いは、相手も、高いお金を払って登録しているわけですから、いろいろな会員に会って、より良い男性を探して選ぶ権利があるからです。

ただ、狭い世界での常識を、世間一般の常識だと思うと、大きな間違えをしますので、それは注意したいと思います。あと、初対面では、連絡先を交換してはいけないルールになっています。

この後、1週間程度以内に、お付き合いをするかどうか、結婚情報センターに連絡し、双方からOKが来れば、連絡先を交換することになります。

それからの最初の2~3回目のデートは、とても楽しいです。でも、そこでお互い好きになれそうになければ、また結婚情報センターを通して、断ることが出来ます。

ちなみに私が過去断られた例は、こんな感じです。

① 精神科に通っているのが、分かってしまった。
② 兄貴の嫁さんが創価学会員だった。
③ 私が日本共産党の支持者だった。
④ フィーリングが合わなかった。
⑤ 借金の返済の相談をしたら、嫌な顔をされてしまった。

今日は、うまく行きますように。

(今日のYouTube) SAY YOU LOVE ME / 原田知世
by hide3190ymo | 2010-05-29 11:34 | 人間科学
<< ローズガーデン in 港の見え... 情熱の赤い薔薇 >>