天神島臨界自然教育園と佐島漁港 @ 三浦半島西岸
c0012640_20395949.jpg
c0012640_2040914.jpg

今日は、いい陽気なので、家に居るのは、もったいないと思い、猿島と江ノ島と城ケ島は何度もあるので、天神島へ行こう!という気になり、京浜急行に乗って、南下しました。

天神島は、京浜急行・新逗子駅から、バスで30分くらいの場所で、逗子市、葉山町を過ぎて、横須賀市が三浦半島の東西に市域を持っている部分の西海岸にあります。京急バスの「逗7系統」か「逗71系統」に乗り、佐島マリーナ入口に下車して、徒歩10分のところに、天神島臨界自然教育園があります。

この「天神島臨界自然教育園」は、秋や冬の空気の澄んでいるときには、相模湾の向こうに、富士山・箱根や伊豆半島の山並み、伊豆大島まで一望できる景勝地で、天神島に生息する「ハマユウ」は、自然分布の北限地として、神奈川県の天然記念物に指定されています。多種多様な海洋性の動植物が生息しており、自然環境保全と、自然観察・環境学習の場となっています。

今日は天気がいいのに、私と老夫婦1組の3人しかいません。子供たちは、どこに行ったのでしょうか? ねえ、ねえ、お父さん、お母さん。ちなみに、津波の影響なのか、遊歩道の一部のフェンスが壊れていて、通行止めになっていました。

佐島漁港は、対岸から見ただけですが、上から2枚目の写真のような風景です。佐島の卸売市場で仕入れた天然の魚介類だけで、養殖物は使わない、新鮮な地魚料理店「はまゆう」に行って、美味しいものを沢山、食べました。

三浦半島には、まだまだ自然の山と海岸が残っています。この貴重な水と緑を守り、池子米軍住宅の乱開発による森林環境破壊や、横須賀軍港の原子力空母ジョージ・ワシントン(福島原発1号機の約2分の1の放射性物質を保有)による海洋汚染を導く米軍基地をなくし、平和で子供たちが安心して住める「宇宙船地球号」に致しましょう。



c0012640_2118549.jpg
「天神島臨界自然教育園」のエントランスです。
c0012640_21284829.jpg
紫色の菜ノ花のようなものが咲いていました。
c0012640_21295555.jpg
奥にある島が「笠島」という島で、ここにも貴重な動植物が生息しているそうです。
c0012640_21312377.jpg
海辺は、このような岩礁地帯です。
c0012640_21321982.jpg
岩礁地帯も遊歩道があります。
c0012640_21325330.jpg
相模湾を太平洋側の方向に見た状態です。
久しぶりに、水平線を見ました。地球が丸いのを感じます。
c0012640_21345143.jpg
植生帯にも遊歩道があります。
c0012640_21355658.jpg
この花がたくさん咲いているのですが、何という名前の花でしょうか。
c0012640_21371235.jpg
ハマユウの花は、7月に咲くそうです。
7月に、葉山海岸に遊びに来た方は、是非お立ち寄りくださいませ。
c0012640_21385427.jpg
天神島ビジターセンターです。
天然島の自然や、佐島漁港の民俗について、展示されています。
c0012640_2141118.jpg
たまたま、見かけた猫。
c0012640_21422749.jpg
地魚料理「はまゆう」に入りました。
c0012640_21432291.jpg
海が見える定食屋さんです。
c0012640_21434756.jpg
テラスガーデンで、食事をすることが出来ます。
c0012640_2145281.jpg
刺身定食、まいう~です。さすが地魚。
放射能で、魚が食べられなくなったら、嫌です。
c0012640_214672.jpg
帰りも「赤い電車」です。

(今日のYouTube) Love Scene / UA
 PVのロケ地は、三浦半島西岸の三戸海岸@三浦市だったと記憶しています。。
by hide3190ymo | 2011-04-16 23:46 | 京急イメージアップ
<< 雑談日記 【H230418~H... My Daily Landsc... >>