Kylie Minogue 来日公演 成功! @ 幕張メッセ
c0012640_9383428.jpg
c0012640_9384763.jpg
c0012640_9385673.jpg
東日本大震災の日以降、来日アーチストの公演が次々とキャンセルされ、OCEAN COLOUR SCENEや、KT TUNSTALL等、親日家のアーチストも含め、3月後半~4月前半のアーチストは皆、来日が出来ませんでした。

カイリー・ミノーグは、90年代を中心にユーロビートからジュリアナ東京時代にかけてヒットしたアーチストでしたが、その頃の私は、テクノ系に飽きてしまって、THE BOOMや、PETER GABRIEL、ユッスー・ンドゥール等、民族音楽をポップにしたワールドミュージックにハマり、あまり聴いていませんでした。

でも、わりと最近になって、TEI TOWAのアルバムに参加して、カイリー・ミノーグの歌声っていいなぁ、と思いました。

今日のOPENING ACTは、予定していたANORAAKはアーティスト側の都合によりドタキャンしました。彼らがお目当てで来ているファンは怒っているかもです。しかし、出演者に困ったときは、m-floかFantastic Plastic Machineに声がかかるのは、常套手段のようで、VERBAL(m-flo)&MADEMOISELLE YULIAがピンチヒッターで出演。カイリーミノーグの曲を原曲よりかっこよくリミックスしていました。

カイリーミノーグの本公演の前には、「震度5以上の地震が来た場合、アーチスト側とスタッフで協議し、公演中止にするかを決めさせていただきますので、ご了承ください。また地震があっても、会場内の方が安全ですので、慌てて会場外に出ないで、係員に従って避難してください。」というアナウンスが入りました。

地盤の液状化で大きな被害の受けた浦安市から近いので、室内の方が安全とスタッフも判断しているようでした。

ギター、ベース、ドラムス、シンセサイザーのバンド編成で演奏が行われ、カイリーミノーグもバックダンサーと一緒に踊っていました。

これだけのパフォーマンスを行うには、事前に相当のレッスンしないと、出来ないだろうし、直前まで、予定どおりに公演できる分からなかった状況でも、最後まであきらめずに、来日公演の準備をしてきたカイリーミノーグに、「LOVE」をたくさん、もらいました。

彼女も闘病生活が長く、マドンナに励まされたりして、音楽活動を再開、再生しなければならない気持ちは、良く分かっているのかも知れません。相変わらず、高音にハリがあって、歌がSPEEDのHIROくらい上手で、スタイルがアイドル時代の石川秀美のように美しいです。

今日は、知っている曲が、WOW、IN YOUR EYES、GET OUT MY WAY、2 HEARTS、CAN'T GET YOU OFF MY HEAD、BELIEVE IN YOU、LOVE AT FIRST SIGHTくらいでした。

ユーリズミックスのTHERE MUST BE AN ANGELのカバーもありましたが、この時の彼女の歌唱力には、敬服しました。

「TOKYO IS BEAUTIFUL! I LOVE TOKYO!」って声をかけて、「今日の来日公演は、来週、YOU TUBEに掲載するわよ。」と言っていました。あまり、政治的なことを語る人ではないけれど、彼女なりの日本への応援なんだと思いました。

ラストの曲「I SHOUD BE SO LUCKY」では、いつの間にか、知らない外国人と一緒に踊っている私!

アンコールは、「ON A NIGHT LIKE THIS」と「ALL THE LOVERS」、いや久しぶりに楽しかった、ストレス解消しました。

やっぱり、音楽って、いいですねー。

(今日のYouTube) ALL THE LOVERS / Kylie Minogue
服は脱ぎませんが、この人間ピラミッドの上で、カイリーミノーグが歌うという騎馬戦より組立体操よりすごい、「ALL THE LOVERS」のパフォーマンスをやりました。この余震の可能性の中、彼女にはもう、怖いものなんてないのかも知れません・・・・・。
by hide3190ymo | 2011-04-24 09:28 | 音楽&映像
<< やや重めの雑談日記 【H230... My Daily Landsc... >>