WORLD HAPPINESS 2011 ~NO NUKES MORE TREES~ @ 東京・夢の島陸上競技場
c0012640_12404477.jpg
c0012640_12405623.jpg
c0012640_1241691.jpg
WORLD HAPPINESS 2011に初めて参加しました。湘南新宿ラインを乗り過ごして、恵比寿から大崎へ戻ったり、りんかい線も間違えて後発電車に乗ったりしましたが、無事13:00には会場に到着。皆考えることは一緒で新木場のSUBWAYのサンドウィッチは行列が出来ていました。

会場の夢の島公園多目的広場は、芝生で、13時頃入場出来ましたが、13時~15時って、地熱から温度が上がるので、座っているより立っている方が涼しくて、「GUNGA ZAMBA」と「コトリンゴ」「Fennezs Sakamto」を立って鑑賞していましたが、「Fennezs Sakamto」の時は、立ちくらみがひどく、公園周遊路の木陰で、横になっていました。

宮沢和史「GUNGA ZAMBA」は、トロピカリズムの頃のTHE BOOMみたいな感じで、ワールドミュージックをロックに取り入れていました。高野寛さんもギターで参加、音楽フェスならでは、知らなかったバンドの発見。「DISCOTIQUE」も盛り上がりました。夏フェスらしいアーチストでした。

コトリンゴも可愛かったです。「恋とマシンガン」のカバーをやっていました。高野寛さんも「君に胸キュン」のカバーをしていました。

スチャダラパーは、「ライツ・カメラ・アクション」やっぱり、HIP HOP系は、客を乗せるのが上手いです。「青い海をかえせ」と歌詞の中で行っている環境問題を訴えた曲もありました。

スチャダラパーが終わった後で、素敵なマイミクさんと合流できて嬉しかったです。遠くから来たのに、お土産までいただいて、ありがとうございました。

LITTLE CREATURESは、せっかく音楽がいいのに、歌詞が英語なのが、ちと残念でして、今、日本語でロックを作れるアーチスト、かなり出てきましたので。途中で雷雨となり、演奏を一時中断になりましたが、通り雨だろうということで、再開しました。

いよいよ、お待ちかねのTHE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一)が登場。幸宏さんのソロアルバム「BROADCAST FROM HEAVEN」で鈴木慶一が歌詞を提供した「6,000,000,000の天国」で始まり、意表をつきました。幸宏さんが自称・晴れ男なので、「今日は雨なんか降らせてしまってスミマセン。」と、ナーヴァスな口調で謝罪(?)していました。(笑) ちょうど私が大学生の頃にリリースされたアルバム「EXITENTIALIST A GO GO」の収録から、「大切な言葉は一つ『まだ君が好き』」と、「ちょっとツラインダ」も、歌ってくれました。ここでも高野寛さんがサポートメンバーで入り、彼は今回、最多出演者でした。サポートメンバーは、ほぼpupaです。新しいアルバム10月に出るそうで楽しみ。アルバムツアー、行きたいっす。

神聖かまってちゃん、強烈なオカマと個性の強い役者の集まりのようなバンド。DE DE MOUSEを上回る強烈なキャラクター、ちょうど、クラムボンから、メルヘン性を取り除いて、変態性を入れた感じの音楽でした。

それから、サカナクション、やっぱり全国のフェスというフェスに出ているだけあって、すごく人気があり、「踊れるロック」という感じで、これだけキャッチ―なロックを日本語で歌えるアーチストがいたら、洋楽要らないじゃん、と思えるような音楽でした。「東風」のカバーと、ヒット曲「ルーキー」「アルクアイランド」「アイデンティティ」をやりました。「バッハの旋律を夜に聴いたせいです」では、会場全体で、♪バッハの旋律を夜に聴いたせいです こんな心~と、合唱が起こりました。ワンマンのライブじゃないのに合唱が起きるのは、すごいぞ。9月28日に新アルバム、10月2日に幕張メッセで、念願のワンマンライブです。

Salyu×Salyu(サリューとコーネリアス)は、横浜のイベントで聴いたので、YUKIちゃんの時間と合わせて、休憩タイムに入りました。屋台村に行くと、たまたま秋山羊子さんのファンのN田氏ほか2名を発見。羊子さんのライブハウスでなら、ともかく、これだけの人間がいる中で、ばったり会う確率は相当低いと奇遇に思いました。

屋台村でカレーとダンドリーチキンを食べました。まいう~でした。

TOWA TEIは、相変わらず大地を揺るがすほどの爆音。でも野外なので反響音がなく耳栓不要でした。アルバム「SUNNY」の曲中心で、「THE BURNNIG PRAIN」で、幸宏さんの声を皿回し、坂本龍一&カクトウギセッションの「SUMMER NERVES」で教授の声を皿回し、さすが教授がニューヨークから発掘してきただけのことはあります。今回、DJ系アーチストはTOWA TEIだけですが、同じく一世風靡している石野卓球さんに比べると、TOWA TEIのは、黒人音楽に近いのかな、と思いました。

そして、TOWA TEIの紹介で、「お待ちかね!WORLD HAPPINESS 2011、Yellow Magic Orchestraです!」という紹介があり、3人が出てきました。サポートメンバーは、ほぼコーネリアス・グループとピューパでしたが、細野さんのベースや、高橋幸宏さんのドラムはもちろん、権藤知彦さんのホルンやサックス、小山田圭吾さんのギター、見事にアコースティックな演出に大活躍でした。ファイヤー・クラッカー、BEHIND THE MASK、THE CITY OF LIGHT、京城音楽等を演奏しました。

「体操」では、ケイレンの運動を一緒にやっていた人が少なからずいました。

サポートも含めてメンバーは、皆、「NO NUKES MORE TREES」のTシャツを着ていて、「千のナイフ」で、坂本龍一が、「NO NUKES MORE TREES」と書かれた大きな旗を掲げていました。

これで、やっと分かりました。YMOが、今年海外の夏フェスやフジロックに参歌した意味が。「プロパガンダ」で解散した3人が、自ら宣伝媒体となって、脱・原発を世界に訴えてきたのでしょう。

六ヶ所村再処理工場に反対して社会活動を続けてきた坂本龍一が、ご機嫌で、ニコニコしていて、福島第一原発事故以降、ずっと怒った顔しか見ていなかったので、なんか微笑ましかったです。

「CUE」は、今までいろいろなヴァージョンを聴いてきましたが、人生最高のCUEでした。頂点を極めた人達が、さらにその上の頂点を作っていくという進化し続けるバンド、Yellow Magic Orchestra。

最後は、「NO NUKES MORE TREES」と訴えた旗を、3人で降っていました。

夏フェスでは、普通アンコールはやりませんが、今日はWORLD HAPPINESS、高橋幸宏さんが企画している夏フェスなので、アンコールありで、会場みんなの期待どおり、「東風」でした。

そして、メンバー全体で、一同礼。

とても楽しかったです。

でも、「楽しかったです」で終わらないで、YMOの3人が旗を振った「NO NUKES MORE TREES」のメッセージを受けとめ、それぞれ自分の与条件のもとで、仕事で、地域で、自分に何が出来るか考え、行動につなげていきましょう!

なお、このWORLD HAPPINESSの電力は、バイオ燃料を利用した自家発電のグリーン電力です。



c0012640_12425866.jpg
c0012640_1243795.jpg
c0012640_12431686.jpg
c0012640_12432649.jpg
c0012640_12433611.jpg
c0012640_12434741.jpg
c0012640_12435796.jpg
c0012640_1244726.jpg
c0012640_1244176.jpg
c0012640_12442718.jpg
c0012640_12443743.jpg
c0012640_12444736.jpg

(今日のYouTube) 千のナイフ / Yellow Magic Orchestra
by hide3190ymo | 2011-08-08 12:45 | 音楽&映像
<< 残暑お見舞い申し上げます。 坂本龍一! >>