DIGITALISM + 80KIDZ @ SHIBUYA-AX
c0012640_15425238.jpg
c0012640_1543163.jpg
c0012640_15431220.jpg

昨夜は、デジタリズムの公演を見に、JR原宿駅からSHIBUYA-AXに行きました。

金曜の夜、本当は、気持ちが盛り上がるところですが、ちょうど抗鬱剤を減らしてから1週間働いたので、疲労感が強かったけれど、先週、THE BLUETONESの解散ツアーを途中で抜け出してスタッフに介抱された失敗もあって、このままライブにも行けない仕事だけの人生にしたくなかったので、自信をつけるまで、最後まで行くことにしました。

渋谷CCレモンホールの前のスタバで、ホットコーヒーとドーナツを食べて一息ついて、冬場は、ここは、すごく混んでいるのですが、昨日はそうでもなく、着席して、2ndアルバム「I LOVE YOU, DUDE」と1st「デジタル主義」を予習していました。

2階席は、円形劇場のように丸くなっていて、かなり空席がありました。フランツフェディナンドもそうですが、同じ値段なのに、2階指定席より1階スタンドの方が、先に売れるんですよね。ジンジャエールとビールをミックスしたアルコールを、ワンコインで買いましたが、はちみちレモンの味がしました。

前の席に座った人が座高が高く、私との座高の高さの差が、座席の段差より高く、スタンディングと違って、位置の調整が出来ないのが困り、他の空いている席で見ました。照明がダイレクトに観客席にあたるので、サングラスを持ってきてよかったです。2階席は、耳栓を使うほどの爆音ではなかったです。

Opening Act は、日本の2人組エレクトロユニット80KIDZで、インストゥルメンタルですが、電子音の洪水の中に、ギターの音がビュンビュンなっていて、ギターやドラムをバックにシンセサイザーが歌っているような感じでした。布袋寅泰さんの「ELECTRIC SAMURAI」と同じくらいかっこいい、日本のテクノ音楽のレベルの高さを感じました。観客席から拍手と大歓声が湧きました。すごくかっこいいバンドで、音楽フェスには、要チェックですね。予習なしで楽しめる音楽です。

Opening Actと、デジタリズムが出る前のセット替えで、MGMTのERECTRIC FEELがかかっていました。蛍光灯を立てた円が、2つの輪が描かれ、1つの輪の中にパーカッションと、1つの輪の中にDJ機材がありました。上には、3つのハートが飾られ、そこに映像が映し出されました。

ドイツ・ハンブルグ出身のデュオDIGITALISMは、インストのみの曲と、歌がある曲がありますが、生で聴くと、歌がある曲の方が、かっこいいですね。イェンス・モエルが、感想部分は、機材の輪の中に入って一生懸命演奏し、歌のパートなると、すぐ前のマイクに行って、ステージじゅうをかけめぐる、というのが、かっこいいです。1曲として、アルバムと同じアレンジがなかったです。

ずっと、ノン・ストップで歌い続けました。I want I want、Forrest Gump、Two Hearts、Repper Bahn、Degitalism in C.A.I.R.Oあたりが盛り上がりました。Homezoneでは、「There is the biggest party ever at home」と歌う部分を「There is the biggest party In Tokyo」と歌い替えていました。Circleを歌って、舞台を去るときは「乾杯!」と日本語で話しました。

アンコールでは、「Stratosphere」と「Anything New」をやり、最後は、「POGO」で、太鼓の乱れ打ち出した。終了時刻は、21時30分、2時間30分のライブでした。

(今日のYouTube) Circles / Diditalism



c0012640_1650577.jpg
c0012640_16501513.jpg
c0012640_16502324.jpg
c0012640_16503139.jpg
c0012640_16503980.jpg
c0012640_16504650.jpg
c0012640_16505282.jpg

(今日のYouTubeその2) 2 Hearts / Digitalism
by hide3190ymo | 2011-10-08 16:29 | 音楽&映像
<< 最近聴いている洋楽 【2011... 目的地には、着いたけれど。 >>