サンタクロース会議~アダルト編~劇団青年団 at こまばアゴラ劇場
c0012640_1442938.jpg
c0012640_1443740.jpg
c0012640_1444320.jpg

昨日、こまばアゴラ劇場で、サンタクロース会議~アダルト編」を見てきました。

この日は、AM11:00から50分「子ども参加型演劇 サンタクロース会議」を、「サンタクロースの存在を信じている子どもと大人のための会議」を午前中に行われました。青年団初の、親子で楽しめる参加型演劇だったそうです。

そして、PM14:00から60分「サンタクロース会議~アダルト編」で、「サンタクロースの存在を信じている子どもは見てはいけません。」という、未就学児お断りの、毎年、「サンタクロースはどこから来るの?」と子どもに問いかけられて困っているすべてのお父さんとお母さんのために、 青年団がおくる、ちょっとブラックな大人向け「サンタクロース会議」が上演されました。60分の芝居だけれど2000円でちょうど良い長さでした。

午前中、子供参加型演劇 クリスマス会議」を見た後で、子連れのお母さんが何人かアダルト編を見るため、子供を託児所に預けたり、ある程度大きくて、交流が出来るコーナーで待機させたりしているお母さんもいました。ちなみに託児所は、土曜・日曜だけで要予約だそうです。

「料金:0・1歳児2,000円 2歳児以上1,000円  予約:イベント託児・マザーズ TEL:0120-788-222(営業時間:土・日・祝日を除く10時~12時、13時~17時)※ご観劇の予約とは別に上記連絡先までお申し込みください。」だそうです。詳しくは青年団のホームページで、どうそ。

「サンタクロース会議」は、12月23日まで、毎日、公演するようです。下の表で、子供参加型クリスマスは赤色の文字、「サンタクロース会議~アダルト編」は、緑色の字で書かれています。
c0012640_0365071.jpg


劇団青年団は、2012年の2月1日から2月3日まで、「いわき演劇祭り~演劇からの復興~」が行われる予定ですが、場所はいわき芸術文化交流館アリオス小劇場になります。青年団は2月2日(土)の17;30から「ヤルタ会談」を上演します。この作品も作・演出は平田オリザで、第2次世界大戦終了間際に、アメリカとイギリスと旧ソ連の首脳が集まり、戦後世界の支配をめぐって開かれた「ヤルタ会談」を、痛快にパロディしたものです。これで東北地方の元気が1人でも多く励まされるなら、最高に素敵な話だと思います。

今回の「サンタクロース会議~アダルト編~」公演でも、もう観客が入場するときには、何人かの役者は、舞台の上で、すでに役作りをしてしていまして、1人の役者さんが、何かセリフをしゃべった後で、青年団のスタッフが、客席中央に来て「お待たせいたしました、只今から『サンタクロース会議~アダルト編を行います。場内禁煙、携帯はマナーモードでお願いします。本日は大変、混雑しているので、上着や荷物を預ける方は、おっしゃってください。」という挨拶がありました。

舞台美術は、中央にベットがあって、それを囲むように党首会談みたいな半円形の机があって、今回の会議は、他の会議シリーズと違い、机の後ろ側になる人はいません。その奥の中央には、暖炉と煙突の筒が飾られ、その後ろは黒幕になっています。暖炉から役者は出入りすることが出来ます。そして、円筒の上に「サンタクロースかいぎ」と書かれた横に長い看板状のものがあり、クリスマスらしい装飾がしてあります。

子供役の人が中央のベットに寝ていて、目覚めると、大きな靴下の中に、おもちゃが入っていて、子供がやったぁ!と飛び跳ねて喜び、暖炉の外に出てきます。実は3回の定期的な会議があって、会議と会議の間を、子供役の人が入れ替わって、きっかけとしています。

空間は定点観察ですが、時間の流れはファンタジーでして、いつもの青年団と少し違うかなぁとも思いました。

そして、3つの会議が始まります。

これから私が書くあらすじは、会話形式になっていますが、私の記憶とメモの範囲で、ポイントを抑える意味で、その方が書きやすかっただけなので、実際の演劇のセリフと相当違うと思いますので、それを前提に、興味のある方は、読んでくださいませ。



【登場人物】

議長・・・みんなバラバラで、いつも結論を集約するのが困りやすい議長。
浜口先生・・・学校か保育園の先生のようで、世界の貧困に関心が高い。
安岡さん・・・わりと気の難しい、下町のおっさんみたいな感じの人。
母親A・・・太郎君のお母さん。
母親B・・・恵ちゃんのお母さん。
母親C・・・優実ちゃんのお母さん。
父親・・・。ひろゆきさんのお父さん 未だにサンタクロースを信じているサラリーマン。
ガミガミ博士(男性)・・・クリスマスの研究家(サンタはいないと主張する)。
ガリガリ博士(女性)・・・サンタクロースの研究家(サンタはいると主張する)。
魔女・・・魔法をかけると、かけられた人は動物になるが、魔法の解除法を忘れたりする。
ゲストの子供A・・・かなり、生意気で感覚がずれている女の子で、口が悪い。
ゲストの子供B・・・シングルマザーの子供。早く新しいお父さんがほしい。
ゲストの子供C・・・大人しい男の子だけれど、意見ははっきり言う。

第383回 サンタクロース会議

・今回から日本国民から代表された3人の子供を呼んで参考意見とします。
 (この3人の子供は、ベットより手前で座って半円形の大人達と向き合って話す形で、観客に対して背中を向ける形になりますが、違和感はありません。)

 議題1 「サンタクロースに何をお願いするか?

 子供A(女の子)  「バイク」 
 子供B(女の子) 「おとうさん」
 子供C(男の子) 「サッカーボール」 (大人しくて素直な感じ)

 「バイク」 サンタは悪いものはくれません。
 「おとうさん」 サンタでなく、ママに頼んではいかがでしょう。
 「サッカーボール」 良い子にしていれば貰えるでしょう。

 議題2 「いい子にしていたから、サンタクロースがプレゼントをくれるのか?

 ガリガリ博士(サンタクロースの研究家)の意見
  ・小人(こびと)が沢山いて調査し、いい子の名簿と悪い子の名簿を作る。
  ・いい子にはサンタクロースがプレゼントを持ってくるが
   悪い子には黒いサンタが来て「燃えない石炭のくず」を持っていく
  ・以前、クリスマスで、シャンペーンを飲んでアルコール中毒になった時
   本物の小人を見たことがある。

暗転シーンで、会議中ずっとベットで寝ていた子供が、起き上がって、靴下の中に、おもちゃが入っているのを見て、大喜びして、暖炉に入っていく。この子役は、前の会議の大人の欠席者が、入れ替わり、担当していたと思います。

第384回 サンタクロース会議

 議題1「クリスマスイブにサンタクロースに会えるのはどうしたらよいか?

 子供B 私の友達、本物のサンタに会いにフィンランドに会いに行ったよ!
      りょうこは会いたいけれど、うち貧乏だから。
 魔女 サンタはフィンランドにはいない、あれは観光用のニセモノのサンタです。
     本当のサンタの住んでいる場所は、北極です。
 子供C クリスマスの晩、ずっと起きていたら会えるかな?
 魔女 サンタクロースは良い子にしているから会えるのです。
     一晩、起きていると悪い子ですから会えません。

 この間、魔女が失言した人を、やすおかさんはブタに、太郎さんのお母さんは犬に、ガリガリ博士は猫にされてしまいました。

 子供C 魔女さんに質問!去年の夜、ずっと起きていたら、お父さんがサンタでした。
 魔女 それは、お父さんに化けたサンタクロース。
 子供B うち、お母さんしかいないから。
      ねえ、サンタってデブ?マイクロダイエットやっているの?
 子供A だいたいAKB48っていつまで続くの?いいかげん、うっとうしいんだとよねえ。
 議長 子供Aちゃん、議題と関係ない話しちゃダメよ。

 議題2「おもちゃはどこで作られるの?

 子供B おもちゃはどこで作られているの?
 魔女 北極の地下です。
     しかし、最近、地球温暖化のため、北極の地下も危なくなりました。

 子供A でも、私がもらったプレゼント、西武デパートの張り紙だったよ。
 魔女 サンタでも間に合わない時は、西武デパートに行きます。
     あと、北極では、パイナップルとか取れないから、
     六本木で買ってから届けに行きます。

 議題3「サンタにレディースはいないの?

 子供B サンタにレディースっていないの?うち、お母さんしかいないから。
 ひろゆき君のお父さん いるよ。渋谷とか六本木のお店に行けば、サンタのお姉さん。
 魔女 サンタクロースは男性しかいないけれど、女装したりするのよ。
 
 ひろゆき君のお父さんは、魔女に象にされてしまう。

 優実ちゃんのお母さん 私、結婚するまでフェミニズムとかやっていたんですけれど、
                サンタが男って決まっていることが、子供たちにとって予め
                ジェンダーにおける役割というかですね。

 議長 じゃあ、意見も出尽くしたので、今日はこのくらいにしましょうか。

 恵ちゃんのお母さん 私も今の最後のまとめ方は、ちょっと不満がありますね。
               デパートで買うとか、サンタさんが女装するとか、
               だいたい、この魔女って人、信用できるの?

 魔女 恵ちゃんのお母さん ヤギにしてしまう。 混乱して、沢山の人を動物にしてしまう。

 議長 魔女さん、どうするんですか。これじゃメチャクチャになってしまいましたよ。
 魔女 あらら
 議長 あららじゃなくて元に戻してください。
 魔女 ほうきを振り回して、えい!

 何度か試したが、ダメみたいでした。

第385回 サンタクロース会議

恵ちゃんのお母さん 一時はどうなることかと思いましたよ。
              ガミガミ博士が治す薬を持っていなければ大変なことでしたよ。

安岡さん でも、良く持っていましたね、魔法を治す薬。
魔女 どうも、すみません。今日は魔法は使いません。
安岡さん これで、どっちの博士の言うことを信じるか分かってきたんじゃないの。
恵ちゃんのお母さん それは最初から思っていたけれど。
優実ちゃんのお母さん ガリガり博士さんが隣で作っている薬ってなんですか?

ガリガリ博士 「醤油をソースにする薬」
         「リンス・イン・シャンプーを、リンスとシャンプーに分ける薬」
         「新型インフルエンザを旧型インフルエンザにする薬」
         「紅茶にミルクを入れた時、タンパク質の膜ができないようにする薬」

 議題1 「煙突のない家は、サンタクロースはどうやって入るの?

 議長 ご自宅に煙突のある方、挙手してください。
     
 ひろゆきくんのお父さん 自宅にサンタが入れないといけないと思いまして、
                 煙突と暖炉を創る改修工事をしています。 

 子供C 玄関から入ればいいんじゃないの?

 ガミガミ博士 じゃあ、セコムはどうすればいい?
         サンタクロースは、おまわりさんにつかまっちゃうぞー。

 子供A バットで窓を割って、入ってくりゃいいじゃん!
 子供B サンタは、どこにでも煙突を作れると思います。
 魔女 サンタの実力でしたら、それも十分可能でしょう。

 ガミガミ博士 サンタがいるかいないか、サンタがいないとプレゼントが来ないか
          プレゼントがほしいからクリスマスが来るのか、プレゼント至上主義が
          そういう物質優先的なところが、今の日本をダメにしているんだ。

 安岡さんが、サンタクロースの恰好をして、出席者全員に、プレゼントを配る。
 みんな喜ぶ。ガミガミ博士は、パンダのぬいぐるみを受け取り、パンダを見て喜ぶ。

 ガミガミ博士 あ、パンダちゃ~ん。(偉く気に入る)
 ひろゆきくんのお父さん あんた今プレゼント至上主義だって
                 批判したばっかりじゃないか。
 ガミガミ 物質優先主義はいけない、いけないけれど、パンダちゃ~ん。かわい~い。

 浜口先生 サンタクロース会議なのか、プレゼント会議なのか、
        問題がすり替えられていませんか?
        (アフリカで飢餓で苦しむ子供たちの写真を持ってきて)
        プレゼントが欲しくても、貧困で貰えない子供達には、
        世界にはたくさんいるんですよ。

 魔女 サンタは暑いところが苦手なんですよ。
 
 浜口先生 日本人1人のお年玉の総額で、アフリカの5人の子供が
        学校で教育を受けられるのです。
        「グローバル化時代における南北問題を考慮したクリスマスのあり方」
        という議題を提案します。


議長が浜口先生を抑えようとしたら、浜口先生がキレて退出。

 安岡さん 浜口先生、教頭と不倫とかで、PTAから大変らしいぞ~。

 ガミガミ博士 50代の男性に愛人つまり不倫関係がある場合、
          イブの夜をどう過ごすかというアンケート調査では、
          34%が「家族と過ごす」、12%が「愛人とすごす」
          残りの23%が「愛人と会ってから家に帰る」
          このうち31%が「サンタさん、なんとかして」と頼むそうです

 

登場人物が、ガリガリ博士の話の後で、ガリガリ先生も含め、この会議の場から去って、だんだん少人数になっていく状態。

 ガリガリ博士 私の長年の研究で、50代の男性に愛人がいた場合、
          いわゆる不倫関係ですね、その男性が、サンタさんに、
          どうにかしてお願いした場合、ほぼ八割が解決しているようです。
          その八割の内訳をさらに詳しく見ますと、
          家庭に戻る42%、協議離婚35%と拮抗しています。


 安岡 え、じゃあ、残りは?
 ガリガリ博士 トナカイに後ろ足で蹴られる。それでは私も失礼します。
 全員 お疲れさまでした。
 ガリガリ博士 メリークリスマス!
 全員 メリークリスマス!

 優実ちゃんのお母さん イブの夜には、旦那に6時までに帰るように言わないと。
 恵ちゃんのお母さん そうよねー。
 太郎君のお母さん そうかぁ。
 優実ちゃんのお母さん 念のため、念のため。
 恵ちゃんのお母さん 六時に帰れって言われたときの、反応を良く見るのよ。
 太郎君のお母さん 分かった。

 ひろゆきくんのお父さん あの、これ、サンタクロースについての会議ですから。
 優実ちゃんのお母さん 分かっているよ、念のためって、言ったじゃん。
 ひろゆきくんのお父さん はい、はい、すみません。
 恵ちゃんのお母さん なんか後ろめたいことでもあるの?
 ひろゆきくんのお父さん いえいえ、とんでもない。

 議長 じゃあ、ま、議論も出尽くしたようなので。
     ここらへんで、今年のサンタクロース会議は終了にしたいと思いますが、
     いかがですか?

 全員 異議なーし!
 議長 ありがとうございました。メリークリスマス!
 全員 メリークリスマス

全員が帰ったあと、2人の子供が登場する。

 姉 もう寝よう。
 妹 うん。

2人ベットに入って暗転。

この暗転の後で、LED照明のようなライトが、「サンタクロースかいぎ」と書いてある看板が綺麗に映っていたのが印象的でした。ここで余韻を作ってから、役者さん、全員そろって、一同礼、会場は拍手喝采でした。

=====================

それでは、渋谷で東急東横線から京王井の頭線に乗えて、東大キャンパスを見て、東大商店街の風景等の写真を、ご欄くださいませ。

c0012640_19511238.jpg
c0012640_19512180.jpg
c0012640_19512711.jpg
c0012640_19513473.jpg
c0012640_19514161.jpg
c0012640_1951477.jpg
c0012640_19515346.jpg
c0012640_19515898.jpg
c0012640_1952437.jpg
c0012640_19521160.jpg
c0012640_19521872.jpg
c0012640_1952257.jpg
c0012640_19523354.jpg
c0012640_19523917.jpg
c0012640_19524954.jpg

(今日のYouTube) Do they know it's Christmas / Band Aid (1984)
by hide3190ymo | 2012-12-16 19:14 | 舞台&美術
<< Mr.BEAN しばりたて豆乳のお店 自主映画上映会「シェーナウの想... >>