2014年2月1日(土) 節分直前の江の島観光。(後半)
前半は華やかな都会でしたが、せっかく島に来たので、後半は、海を感じさせる写真を中心にセレクトしてみました。

c0012640_1482012.jpg
南海岸の岩屋と、山頂の食堂街の間に、江の島神社「奥津宮」があります。屋根の上の龍が興味深いです。

c0012640_1481345.jpg
いりいろな人が海岸沿いで遊んでいます。釣り人や、貝を拾っているらしい方々が多かったです。

c0012640_148566.jpg

亀が海に向かって竜宮城に帰る姿に見えるので、この岩は「亀石」と言われています。確かに亀に似てますネ。






c0012640_1475939.jpg
江の島はシラスの名産地で、山頂に近い所に、しらす丼の食堂や、民宿や、お土産店が並んでいます。

c0012640_14748100.jpg
普通の「しらす丼」750円です。「生しらす丼」がこの時期には置いてないらしくて、ちと残念。

c0012640_1474178.jpg
これも、サムエル・コッキング苑から岩屋に向かう道。「女夫饅頭」が興味深いです。

c0012640_1471773.jpg
これも、サムエル・コッキング苑から岩屋に向かう道。「日本酒アイス」が興味深いです。

c0012640_1471054.jpg
「稚子ヶ淵」 ここから見る夕焼けと富士山が神奈川の景勝50選に選ばれているそうですが、昨日は見えませんでした。「稚子ヶ淵」 の名前は、鎌倉相承院の稚子白菊がこの淵に投身したことに由来しているそうです。

c0012640_147370.jpg
いよいよ、日蓮が鎌倉に航路していく途中で漂流し、雨風をしのいだという洞窟「岩屋」に入りました。、いきなり洞窟の中に池がありました。

c0012640_146564.jpg
池に映写機で、海底の様子を映し出した演出過剰な部分もありますが、なかなか綺麗でした。

c0012640_146508.jpg
洞窟に沿って、沢山の小さい仏像が並んでいます。女子学生達から「よく写真取れますねー」と言われました。

c0012640_1464146.jpg
これが「日蓮」の仏像かも知れないです。自信はありませんが。

c0012640_1463498.jpg
洞窟の一番奥は、一番最古の「江の島神社」発祥の地になっていました。

c0012640_14611100.jpg
「第1岩屋」と「第2岩屋」の間にある休憩スペースから、海を垣間見ることが出来ます。第2岩屋はかなりしょーもないので写真はスルーします。

c0012640_146215.jpg
江の島山頂まで戻らず島の東側を迂回して、比較的平らな道を歩いて戻れます。そこから見た鵠沼海岸です。

c0012640_1455284.jpg
江の島神社と江の島大橋入口まで続く「弁財天仲見世通り」です。たくさんのおみやげ屋さんで人が一杯です。

c0012640_1453229.jpg
江の島大橋まで戻り、歩道の両側の2匹の龍が、「また来てね。」と言っているように見えます。

c0012640_1451864.jpg
小田急片瀬江ノ島駅の駅舎です。江の島神社に似たてたデザインがユニークです。

(今日のYouTubeその2) ゆ・れ・て湘南 / 石川秀美

 花の82年組アイドルで、シブがき隊の「やっくん」の奥さん。
 バスケットボール部で鍛えた足がチャームポイント。

 ♪ 揺れて~ 海岸ロード ♪ 走る~ バックミラーに 
 ♪ 映る江の島さ ♪ Please Please me~
by hide3190ymo | 2014-02-02 14:07 | 都市デザイン
<< 2014年2月1日(土) 節分... 城ケ島公園 2014 Jan. >>