ジョン・レノンとリバプール展 @JOHN LENNON MUSEUM
c0012640_19335134.jpgc0012640_1934559.jpgc0012640_19342140.jpg






今日、仕事でさいたま新都心にある官公庁に訪ね、帰りにジョンレノン博物館に行きました。横浜からはなかなか遠くて行く機会もなかったのです。JOHNに関しては私も詳しくないのですが、TheBeatles時代の「Magical Mystery Tour」と、比較的最近リリースされたべスト盤の「Lennon Legend」は、時々聞いています。平日で人も少なかったので、ゆっくり回って見れてラッキーでした。Johnの人生について少し知るきっかけになりました。

c0012640_19343969.jpgc0012640_19345252.jpgc0012640_1938941.jpg









c0012640_1940656.jpgc0012640_19401690.jpgc0012640_19403328.jpg






Museumは、さいたま新都心駅から「けやき広場」を抜けて、さいたまスーパーアリーナの一角にあります。シアター・展示ゾーン・カフェで構成され、展示ゾーンは、少年時代、ロックに目覚めた時代、TheBeatles時代、LOVE&PEACE時代、ニューヨーク生活時代、ダコタハウスでの生活、などJOHNの人生の節目節目が、MUSEUMの部屋を入れ替わるごとに、分かりやすく解説されています。

c0012640_19453457.jpgc0012640_1945455.jpgc0012640_19455548.jpg






12月28日まで、同じスペースで、「ジョン・レノンとリバプール展」が催されています。リバプールでジョンが育った家のジョンの部屋を原寸大で再現、ジョンが11歳の頃描いた雑誌、など、ファンの方ならば喜ばしい企画です。

c0012640_19475934.jpgc0012640_19481166.jpgc0012640_194820100.jpg






帰りに、CAFEで「軽井沢の水で作ったアイスコーヒー」(ジョン一家が70年代末よく軽井沢で夏を過ごしたそうです。)と、シェフのおすすめサンドを食べて一服し、「Strawberry field forever」や「Whatever gets you thru the night」の名曲を聴きながら、幸せなひとときを過ごしました。
by hide3190ymo | 2005-09-16 23:33 | 音楽&映像
<< 午前中の山手お散歩 GYAOの見たいものリスト(9月) >>