お三の宮日枝神社
今日正月3日めにして、初めて家の外に出て、初詣をしてきました。
c0012640_12161692.jpg
ちょうど京急南太田駅と横浜市営地下鉄吉野町駅の間くらいの位置に、「お三の宮日枝神社」があります。毎年9月の敬老の日に、イセザキモールからこの日枝神社まで、お神輿をかつぐお祭りで有名です。
c0012640_1219416.jpg
上の地図はJR関内駅を中心として、大岡川と中村川に挟まれた区域です。上のピンクで囲まれた部分が吉田新田という1656年~1667年の間に埋め立てられたもの、ブルーで囲まれた部分が日米友好通商条約により開港したときに埋め立てられた場所です。

17世紀半ばまで、横浜(現在の石川小学校付近が当時の横浜村)は入江のある魚村だったのです。吉田新田は、江戸時代に幕府が貨幣経済が流通し、また度重なる大飢饉が発生し、年貢からの農作物だけでは収入が得られなくなったので、盛んに埋め立てによる新田開発がされていて、そのうちの一つでした。

1656年、町人吉田勘兵衛が、この埋立事業を請負って、進めようとしましたが、何度も大岡川の氾濫で失敗しました。明暦の大火(放火)で両親・兄弟とも孤児となり不本意な政略結婚から逃げて吉田勘兵衛の家で暮らしていた「お三」が、感謝の意をこめて人柱になると申し出ました。勘兵衛は人命の尊さを説き、その志は有難いがそなたも若い身空でもっと幸せになって長生きしてほしいと再三再四辞退したが、お三が自害をしようとしたので、その固い心はひるがえすことが出来ないと悟り、お三の申し出を心ならずも受けたものでした。大海に身を投じ、埋立の大事業の人柱となったお三を奉ったのが、この「お三の宮日枝神社」です。



c0012640_12491149.jpg
吉田新田を衛星画像でみると、上のような感じです。Google-mapのサテライトを画像キャプチャーしました。

100円でおみくじは「中吉」。「待ち人来たる」だって。君を待っているよー♪
c0012640_12521528.jpg
この神社の近くにある蒔田公園では、タコ上げや犬の散歩をしている人がいました。
c0012640_12573978.jpg
南太田駅のすぐ近くから見た京浜急行。この風景を見て思い出すのが、くるり「赤い電車」
c0012640_1322615.jpg
蒔田公園は高速道路のすぐそばですが、私の家の近所の阪東橋公園は、ほんとうに高速道路直下にあります。
by hide3190ymo | 2006-01-03 13:03 | 京急イメージアップ
<< 今日から仕事始め PRIDE男祭り2005-頂I... >>