シティボーイズミックスPRESENTS「マンドラゴラの降る沼」
シティボーイズミックスPRESENTS「マンドラゴラの降る沼」 を見に行ってきました!

【劇作・脚本】丸二祐亮/細川徹(演出)/シティボーイズ/中村有志/いとうせいこう
【出演】シティボーイズ/中村有志/いとうせいこう/銀粉蝶/他

【東京】4/11~4/23 池上本門寺 境内特設テント
【福岡】5/3~5/4 北九州芸術劇場 大ホール
【愛知】5/7~5/8 名古屋市青少年文化センター アートピア
【大坂】5/11~5/14 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
c0012640_230473.jpg
池上本門寺特設テント、横浜の私には有利だけれど、埼玉・千葉の人には遠いかも知れません(笑)。東京公演は、当日券も少し出ているようなので、興味のある方は、是非行ってみて下さい。やっぱりコントは、何と言っても、生ですぞ。



私が見たのは、D列の17番。こんな近くでシティーボーイズを見るのは初めてでした。
銀粉蝶は、相鉄本多劇場で「ブリキの自発団」の公演で、かなり間近で見たことがあります。

テントということで、アングラ芝居を期待した人には、期待外れだったかも知れませんが、
いつも通りのシュールで風刺ネタも豊富なお笑いコントで、私は結構、楽しめました。
テントは10年以上前に新宿梁山泊の公演を見たとき以来でした。

公演前に本門寺のお坊さんから、有難いお話がありました。
ちなみに藤沢善行寺の上々颱風ライブでは、前座でお坊さんがお経を挙げていました。
私は宗教は信じないのですが、寺院や教会が文化的事業に取り組むのは良いと思います。

最初のハイキングネタ、これだけのギャグのために大掛かりなセットを創ったことに、まず笑えました。続いて、昔のアングラ劇団ネタ、私も学生時代この手のアングラ芝居を真面目にやっていた時期があったので、それでまた笑えました。いい人柏木さんネタも、実際にありそうでなさそうな世界が面白かったです。

原子力発電ネタ、これは、いとうせいこうの悪役ぶりと、現場の原発で働く人とのコントラストが、風刺が効いていて良かったです。この公演がWOWOWで放送されるのは、昔RCサクセションが「COVERS」で原子力発電所の歌(サマータイムブルース)が発売禁止になった事件を思い出すと、言論の自由というか、時代も自己批判に対して柔軟になってきたのかな、という気もします。

全体で見ると、銀粉蝶がいい味出しているなー、としみじみ感じました。
やっぱり女性でキャラ強いのが一人出るといいですねー。
来年は、是非、戸川純に出てほしい!(笑)

あ、それから、今回の音響は、スチャダラパーのDJ SHINCOさんでした。
by hide3190ymo | 2006-04-15 23:28 | 舞台&美術
<< THE BACK ROOM ... 池上本門寺 >>