赤城山 中央火口丘 登頂 成功 !!
今日、久しぶりに山岳会の仲間と、山に行ってきました。登り始めたときは、何で休日にわざわざこんな辛い思いをしに行くのか、ああ、どうして私は山に登るのか、でも稜線に出て広大な光景、地形のダイナミズムを味わったときは、この瞬間を求めていたんだ!と思いました。
c0012640_22245195.jpg
とりあえず、コースタイムを紹介します。
10:26赤城ビジターセンター→11:40地蔵山(標高1673m)昼食休憩30min→12:30八丁峠→12:50小沼→13:20長七郎山(標高1579m)→13:45小地蔵山(標高1573m)→14:16鳥居峠→14:35覚満淵→15:05赤城ビジターセンター 
東京圏から日帰りで行けるコースです。ただし、小地蔵山はヤブでルートファインディングが難しいので、経験者がいない場合は、長九郎山から小沼に戻って直接、覚満淵に下山してください。それ以外の部分は、装備さえきちんとしていれば初心者でも行けるコースです。

上の写真は、地蔵山山頂から大沼越しに、黒槍山から陣笠山の稜線を写したものです。天気はこんな感じでさえないのですが、雨も降らず、かえって涼しくて、爽やかな気候でした。



c0012640_22343268.jpg
赤城ビジターセンターにあるコテージをベースに行動しました。
c0012640_22423042.jpg
小沼の沿岸です。風に揺れる水面を移したかったのですが、ネットに載せる大きさに縮小すると、ちと厳しいです。
c0012640_2246651.jpg
長七郎山に向かう途中の白いツツジです。実物は写真より、見事なんですぅ~。
c0012640_22553644.jpg
長七郎山から、袈裟丸山や皇海山(すかいさん)まで、肉眼では見えたのですが(汗)。
c0012640_2351351.jpg
覚満淵を鳥居峠近辺から見たところです。実に面白い形をしています。
c0012640_23112648.jpg
覚満淵の水際です。ここは観光コースになっていて、マイカー利用客の方でも入れます。
c0012640_2314993.jpg
コテージに戻って、みんなで乾杯しました。
c0012640_2317672.jpg
アウトドアと言えば、焚き火です。ファイアー!! 
( ちゅうい : よいこは、おとなといっしょに、たきびをしてください。)
c0012640_23203271.jpg
現実の生活に戻るオレたち。
by hide3190ymo | 2006-06-10 22:22 | 登山・ハイキング
<< The Stands Hors... 明日は晴れそうですねー。 (関... >>