たまには映画でも
今週の金曜日がラストの見たい映画がありました。でも、金曜日の夜、急な仕事が入ってくるようなイヤ~な予感がして、今日は仕事を早く終わらせて、映画館に行きました。
c0012640_2123323.jpg
もう、その映画は、ワーナーマイカルシネマズでは上映していなかったので、新高島の109シネマズ(横浜BRITZの裏)まではるばる行きました。



c0012640_21244678.jpg
中谷美紀が「この映画の主人公をやるために今まで女優をしていた」とまで言っていた映画とはどんなものなのか興味があって、「嫌われ松子の一生」を見に行きました。(実は私は中谷美紀の隠れファンなのです。) ミュージカルなのかコメディなのかVシネマなのか、演劇は見ても映画をあまり見ない私にとっては、新鮮な感覚の映画でした。

なんというか月並みな感想ですが、どんな逆境でも人生に終わりは無い、幸せを求めて生きているけど、うまく行かない、でも人を笑わせ、元気づける、松子さんの姿に感動しました。私は、自分の生きている世界は一見安定しているようだけれど、つじつま合わせばかりで、一歩間違えるとどん底に落ちてしまう、それが怖くて怖くてたまらない毎日を送っています。でもこの先どう転んでも生きていけるというような勇気を与えてくれる作品でした。
by hide3190ymo | 2006-07-13 21:35 | 音楽&映像
<< 宣伝効果 If I was a child >>