海の見える美術館
c0012640_19534924.jpg
葉山にある神奈川県立近代美術館葉山館に行きました。今日は開館記念日ということで、無料で中に入れました。c0012640_19492139.jpg
c0012640_1950596.jpg
イリヤ・カバコフの-「世界図鑑」絵本と原画展-を見てきました。イリヤ・カバコフさんは、旧ソ連のドニエプロペトロフスク市で生まれ、1950年代から共産主義体制の中で絵本画家として活躍、現代はニューヨークに拠点を置き、トータルインスタレーションとしてヴェネツィア・ビエンナーレ等で活躍するほか、日本でも越後妻有トリエンナーレにて「棚田」という作品を出展しています。

今回の展覧会では、主に旧ソ連時代の絵本の原画を、インクと水彩で描いたものを中心に展示していて、また「ぬりえアルバム」という作品の原画の展示のほかに、実際にイリヤ・カバコフ作のぬり絵を、子供たちと一緒に塗りましょうというコーナーもありました。



c0012640_19531280.jpg
美術館棟と管理棟の2つの建物構成です。
c0012640_1953267.jpg
葉山は海の目の前まで低い山が迫っていて、結構自然の残っているところです。
c0012640_19533931.jpg
中庭に向かって美術館の休憩スペースがあります。
c0012640_20331036.jpg
海の見えるレストランです。
c0012640_1954976.jpg
外のベンチで海を眺めるもよし。
c0012640_19541841.jpg
芝生に横になるもよし。
c0012640_19542715.jpg
散策路もあります。
c0012640_19543746.jpg
目の前はビーチです。
同じ三浦半島でも横須賀側より海の色が綺麗です。
c0012640_205581.jpg
京浜急行「新逗子」駅から、京浜急行バス「海岸回り葉山行き」で「三ヶ丘」下車してすぐです。

なお、美術館のレストランは、席が少なくランチは少しエクスペンシブで、周辺に別の食堂もないので、逗子駅周辺で昼食を済まし、鑑賞後の喫茶として利用することをおすすめします。

なんか’絵本作家’になってみたくなりました。
by hide3190ymo | 2007-10-13 19:54 | 京急イメージアップ
<< 酸素と海とガソリンと・・・ リッチなランチ >>