与野本町の薔薇と、維新派「nostalgia」@彩の国さいたま劇場
c0012640_115199.jpg
昨日、午前中から体を起こす練習をするため、彩の国さいたま劇場に維新派を見に行きました。

与野本町の駅から劇場に行く途中までの歩道がプロムナードになっていて、綺麗な薔薇で彩られていました。もうそんな季節なんだなぁ、と。気候はちょうどいいんですけれどね。

維新派「nostalgia」の劇は、午後1時~3時までの2時間ノンストップでした。常に音楽が流れていて、複数のチームが、マスゲームのような舞踏を踊りながら、ストーリーを作っていきます。彼らは関西弁ケチャとも、言われていて、ストーリーは単純なんだけれど、合唱のような役者の発声が音楽の一部になって、美しい空間が広がっていきます。そしてどの役者も決して動きを止めることなく全体として連動しているのが緊張感があって良かったです。



c0012640_11512139.jpg
c0012640_11513050.jpg
c0012640_11513890.jpg
c0012640_11514733.jpg
c0012640_11515781.jpg
c0012640_1152439.jpg
c0012640_11521167.jpg

by hide3190ymo | 2007-11-05 12:03 | 舞台&美術
<< もうすぐクリスマス'0... ひとり打上げ >>