火宅か修羅か 劇団青年団 @ こまばアゴラ劇場
c0012640_1204864.jpg
上の画像は、私がいつもこまばアゴラ劇場に入る前に、ひと休みしていく喫茶店で、250円で、コーヒー・紅茶・ジュースがセルフサービスでおかわり自由で、美味しいケーキもおいてあります。井の頭線・駒場東大駅から、こまばアゴラ劇場に向かう途中の商店街の右手にあります。店の名前は忘れたけれど、雰囲気も落ち着いていてオススメです。

昨日は、冷たい雨の中、青年団の「火宅か修羅か」の公演を見に行きました。舞台は、ある旅館の宿のロビーで、左手にソファが、右手にテーブルがあって、そこで同時多発的な会話が、という、いつもの青年団の感じなのですが、ドラマの内容が、家族とか仲間とかに先に行かれて残された人々の心の傷がよく描写されていて、泣きそうになりました。役者はやっぱり志賀廣太郎さんの味がいいです。とても感動するので、年末年始に、是非ご欄くださいまし。
by hide3190ymo | 2007-12-23 12:11 | 舞台&美術
<< サンタがTokyoにやってくる... 忘年会の座席 >>