HAPPY SAD
c0012640_781997.jpg
親知らずの治療と、痔の治療を同時に行うという、38年間生きていて、人生初体験の苦しみを味わいました。

木曜日・金曜日と休んで通院し、土日をあわせると4日間休んでいたのに、GWの頃からの夏バテみたいな疲れが抜けず、やっぱり、もう働けないのかなぁと思いました。

休んでいるときは仕事のことを考えてはいけないのですが、仕事上での心配事で不安で不安で仕方ない状態で寝ていました。出来れば逃げてしまいたいです。

しかも6月中旬から下旬に尾瀬に行く計画を2ヶ月前から出していて、私がリーダーの予定です。休んでいる間、少しでも元気になろうとユンケルを飲んだら逆効果。かえって眠れません。

こんなとき、ある人から連絡をもらって、とてもハッピーな気持ちになりました。
私、心が病んでいるけれど、一緒に生きてくれる人ができるかもしれない。

月曜日の朝、無理して早起きしました。
火曜日・水曜日は、自然に起きられるようになりたいです。

(今日のYouTube) あじさいのうた / 原 由子
by hide3190ymo | 2008-06-02 07:17 | 人間科学
<< なんとなくギスギスした世の中でも 日帰り手術 >>