カテゴリ:人間科学( 288 )
診察室
最近、どうも集中力に欠如しているので、医師に相談してみました。

医師: 今日はどうしましたか?

HIDE: 最近集中力がないんです。対人場面や工事現場ではきちんとした指示が
      出せるんですけどね、デスクワークが能率的に行かないんです。
      設計図書や書類の作成とか、注意力散漫なんです。

医師: 集中力がないときは、どんなことを考えているのですか?

HIDE: 実は、かくかくしかじかなんです。

医者: それはですね、・・・・・・more
by hide3190ymo | 2005-11-29 12:09 | 人間科学
飲み会 ―私がオジサンさんになっても―
今日、飲み会をします。楽しい飲み会!私の数少ない友達と過ごすトキメキのひととき!
命の限り燃え尽きましょう! しか~し、気になることが!

最近、デブなんです。 で、髪もなんかも、ちょっと薄くなったような気もするわけ。

c0012640_15134734.jpg青年海外協力隊でヨルダンに一緒に行った仲間と、久しぶりに会うのです。京都や沖縄や全国から集まります。知り合ったのは、もう平成9年のことです。すでにメンバーも決して青年とはいえませんが、間違えなく、最初に言われるひとことは、こんなんでしょう。

「ひで、太ったねー!」

事実は受け入れるしかありません(涙)。
顔で笑って心で泣く・・・。違うか。。
ダイエットという長期的課題は必要ですが。
by hide3190ymo | 2005-11-03 15:02 | 人間科学
エゴグラム
存在する音楽さんのエゴグラムによる性格診断にTBします。このエゴグラムというのは、心理学的には、一般的な性格分析方法です。CP、NP、A、FC、ACの5つの指標をグラフで表します。こちらのページからトライできます。皆さまもやってみてはいかがでしょう?

私の場合、こうなりました。
by hide3190ymo | 2005-08-21 15:25 | 人間科学
KING OF PAIN
こんばんは。HIDEです。

更新停滞中も、たくさんのアクセスをいただいたので、本当のことを書くことにしました。

先々週から、体調が優れず、心療内科から抗うつ剤を処方してもらって服用しています。医師に休養をとることも勧められましたが、なんとか仕事は続けたいと思い、毎日コツコツ1人工分の業務はこなしています。副作用が少しあるので、職場の理解は得られても、取引先やユーザーの方々には、まさか自分のメンタルヘルスの状況は言えませんので、そこが少しつらいところです。

もともと、このサイトは、登山のホームページを作りかけたものをブログに移転しようと思って、作成しました。しかし今は、私の体調の不安定で山の仲間に迷惑をかけてはいけないと思い、しばらく山岳会への参加も休もうと思っています。従って、このブログはどうしようかな、と思っていたのですが、今のところ殆ど登山のページという感じでもないし、演劇や美術の鑑賞とかなら書けそうなので、続けてみようと思っています。
by hide3190ymo | 2005-08-08 20:06 | 人間科学
私の人生・上半期10大ニュース (笑)
自己パロディで、私の今までの人生の10大ニュースを書いて見ました。

c0012640_23194351.gif第1位 一級建築士取得!(20代)
自慢です。ははは。

第2位 阪神・淡路大震災後、兵庫区役所でボランティアを体験。(20代)
本当に勉強になりました。

第3位 ユーリズミックスのコンサートに行く。(10代)
めちゃ楽しかった~。

More(第4位~第10位を読む)
by hide3190ymo | 2005-07-01 23:57 | 人間科学
お見合い事例研究①
お見合いでの会話、今まで全く接点のなかった2人がある日いきなり会って、一体何を話すべきか、こんな悩みを持つ人は多いはず。そこで、ケーススタディをいくつか作成してみました。なお、この事例研究は、全て、フィクションです。

c0012640_2237420.gif(事例研究1)

Aさん: あの、ご趣味は?
HIDE: はい。あ、ブログです。
Aさん:  はあ。ブ?
HIDE: ブログです。
Aさん: ブログ?
HIDE: 今はやりのサクサク書けちゃうホームページです。
Aさん: あ、ホームページ。
HIDE: そう、ホームページ。
Aさん: 好きなんですか?そういうの。
HIDE: ええ、まあ。心の癒しというか。陶芸やそば打ちみたいなものです。
Aさん: でも誰でも見れるんですよね、そのブ、ブログっていうの。
HIDE: ええ、まあ。 あ、Aさんもどうです?ブログ。一緒にやってみませんか?
Aさん: いや、私が今日来た目的はそんなことではありませんし。
HIDE: そりゃ、そう、そうです。そうですよ。。。。。
      あ、そうだ、ところで、SMAPの中で誰が一番好き?
      いや、男のオレから見ても中居君かな~。
Aさん: 芸能人はあまり好きではないんです。
HIDE: そうですか。

More(事例研究2・3を読む)
by hide3190ymo | 2005-06-27 20:24 | 人間科学
第2回 ブログ会議 「強い人」 VS 「優しい人」
 先日、シティボーイズのライブで、「メンタル王」VS「スキル王」というネタがありました。メンタル王は、精神力が強く何の技術もない王様、スキル王は、問題解決のテクニックは持っているがいざという時に発揮できない王様、その2人のうちどちらが人を助けるか、というコメディでした。そこで、異なる2つのタイプの性格について考えるのは面白いと思い、次のような議題を2つ提出してみました。
c0012640_2254380.gif
(議題1) 「強い人」 VS 「優しい人」 どちらが好き? どちらになりたい?

 「強くなりたい」。この気持ちは成長過程の中で誰もが一度は持つ気持ち。

 いろいろな困難を乗り越え自信を持って強くなった人、決断が早く、小さなことは気にしない、でも何かが出来ない人に「それは努力が足りないからだ。」とつい言ってしまいがちなデリカシーのない時もある「強い人」。

 そして、いつも周りに気配りをして、自分のことよりもつい他人のことを優先してしまう人、敏感でいろいろなことを考えてしまって慎重になり決断が遅くなりがちな、また焦りがちな、でも人の心の痛みが分かる「優しい人」。

 ドラマ「聖者の行進」でのりピーが、「私はもっと強くなりたいです。」といい、「強くなんてならなくていい、強くなるということは鈍くなることだ。」と他の役者(誰でしたっけ?)に言われた記憶があります。でもどんなに優しい人でも、それ故にかえって相手のことを傷つけてしまうこともあるかも知れません。
c0012640_2223895.gif
(議題2)。 自分と「同じタイプ」 VS 「違うタイプ」 友達にするなら?恋人にするなら?

 自分と「同じタイプ」の人とは共感できて、つい盛り上がってしまいます。また互いを理解し、急スピードでその中は発展していきます。しかし、相手の欠点が見えたとき、それが「自分の欠点」の鏡を見てしまうようになり、イヤになることもあるこも知れません。

 自分と「違うタイプ」の人とは、お互い波長が合わず誤解を繰り返し、「何この人、全然私に合わない」と思っていても、いざ困った時には助けて合うことができ、相手の欠点も「この人はそういう人だから。」と容認してしまうこともあります。

 私の山岳会で結婚している人に、「結婚相手って、同じタイプと違うタイプ、どちらがいいんですかねえ?」な~んて聞くと、割と「違うタイプ」という人が多いです。私の家族親戚等に聞きますと「似たもの夫婦になった」「やっぱり似ているからねえ。」という人もいます。

 斉藤由貴さんの「今だけの真実(ほんと)」という歌の歌詞の中に、「あなたしかいないみたい私と同じ人」というフレーズがあります。由貴さんもやっぱり同じタイプの人を好きになったのでしょうか?でも「全て知っている今だけの真実」と歌っている、この「今だけ」の意味がちょっぴり気になります。

 以上の議題について、フリートークをどうぞ!

 男性も女性も、独身の方も既婚の方もコメント・TB歓迎です♪
by hide3190ymo | 2005-05-14 21:55 | 人間科学
進化する「脳-コンピューター直結インターフェース」
hkomさんの「Brain Computer-現実化の衝撃!」に興味深いニュースが記載されていました。頭で考えただけでコンピュータが操作できるというSF-X映画みたいな話です。
c0012640_2041147.jpg
Hot wired Japan」のサイトには、最先端のバイオテクノロジー・サイバネティックスなどの科学技術や現代アートについて、書かれています。(iPodユーザーの方々には貴重な情報多し!) その中で紹介されている「進化する脳-コンピューター直結インターフェース」というニュースを見て、「ついにここまで来たか!」と思いました。体が不自由な方が頭で考えるだけでコンピューターを制御できれば、電灯のスイッチやテレビ、さらには人工腕も操作できる「ブレイン=コンピューター・インターフェース」(BCI)という技術です。
c0012640_20483111.jpg
頭蓋骨の内部、大脳の運動皮質と呼ばれる部位にコンピューターチップを埋め込んで、ニューロン(神経細胞)からの情報を、信号をデジタル化する機器に伝達できるそうです。現在は、臨床実験の段階で、感染症や脳に損傷すら被りかねないリスクと、高いコストという問題もあり、逆に頭の外側に取り付けられたBCIを埋め込み型の装置と同じレベルで脳波を認知するという手法も検討されたが難しいとのことです。しかし、認知科学の究極の目標は、「さまざまな観念など、より高度な認知活動」に置かれているそうです。

もし、誰でも安価に安全なBCIが手に入れることが出来る時代がやって来たら、皆さま、どんなことをやってみたいと思いますか?
hkomさんの「Brain Computer-現実化の衝撃!」にTBしました。

by hide3190ymo | 2005-05-12 20:50 | 人間科学