<   2011年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧
モネとジヴェルニーの画家たち @ Bukamura ザ・ミュージアム
c0012640_16534257.jpg
昨日、Bukamura ザ・ミュージアムで、「モネとジヴェルニーの画家たち」展を見に行きました。私自身は、未来派とかシュールレアリスムとか20世紀初頭の前衛的な絵画が好きなのですが、去年の8月に横浜美術館で、「印象派とエコール・ド・パリ展」を見て、「印象派って、なかなかいいじゃん!」と思うようになりました。

しかも、同じ印象派でも、横浜美術館の展示より、今回のBunkamuraザ・ミュージアムの方が、展示の仕方が優れていて、油絵のタッチ(絵の具の塗り方)がよく見えて、どういう順番でどの部分を書いたのかが見えてくるくらい、印象派の絵画の魅力を引き出せる、照明の当て方が、良かったと思います。

今回の展覧会は、ジャンルによるテーマというより、ある場所をテーマに絞って作品を展示していた企画そのものも、興味深いものでした。絵画は、本物を見ると、教科書で見るのと違って、全然素晴らしいものでした。音楽も、CDで聴くより、生演奏を聴いた方がいいミュージシャンが多いのと同じかも知れません。

印象派は、19世紀の風景画・人物画のジャンルであり、今までの絶対王政支配下の宗教絵画や歴史・神話の絵画から、市民革命が起きて、市民の自由な表現が出来るようになり、産業革命が各地で起きて鉄道網が発達して、様々な場所に出かけて、風景画を書くようになり、20世紀の抽象的で前衛的な絵画を生み出すきっかけとなった、音楽で言えば、ビートルズと同じくらい重要な存在だったのです。

今回の展覧会のテーマとなったジヴェルニーは、パリから80kmくらい北西に離れたフランスの農村で、近くまで鉄道網がある場所で、セーヌ河や丘陵の織り成す田園風景が、印象派を代表する画家であるクロード・モネの心を捉え、やがて、ここに住むようになりました。睡蓮、積みわら、ポプラ並木を描いて、世界の画家の注目する村になりました。

モネが移住した当時、300人くらいの人口の村でしたが、モネの友人のセザンヌやボナールのみならず、19ヶ国を超す300人以上の人が訪れるようになりました。特に印象派の絵画を早く受け容れたアメリカの画家たちが、50人を超えるくらい移住するようになり、芸術家の共同体すなわちコロニーが形成されて、英語の芸術家村が出来て、そこには、ホテルやテニスコートも作られていました。

このような理想的な芸術家村で描かれた、同じ場所でも時間や季節や見方によって変わっていく風景や、コロニーでの家庭生活などを集めたコレクションが、今回の展覧会のテーマでした。風景写真と違って、絵画は、ある風景の一瞬を固定させて描写ことは出来ないので、ある一瞬の風景を頭にイメージを入れて描くため、そのための様々な手法・技法の伝達や情報交換が、このようなコロニーのメリットでもあったそうです。

また、晩年のモネは必ずしも、このような英語村を歓迎しないようになり、土地をさらに購入して、家庭菜園や果樹園、100種以上の花がある花壇を作り、日本庭園を模倣したひょうたん池に、自らの手で橋をかけて、それをモチーフに絵画も作ったそうです。また、モネは、食卓のある部屋に、日本画のコレクションを飾っていて、当時の印象派が、日本画の影響を受けていたのではないかという考え方もあるそうです。

この様子は、今回の展示の出口の映写室で説明がありました。私も美術館で流れる映写室は、だいたいパスしてしまうのですが、今回は、印象派の各作品が、どこで描かれたかを推測した写真と絵画が、対比して説明されているので、ここは見るべし!です。

また、クロード・モネは、絵画だけでなく、自分の住宅・庭園や料理まで、描こうとするものを、こだわりを持って、創作してしまう、素晴らしい才能の持ち主で、ミュージアム・ショップで、「モネ 庭とレシピ」を買いました。

しかし、美術館に行くと、なぜチケット代を上回る画集を買ってしまうのか、お金が減るだけでなく、本棚も、がさばって、年を重ねるうちに、だんだん本やCDが増えて、ダンボール箱に詰めている状態でして、でも、絵画は、DVDをスクリーンで見るより、紙で眺めたいので、画集を買ってしまうのです。

この展覧会は、建築や造園や庭師の仕事をしている方や、ガーデニングが趣味の方にも、是非、見ていただきたい、オススメ展覧会です。Bunkamuraザ・ミュージアムで、2011年2月17日(木)まで、開催しています。

(今日のYouTubeその2) COLORS / 宇多田ヒカル
by hide3190ymo | 2011-01-16 16:53 | 舞台&美術
LIAISON CAFE @ 渋谷・宇田川町 超オススメ CAFE!
c0012640_8124866.jpg
昨日の午後、渋谷へBUNKAMURA ミュージアムの「モネとジヴェルニーの画家達」を鑑賞してきまして、その時に井の頭通りにある「LIAISON CAFE」に行きました。

LIAISON Cafeは、ちょっとした身内のお祝いパーティ等にも楽しく使えそうな場所で、LIVE企画もあります。

また、このお店の料理人になっている、くじらいさんは、去年の秋に開店するCAFEの料理人になるために練習として、去年の5月に黄金町にある「初音スタジオ」で、レンタルキッチンをしていまして、彼女の友達の結婚式で、焼いた豚肉丸焼きの余りを使って調理した、めちゃめちゃ美味しいカレーライスを作っていました。

彼女とは、8ヶ月ぶりの再会でしたが、顔を覚えていてもらえました。昨日、食べたLIAISON特製の焼豚チャーハンも、また、めちゃくちゃ美味しくて、食べたことない味だけれど、懐かしい味って、感じがします。

渋谷のハチ公口の交差点で右折して、西武百貨店のA棟とB棟の間をくぐりぬけると、井の頭通りに行きますと、LOFTの脇を通って、宇田川町交番を右に行くと、TOUKYU HANDSがありますので、そのまま神南小学校前の交差点を直進すると、マンハッタン・レコードがありますので、その右隣の黒人HIP-HOPらしき外壁の建物があるので、その中に、LAISON CAFEがあります。

シアター・コクーンで観劇の後で、オーチャードホールや渋谷CCレモンホールやSHIBUYA-AXでコンサートを聴いた後で、クラブ・クアトロやSHIBUYA-Oeastで踊った後で、是非、寄ってみてくださいませ。お友達同志でお話をするにも、1人で自分の時間にひたるにも、ナイス・スポットだと思います。

More 続きを読んでくださいませ。 読まなきゃ、損! 読んでくれなきゃ、泣いちゃうぞ!
by hide3190ymo | 2011-01-16 09:35 | ショッピング&グルメ
My Daily Landscape / January.2011 Vol.2
c0012640_2192590.jpg
「毎日、通っている場所でも、時間が経てば、景観は変化していく。」という仮説を立てて、このコーナーを作ってみましたが、秋のように、毎週、紅葉・黄葉が、色づき始め、真っ盛りとなり、やがて枯れていく時期と違って、冬なんて、そんなに写真を写すところなんて、ないだろうと思っていましたが、そうでもないのですね。

冬の景色は、意外と、紅色の葉や実が多いのと、地元のボランティアの方々が花壇を作っていることと、広葉樹が、葉っぱがなくても、「樹形」すなわち、枝の構成が樹木によってバラエティに富んでいることに、気がつきました。

メタボ防止のために、運動療法として、朝の徒歩通勤と、昼休みのお散歩をしていますが、カメラを持って歩くと、より楽しいです。ただ、ひとつの部分にこだわってしまうと、思わぬ時間のロスになり、遅刻してしまうので、そこは注意して、余裕を持って、早起きしています。

More 続きをご欄くださいませ。 写真 480×360 サイズ 計18枚。
by hide3190ymo | 2011-01-14 21:24 | 都市デザイン
あと、1日。 (その6)
c0012640_19442146.jpg
明日で、1週間の仕事が終わります。
ガンバロー。
週末は、君に会いに行こうかな。

 (今日のYouTube) ひとつだけ / 忌野清志郎×矢野顕子 
by hide3190ymo | 2011-01-13 19:57 | 人間科学
幸福(しあわせ)とは?
c0012640_20413493.jpg
朝、U2の「Beautyful Day」を聴いて、目を覚ますことができる幸せ。
タンスを開けて、今日は、どの色のネクタイにしようか選ぶことができる幸せ。
通勤電車を降りて、コンビニで缶コーヒーを買って飲むことができる幸せ。

会議で、自由に自分の意見を言うことができる幸せ。
昼休み、パン屋さんで、好きなパンを選ぶことができる幸せ。
昼食後、オフィスの前の大通りを歩くことが出来る幸せ。

いい仕事が出来て、お客さまから「ありがとうございます」と感謝される幸せ。
後輩から、「先輩、これを教えてほしいのですが」と頼られる幸せ。
帰るとき、「お先に失礼します」「お疲れ様です」と言い合える幸せ。

帰りの電車の中、iPODで、宮沢和史の歌を聴いて、音楽を味わうことができる幸せ。
家に帰って、あったかいお風呂に入ることができる幸せ。
今日のニュースを見て、ツイッターで、つぶやくことが出来る幸せ。

きっと、「何かが出来る」と感じた瞬間を、人は「幸福」と呼ぶのだろう。

(今日のYouTube) 中央線 / 宮沢和史+小田和正
by hide3190ymo | 2011-01-11 20:54 | ポエムの広場
Thank you and Good Bye! 明日、HMV横浜VIVRE 閉店 
c0012640_2015389.jpg
明日で、HMV横浜VIVRE店が閉店します。長い間、HMV横浜VIVRE店と、有燐堂(本屋)が、私のライフスタイルの中に、組み込まれていたので、とても、悲しいことです。私達の世代は、やっぱり、データにお金を払うのでなく、CDという物体で買い物をしたい、アナログ人間なのです。

私自身は、初めて音楽を聴いたのは、中学生の頃で、ちょうど、YMOが「SERVICE」という解散アルバムを出し、海外では、ヒューマンリーグや、トーキングヘッズが流行っていた時代でして、経済的にも、レコードが買えなかったので、「You & I (友&愛)」でレンタルして、カセットテープに吹き込み、ソニーのウォークマンで聴いていました。

大学になってから、筑波学園研究都市に行って、CDの方がメジャーになり、やはり、「You & I (友&愛)」学園都市店で、XTCや、アズテックカメラを聴きつつも、ローリング・ストーンズ、デビッド・ボウイ、セックス・ピストルズ等の古き良き洋楽を聴いていました。また、イカ天ブームで、たま、フライング・キッズ等を、聴きました。

就職してからは、伊勢佐木モールのマルイにあったVirgin Mega Storeで、ワールドミュージックを聴き、ユッスー・ンドゥールや、THE BOOM、上々颱風など、CDを買って聴くようになりました。しばらく、一級建築士の受験勉強で、U2と、Ace Of Base、布袋寅泰など、一部のアーチストだけを聴いていました。

青年海外協力隊帰国後、ヴァージン・メガ・ストアと、マルイそのものが関内から撤退し、代わりに、HMV横浜VIVRE店に通うようになりました。ここで、ストロークスや、BRITISH SEA POWERなど、オルタナティブ系音楽に目覚めました。そして、ブログ・サービスが始まり、最初は、OCNブログ人で、坂本龍一などNEW AGE音楽の紹介をしていましたが、画像の容量が多すぎて有料になったので、ブログを削除してしまったので、ひどく後悔しました。

エキサイトに乗り換えてブログを始めたら、意外に多い、UKロックのファン、どうも、その根源には、サマーソニックや、フジロック等の音楽フェスから来ているようだと知って、私も、夏フェスに行き、サマソニでは、AMUSEMENT PARK ON FIRE、フジロックでは、BLONDE REDHEAD等のポストロック系に目覚めましたが、引き続き、ピチカート・ファイブ、コーネリアス、カヒミ・カリィ等のシブヤ系POPSも聴いていました。

それで、今、ハマっているのは、わが横浜出身、brocken little sister、これは、HMV横浜VIVREの紹介がなければ、絶対に知らないアーチストでした。

そんなHMV横浜VIVREが、この街から、消えていく! 悲しいやら、寂しいやら。

今日は、輸入盤CDと、DVDを、全品30%引き、閉店セールをやっていました。皆、考えることは同じなのか、昨年末にリリースされたキース・リチャーズのベスト・アルバムは品切れ、今年のサマソニに参戦決定のストロークスと、レッチリの過去の輸入盤は、全て品切れ、唯一、去年、買いそびれたAMUSEMENT PARK ON FIREの新譜を、電話で予約して仮置きしてもらいました。

古き良きCDが残っていないか期待したけれど、DURAN DURANのベスト盤、セックス・ピストルズも在庫がなく、U2で輸入盤が残っていたのは、「October」のみ、DAVID BOWIEも、「DIAMOND DOGS」等が少し残っているだけ、でも、大物発掘しました。

ブライアン・イーノ先生の「BEFORE AND AFTER SCIENCE」、超名盤です!

今日は、輸入盤6枚も買ったけれど、4ケタの値段で、予算内でした。

ラクロスや、brocken little sister等、やたらポストロックに詳しいインディ担当OTBさんの行き先を、店頭のお姉さんに聴いたら、池袋の方に行くそうで、ガーン、ワールドポーターズにも、ららぽーと横浜にも、来てくれなったのようです。

「感謝」と書いたタオルを、お客さん1人1人に配っていて、ブルーとピンクの2種類のタオルがあって、お店のお姉さんが、「どちらがいいですか?」と尋ねるので、優柔不断な私は、「う~ん、自分で身につけるなら、ブルーがいいけれど、誰かにプレゼントするなら、ピンクがいいし。」と悩んでいたら、お姉さんが微笑んで、「じゃあ、両方あげちゃいます。」と言って、2枚くれたので、惚れそうになり、思わず、「結婚を前提に、僕とお付き合いしていただけませんか?」と言いたくなりました。

会場では、イベント・スペースを作って、今日の夜は、レゲエのDJ、明日は、クレージー・ケン・バンドが来るそうです。詳しくは、HMV横浜VIVRE店のWEBサイトから、どうぞ。

(本日購入CD)
① BEFORE AND AFTER SCIENCE / BRIAN ENO
② SOUNDS OF UNIVERSE / DEPECHE MODE
③ THE BEGINNING / BLACK EYED PEAS
④ YOU ARE THE NIGHT / DELUCA
⑤ FIGHT SOFTLY / RUBY SUNS
⑥ ROAD EYES / AMUSEMENT PARK ON FIRE

More 2度と見れないHMV景色の写真集18枚。
by hide3190ymo | 2011-01-09 21:04 | ショッピング&グルメ
最近聴いている邦楽 【2011年1月号】
あけましておめでとうございます。

年始早々、音楽を聴き入れることが出来なくて、静寂の中で引きこもっていましたが、それでも、心にすんなり入ってこれる音楽はあるものなのですね。

毎月は、紹介できないかも知れないけれど、私のペースで、お役に立てるなら、どうぞ、お読みください。

memories,violet&demons / メモリーズ・バイオレット・アンド・デーモンズ

broken little sister / Happy Prince / NATURE BLISS INC.


brocken little sister は、わが横浜のクラブシーン発の堀内Shinji 、櫻田Keiko、加藤Takeshi、のドラムレス3ピースバンド、堀内・櫻田が、Vocal Electric guitar、加藤が、bassを担当、シンセサイザーは3人とも担当、シュゲイズなギター・レイヤーと、美麗なるエレクトロニカサウンドで、甘い男女ヴォーカルという、日本人では、Blonde redheadのKAZU以来、珍しいポストロック系サウンド。オランダのエレクロポップAnderson、エストニアのシューゲイザーPia Fraus、ドイツのUlrich Schnassの来日ツアーで共演、何度リピートしても飽きないし、元気なときは踊れるし、体調悪いときは癒される、もう既に私の中では、今年No.1のアーチストになっています。試聴サイトは、こちら(My Space)です。

New Acoustic Tale

OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND / トイズファクトリー


邦楽というより、ワールドミュージックに分類したい、オーバーグラウンド・アコースティック・アンダーグラウンド、去年のフジロック・フェスティバル、カウントダウン・ジャパンにも出演したアーチストです。MARTIN(Vo/violine/Acoustic G)、TOSHI-LOW(Vo/Acoustic G)、KOHKI(Acoustic G)、MAKOTO(Wood Base)、RONZI(Dr)、KAKUEI(Perc.)の6人からなるバンド、どこかユッスー・ンドゥールが歌いそうなアフリカンなパーカッションや、スコットランドの民俗音楽をバイオリンで弾いたような感じや、カントリーミュージックや、いろいろな要素が混じっていながら、でも、日本語の歌もあり、気軽に口ずさめるという、興味深いバンドです。試聴サイトは、こちらです。

Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2【DVD特典なし・初回盤】

宇多田ヒカル / EMIミュージック・ジャパン


宇多田ヒカルちゃんとか浜崎あゆみさんとか、日本の大衆文化としてヒットしているアーチストでも、好きです。ヒカルちゃんの歌は「COLOURS」と、「SINGLE COLLECTION VOL.1」を持っています。その後、私自身がテレビを見ていなかったのもありますが、その後のヒット曲を知らなかったので、このアルバムを聴いています。Vol.1の頃は、ジャミロクワイ風のダンスミュージックという感じでしたが、Vol.2の方は、ヒカルちゃんの音楽性が、どんどん変わってきて、外向的な音楽から、次第に内向的な音楽になっていくようです。ヒカルちゃんは、歌詞を書いてから曲を作るタイプではなく、曲を作ってから歌詞をつけていくタイプな気がしますが、歌詞が、すごくツライ感情の曲が多くて、自分の心と重なって、正月3ヶ日は、ヒカルちゃんの曲が痛く感じて、聴けない時期が、ありましたが、この3連休は、また彼女の曲を楽しんでいます。試聴サイトは、こちらです。

(今日のYouTube) silence / broken little sister
 根岸森林公園(明治時代の競馬場を史跡とした公園)がロケ地になっています。

More 【バックナンバー】
by hide3190ymo | 2011-01-09 10:26 | 音楽&映像
初詣と蒔田公園
c0012640_18285985.jpg
お三の宮日枝神社で、初詣をしてきました。10円しか納めてませんが、手を合わせて、「会社クビになりませんように。」「うつ病が治りますように。」「世界が平和でありますように。」と祈り、おみくじをひいたら、大吉が出て、ラッキー!しかし、よく読むと「待ち人 来ません。良き便りあり」「金運 上運ですが 借金をすると金運が逃げます 自重しなさい」等、良いのか悪いのか分からんわー。平成29年度の厄年は、私は、とり年の男性ですので、「後厄」となっています。去年が厄年だったということ自体、今、知ったのですが。
c0012640_18382274.jpg
近所の蒔田公園まで散歩してきました。それから、180件もたまっていたメールチェックと、年賀状を整理しました。年賀状、ありがとうございます。なんか、こうして読むと、私の友人、個性が強い人が多いなー。やっと、正月中にやらなくちゃいけない私生活の宿題も終わり、明日こそ、HMV横浜ビブレの閉店セールに行きたいでございマッスル。

More お散歩ルート 自宅→お三の宮日枝神社→蒔田公園→大岡川→自宅
by hide3190ymo | 2011-01-08 18:45 | 都市デザイン
My Daily Landscape / January.2011 Vol.1
c0012640_20353619.jpg
改めて、あけましておめでとうございます。人それぞれ、価値観まちまち、多様性が共存している世界だからこそ、「妥協=COMPROMISE」というものが大切であり、生きにくかったり、生かされたり、しているんだと思います。

12月28日のカウントダウン・ジャパンで「くるり」を見たときは、最高の瞬間だったけれど、「今年は、年末年始、どこにも行かないし、羽目を外すか!」と思って、29日に遊び過ぎてしまい、30・31日は大丈夫だったのに、年が明けてから、急に悪魔に呪われたかのように体力が消耗し、虚無感が走り、脳みそに穴がぽっかり空いて、「自業自得」以外、何事でもない愚かな自分に、自己嫌悪に陥りました。

1月2日・3日には、初詣にも行けず、親戚にも顔を合わせられずに、ひきこもり、1月4日に、精神科に通院し、医師に相談し、今週1週間の様子を見て、ダメだったら、少し、病気休暇を取るということで、上司にも報告しました。

ひどい抑うつ状態に陥ったときは、「なるべくゴロゴロしてエネルギーを溜めて、気晴らしの散歩程度くらいをする」という治療法しかなく、今回は希死念慮もないので、回復はすると信じてはいましたが、これ以上、病気休暇を取ると、雇用そのものが危険なので、早く治したいと、ただ祈りながら、リハリビをしていました。

でも、昨日から、回復の兆しが見えて、2日間、フル出勤できました。何度も、コンビニでユンケルを買おうかと思いましたが、必ず反動が出ますので、耐えて労働するしかありませんでした。私に一番、欠けているのは、「自信」だし、自信は「努力」をすることでしか取り戻す方法はありません。

そんな私の目にも、都市の風景は、誰にも等しく、光と影を見せていました。いい写真を撮ろうという集中力も意欲も皆無なのですが、たまに、指が勝手に動くようです。「あ、この風景、素晴らしい!」と思ったものは、殆ど、写せませんでしたが、1月でもなお残っているイチョウの黄葉をUPしようと、更新しました。

More 続きをご欄くださいませ。(写真18枚 480×360 サイズ)
by hide3190ymo | 2011-01-07 21:04 | 都市デザイン
ごめんなさい、また調子悪くて、お休みします。
c0012640_18175046.jpg
年末はしゃぎ過ぎたのか、かなり体調を崩してしまい、自己嫌悪に陥りつつ、お休みします。
明日から会社です。(涙)

(今日のYouTube) ちょっとツラインダ / THE BEATNIKS
 ビートニクス=高橋幸宏+鈴木慶一
by hide3190ymo | 2011-01-03 18:21 | PC・IT・Web