<   2011年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧
Tango Libre Encuentro 2011 Japon Tour ~アルゼンチンタンゴの風~
c0012640_19132969.jpg
c0012640_19133893.jpg
c0012640_19134791.jpg

昨日の夕方、バンドネオン奏者の小川紀美代さんと、ピアニストのJose Hernan CibilsのLIVEを見に、MOTION BLUE YOKOHAMAへ行きました。小川紀美代さんの左指が良く見える席をキープしようと、ステージに向かって、右斜め前の席を選びました。

MOTION BLUE YOKOHAMAは、BLUE NOTE TOKYO系列のお店でして、野崎良太のプロジェクトJazztonik(ジャズとエレクトロニカの融合)や、US3(ジャズとヒップホップの融合)等を見に行っています。

小川紀美代さんは、秋山羊子さんと、時々、共演していらっしゃる方で、まだ2人の共演は見たことがないのですが、この2人が共演するなら、北海道に行ってでも、見に行きたい!って、感じの素敵なバンドネオン奏者です。

ピアノのホセさんが、とても愛嬌のある方で、「この素晴らしいロケーションで、この綺麗なバンドネオン奏者・小川紀美代さん!」と日本語で、喜びを表現していました。地元民にとって、横浜のロケーションを褒めてもらえるのは、もう自分が褒められたのと同じくらい嬉しいものです。

「下町のロレンス」は、小川紀美代さんのソロとはまた雰囲気の違うアップテンポな曲で、小川紀美代さんも、ご機嫌そうで、ニコニコして弾いていました。演奏者が楽しい顔をしていると、観客席もとても楽しいです。

アルゼンチン・サンバや、フォルクローレなど、同じアルゼンチン音楽でも、いろいろな種類の音楽があると知って勉強になりました。

ホセさんと小川紀美代さんは、本当に波長がピッタリで、お互いにリスペクトし合っている感じが、伝わってきました。小川紀美代さんのお話では、「私もスペイン語は少し、英語も少ししか話せない、ホセも日本語が少し。どうやってコミュニケーションしているの?って聞かれるけれど、ホセは「分かってくれようとする」のです。」ということでした。

「分かってくれようとする気持ち」それが異文化コミュニケーションなんだなぁと思いました。冷たい雨の降る午後ですが、2人の演奏であたたかい気持ちになって、過ごせました。
c0012640_19142881.jpg
c0012640_19143620.jpg
c0012640_19144566.jpg

by hide3190ymo | 2011-05-30 19:14 | 舞台&美術
「狂った手」 / 秋山羊子さん 3rd アルバム。
c0012640_11233343.jpg秋山羊子さんの3rdアルバム「狂った手」を、直接、HITSUJILABOに予約しまして、5月23日発売日ジャストに届きました。

羊子さんの自筆の字で、住所と名前が書いてありまして、味のある紙袋に包装して入っていました。嬉しかったです。

写真家の栗原葉子さんが撮影したジャケットや歌詞カードには入った写真が、とてもいい感じに仕上がっていました。彼女の写す人物写真って、表情を良く捉えていて、素敵だなぁと思います。

「曲についての羊子メモ」が、歌詞カードのラストページにあって、羊子さんの1曲1曲への想いが言葉になって掲載されています。

やっぱり、こういうのがあるから、音楽は、やっぱりホームページでダウンロードするより、アルバムで買いたいものです。

福岡のバンドBigmamaのカバー曲「夜の過ごし方」と、オリジナルの新曲6曲、セルフカバー新曲4曲、ライブハウスで即興で作った新曲「晴れ豆ソング」12曲入り。

梅津和時さんのサックスやクラリネットの管楽器が、秋山羊子さんの歌と、強弱のあるピアノの音に、色を添えています。シンプルな構成だけれど、そこがまた彼女の音楽の魅力を引き立ています。

個人的には、タイトル曲「狂った手」「向かえのレストラン」「晴れ豆ソング」が、お気に入りです。「狂った手」の風船がスルスル抜けていく感じがいいです。「向かえのレストラン」は、もう会えない人への想い、私の気持ちを代弁してくれるような歌でした。「晴れ豆ソング」は、とにかくライブ感覚があって良いです。

彼女の音楽の魅力は、言葉でも伝えるのが難しくて、こんな感じの紹介でいいのかなー、と思うけれど、出来るだけ、多くの人に、秋山羊子さんの歌を聴いてほしいという願いもあって、感想レビューを書いてみました。

私は音楽を自分の部屋のミニコンポで聴いていますが、今回のアルバムは、臨場感があって、自分の部屋がライブハウスになったような感じです。

唯一、寂しいのは、ライブハウスにいるようなアルバムを全部聞き終わった後で、「羊子さん、今日は楽しかったよ。また来るね。」と、私が直接、羊子さんの目を見て話せないことでして、これは、また、ライブに行きたいなぁ、と思ってしまうアルバムです。

言っとくけど、買わなきゃ損よ。

(今日のYouTube) 指一本で倒されるだろう / 秋山羊子
by hide3190ymo | 2011-05-29 11:49 | 音楽&映像
My Daily Landscape / May.2011 Vol.4
c0012640_11365418.jpg
c0012640_1137270.jpg

c0012640_11371048.jpg

山下公園の薔薇が見頃というときに、もう、梅雨入りなんだそうです。てっきり五月雨だと思っていたのですが、そうでもないみたいです。

5月23日(月)~5月27日(金)の横浜デルタ(中村川と大岡川と横浜港に囲まれた三角州)の風景をお楽しみくださいませ。

More 480×360 サイズ 写真 15枚。
by hide3190ymo | 2011-05-28 11:44 | 都市デザイン
アクセス220,000件突破。
c0012640_1965768.jpg
c0012640_197636.jpg
本日、当ブログがアクセス220,000件を突破しました。
ご愛読ありがとうございます。

ただ、素直に喜べない部分も、あります。

幸福なときより、不幸な時の方がアクセスが高いですし、このブログはあくまで「私の作品」であって、「私自身」ではないわけです。私の肉体は、wwwの世界ではなく、横浜を中心に地球上に実在していますので。

心配して見ていただいている方も、「他人の不幸は蜜の味」と思っている奴も、同じ1件として、カウントされますので、あくまで、評価とアクセス数が比例するとは、思っていません。

といいつつ、こんな記事を書いているのは、ほんとうは、こころの中で、嬉しいのでしょうか。自分のマニアぶりを見て、自分でニヤニヤ笑い、そんな自分が、大嫌いです。

それにしても、私の肉体は、宇宙船地球号にあるとして、私の「こころ」は、どこにあるのでしょう? 「こころ」って、左脳にも右脳にも心臓にもないようです。

誰か、「こころ」がどこにあるのか、ご存じでしたら、教えてください。
c0012640_19161883.jpg
c0012640_19162798.jpg
c0012640_19163455.jpg
c0012640_19164473.jpg

(今日のYouTube) MORAL / BOØWY

 COMPLEXが7月に再結成されますが、 BOØWYも再活動するのでしょうか。
 再結成して、以前より良くなったバンドって、YMOくらいだと思うのですが。
 一番、ひどい再結成は、サディスティック・ミカ・バンドかなぁ。ミカいないし。
by hide3190ymo | 2011-05-26 19:16 | PC・IT・Web
だらだら日記 H230524~H230527
c0012640_20174168.jpg
幸福、短時間で終わったので、また、毎日RSSに出すほどのない程度の日記を書きます。

【H230526】

一級建築士だけでは、40歳以降の再就職は難しいので、構造専攻建築士か福祉住環境コーディネーターを取得しようと思いましたが、建築適合判定資格者試験なら、仮に落ちたとしても、勉強したことが無駄にはならないので、申込書を取ってきました。講習会と試験の時期が、サマソニやWORLD HAPPINESSの時期と重なっているので、仕事と音楽鑑賞と受験勉強と大腸内視鏡検査(去年、悪性の腫瘍が見つかったため)の両立が出来るか苦しいが、どんな状況下でも、自分を甘やかさずに、向上心を持ち続けて生きていたいです。

【H230525】

先週、ずっとテンパっていたので、急に疲れが出ました。事務作業は進まないのに、議論をすると相手を追い込むまで、突き詰めるのは、抗うつ剤のせいではなく、もともとの性格。

今日は、歯医者に行き、4月にKンタッキーFライドTキンで、鳥の胸肉の骨が、歯の根元に刺さり、神経がまで届くようになりました。それでも、使える歯は出来るだけ残してくれる名医でありがたいです。

【H230524】

2つのプロジェクトが同時に進行しつつ、日常業務をやっているので、失恋で悲しむ余裕すらなく、時間に追われています。というか、かなりピリピリしていて、周囲の人間に対して厳しくなる、体調が悪いときは助けてもらっているくせに。

しかも、コンタクトレンズがトラぶってしまい、メガネのPリ・Mキで見てもらいました。悲しいときに限って、眼医者だの、歯医者だの、運転免許証の更新だの、マジで疲れます。

ソウル・フラワー・ユニオンのライブは、やっぱりメガネでなく、コンタクトで行きたいです。

(今週のYouTube) 復興節 / ソウル・フラワー・モノノケ・サミット

 中川敬が、阪神淡路大震災の被災地から、無電気のちんどんバンドとして、ライブをやっていた頃の映像と思われます。彼が東日本大震災のチャリティとして、6月にリリースするアコースティック・ソロ・アルバム『街道筋の着地しないブルース』が、楽しみです。
by hide3190ymo | 2011-05-24 20:19 | 自分史を書く
Greenroom Festival @ 横浜赤レンガ倉庫野外特設ステージ
c0012640_18282742.jpg
c0012640_18283584.jpg
c0012640_18284555.jpg
c0012640_18285357.jpg
c0012640_18391131.jpg
c0012640_1829061.jpg

今日、Greenroom Festival を見に、赤レンガ倉庫パークにある野外特設会場に行きました。LITTLE TEMPO⇒HAYLEY SALES⇒GRAPEVINE⇒salyu×salyuと見てきましたが、強雨と肉体疲労で16時で帰宅しました。

LITTLE TEMPOは、トロピカルなロックで、2人のパーカニストを中心に構成していて、予習なくても踊れました。

続いて、カナダからのゲスト、サーファーポップでお馴染みのHAYLEY SALES、最前列のど真ん中で、参戦しました。ギターが、ダーリンだそうです。ヒット曲「Not In His Garden」盛り上がり、最後は有名な曲(タイトル忘れた)をみんなで合唱しました。

GRAPEVINE、雲行きが怪しくなり、雨がポツリポツリ振り出しました。ブリティッシュロックっぽい感じで、ヴォーカルもイケメン、フェスの帝王バンドという感じでした。「こんなに強風の中でやったの、初めてだなぁ。」と言っていました。

栄養補給でタコライスを買って食べて、お目当てのアーチスト、salyu×salyuを見てきました。ゲストに、ギター&ベースで小山田圭吾(コーネリアス)と、キーボード&ベースで大野由美子(Buffullo Daghter)が出ていました。ノイズと美声と素晴らしいハーモニーでした。

今日、地元だからと言って、無防備な服装で来てしまったので、寒すぎました。夏フェスの時期のどしゃ降りの雨と、5月の野外フェスの雨とでは、寒さが違います。お目当てのアーチストを見たので、急いで帰りました。
c0012640_20255653.jpg

(今日のYouTube) ただのともだち / salyu × salyu
by hide3190ymo | 2011-05-22 18:43 | 夏フェス・イベント等
エプソン・アクアミュージアム
c0012640_20205832.jpg
c0012640_2021894.jpg
c0012640_20211812.jpg
c0012640_20212682.jpg

品川駅から、とても近い水族館「エプソン・アクアミュージアム」に行きました。大切な人と行きました。これからも、ずーっと、ずーっと大切にしたい人と行きました。水族館は当然行けば楽しいのですが、そこで終わってしまってはいけません。

それは、私と一緒にいるから楽しいのではなく、単に水族館そのものが楽しいからです。、あとで、食事をして、メンタルな薬を飲んで働きながら通院をしていることも、今後、一生懸命、働き続けて行く気があることも、きちんと話し、これからも結婚を前提とした交際を続けてほしいことも、きちんと話しました。

相手から、優しい微笑みがこぼれてきて、ざっくばらんに、お互いのことを話せる関係になったと思いました。大切なのは、エッチしたり、いちゃいちゃしたりすることではなく、信頼関係を築くことが、何よりだと思いました。

皆さまに、伝えたいことがあります。私の若い頃は、合コンで一生懸命ナンパし、相手の住所と電話番号を聞きました。ところが私が中年になって、若い人達を見ていると、今や携帯のアドレスどころか、MIXIのハンドルネームの交換で済ます若い方々が増えています。インターネットは便利ですが、きちんとしたコミュニケーションの出来るツールではありません。

でも、本当に大切なこと、伝えたいことがあるならば、必ず、ちゃんと相手と会って、顔を突き合わせて、相手の目を見て話してください。

メールで別れ話をしたりとか、そういうの、絶対しちゃダメだよ。

(今日のYouTube) リンダ・リンダ / The Blue Hearts
by hide3190ymo | 2011-05-21 20:38 | 京急イメージアップ
My Daily Landscape / May.2011 Vol.3
c0012640_2305555.jpg
c0012640_20501167.jpg
c0012640_2050195.jpg

だんだん日が長くなって、帰り道でも、青空が見えます。いつまでも爽やかな初夏の陽気がいいけれど、また、蒸暑い灼熱の夏がやってくると思うと、ちと、やんなっちゃいます。

5月16日~5月20日までの横浜デルタ地帯(中村川と大岡川と横浜港に挟まれた光と闇の地域)の風景をお楽しみくださいませ。

More 480×360 サイズ 写真 15枚。
by hide3190ymo | 2011-05-20 20:57 | 都市デザイン
【TB企画】 初夏の横浜公園
爽やかな毎日が続きますネ。

ブログの原点に返って、エキサイトブログのトラックバック今週のテーマ
散歩で見つけた新緑&5月の一枚!」に、投稿してみます。

と言っても、優柔不断なので選べず、複数枚を掲載します。

題して、「目指せ!第5位以上!横浜ベイスターズ!」

画像をクリックすると、800×640サイズに拡大します。このエントリーに限り、一切の著作権を放棄し、画像のダウンロード及び無断使用は、全くOKです。
c0012640_18205191.jpg
c0012640_1821355.jpg
c0012640_18225521.jpg
c0012640_18213332.jpg
c0012640_18214238.jpg

「5月の新緑」のトラックバック、こちらでも受付けしています。

【新緑トラックバックURL】  
http://hide3190ym.exblog.jp/tb/16350641

※エキサイトブログ以外の方も、ご気軽にどうぞ。
by hide3190ymo | 2011-05-19 18:22 | 都市デザイン
環境問題と私。(その1)
c0012640_1924642.jpg

私の子供の頃は「四大公害病」が流行し、小学校の時にいじめに合って、中高一貫進学校のA野中学・高校に入り、浅Nセメントの創始者の銅像がある「銅像山」が校内にあって、ここから見える景色は、灰色の煙がもくもくと出ていた、汚染されたいた頃の京浜工業地帯でした。

高校で進路を選ぶときに、環境生物学や生態学を専攻して、環境問題に関わりのある仕事につきたいと思っていましたが、やっぱり、「都市」のあり方を見直すのが現実的だと思い、社会工学を勉強しようと思いました。

環境アセスメントに興味があって、T波大学の社会工学類で都市計画を専攻し、「地球環境問題の枠組内で、経済開発を考える」という環境経済学を習いました。しかし、実際に教わった講義は、環境リスクの問題で、リスクをこのように定義されていました。

リスク = Σ(被害の大きさ)×(被害の起きる確率)

この公式で定義されたリスクと、経済開発の費用便益分析(Cost Benefit Analysis)を、数学やコンピュータ(当時はまだUNIXの世界でした)を使って、行うわけですが、コンピュータが苦手なのと、上記の「リスク」を管理することに何の意味があるのだろうと思いました。

その頃、RCサクセションが、原発問題や反戦歌を歌ったアルバム「COVERS」が東芝EMIから発売禁止となり、インディースで売り出し、私もYOU&Iでレンタルして、共感していました。

被害が発生したら終わってしまうものを、なぜ、上記のような公式で示すのか、私は環境経済学の研究室には入らずに、結局、もともと美術系の好きだったので、「都市美」について評価する「都市デザイン」を専攻しました。

More 続きを読んでくださいませ。
by hide3190ymo | 2011-05-18 19:49 | 自分史を書く