<   2011年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧
爽やかな青空
c0012640_1831130.jpg
c0012640_18311173.jpg
c0012640_18312142.jpg

今日は、自宅から2Km半くらいの職場まで、徒歩通勤していました。
うん、私も、気負いすぎる傾向にあります。

今日のお昼休みは、リラックスして、日本大通りのパン屋さんで、焼きたてのパンを買って、イチョウ並木の下で食べました。

登山は、たとえ小さなハイキングでも、事前に打ち合わせをして、CL、SL、記録、渉外などの係や役割分担を決めて、共同装備の分担を決めて、現地警察に山行計画書を提出して、下山後は、横浜で留守番している遭難対策連絡員に安全に下山できたことを報告して、後日、文章を書かなければならない、とてもエネルギーのいることです。

本当に美しい自然のダイナミズムは、写真では伝わらない、言葉では言い表せない、そこまで努力して行く価値のあるものです。20代後半から30代前半までは、月に1回は、山に登っていましたが、30代後半~40代になると、中堅職員として社会が要求してくるものも増えますし、人員削減もガンガンやられていますので、仕事をするので、精一杯になり、年に2回、春と秋くらい行ければいいかなぁ、という感じになってきました。

今年は、節電対策があったうえに、職種が建築職という防災関係に関わる者としても、3.11以降、ずっと強いストレスが、かかっていました。

今、服薬している抗鬱剤Tを、医師との相談のうえ、40mg~60mgの範囲で、自己調節してよいことに、なっています。しかし、Tという薬は、頻脈の副作用が強く、服薬していると、殆ど登山はムリです。Tという薬を40mg飲みながら、山行の3日前からTという薬を抜いて、登山をすれば大丈夫ということが以前から分かっていて、やっていました。でも、今、60mgから40mgに減らすと、仕事に集中できない時間帯が出来るので、やむを得ず、60mgに服薬を戻しました。

11月に奥多摩にハイキングに行く計画があるので、それに合わせてコンディションを整えたいのですが、少なくとも、今週は40mgに減らせそうもありません。せめて、いつ抗鬱剤を減らせてもいいように、脚力だけはつけておこうと、涼しくなったことだし、また、朝の徒歩通勤を再開しました。

歩くことは、登山のためだけじゃなくて、自分の健康にも良いですし。

ただ、同じ街の風景を、毎日違う角度で写すのは、かなりくたびれるので、My Daily Landscapeのコーナーとか、ブログにおいて自分にノルマを課すのは、やめようと思います。そんなに反応もないし、もともと、ブログを始めたのは、自分の都合の良い時間帯、体調の良い時間帯に合わせて、少し自己表現ができるかな、と思っていた程度なので、あまり読んでいただいている方々の期待に応えようと、気負わない方がいいと思いました。

うん、絶対、そうだ。
何事もマイ・ペースで。

でも、私にとって、マイ・ペースって、すごく難しいかも。
性格かな。

(今日のYouTube) Slight Return / THE BLUETONES
 今週末、東京と大阪で、解散ツアーLIVEですネ。
by hide3190ymo | 2011-09-28 19:09 | ポジティブな話
大切な言葉はひとつ 「逃げないこと」
c0012640_1954267.jpg
c0012640_1955188.jpg
c0012640_1955964.jpg

大切な言葉は、ひとつ。「逃げないこと」。
生きていれば、必ず、ストレスが重なるときもある。

でも、私は、3年前に精神科を退院して、「もう、2度とここには戻らない」と誓ったはず。
逃げないこと。ただ、それだけいい。それで十分。

(今日のYouTube) 大切な言葉はひとつ「まだ君が好き」/ THE BEATNIKS   
  高橋幸宏×鈴木慶一のコンビです。
by hide3190ymo | 2011-09-26 19:09 | ポジティブな話
体調不良で行けなかった横須賀GWデモ
c0012640_18471559.jpg
c0012640_18473517.jpg

c0012640_19125393.jpg

今日、横須賀市のヴェルニー公園で、原子力空母ジョージ・ワシントンの横須賀配備3周年抗議集会に行く予定でしたが、体調不良により、参加できませんでした。

労働組合から動員があったわけではなくて、自らの意志で行きたいと思っていました。そのため、体調管理は、私なりにきちんとしていたし、当時の朝でないと分からない体調不良でした。

私は、原子力発電所のことも、放射能のことも、詳しく知らないけれど、自分の街のすぐそばに、治外法権があって、そこに福島第一原発の約半分の原子炉が、東京湾に浮かんでいるです。それがいかに危険か、小学生だって分かるでしょう。

もちろん、私1人がデモに参加できなかったからと言って、1万人が9999人になるわけではない、微力だけれど、「自分がどうありたいか」が大切なので、行きたかったです。

明日以降の仕事がフルタイム1週間でこなすことを考えると、私は自立支援手帳(重度かつ継続)に該当する精神障害者ですので、「働く」って簡単なことではありません。

「働く」って、確かに、ただ歯車のように動いていればいいわけではありません。会議で自分の意見を言う、協力し合う、後輩を育てる、社会ニーズを把握する、どうしたら良いプレゼンテーションになるか検討する、本当にエネルギーが必要。

だから、第1に健康、第2に仕事、第3に家族や友人、第4に趣味や地域活動、って、優先順位をつけて、生き抜くしかないのです。私だって、好きでそんな生き方を選択しているわけじゃない、もっと、やりたいことをやりたい、でも、働かなかったら、ライブに行く交通費どころか医療費だって出せないのです。

このまま、病気が治らず、年を取っていく。 
もう、イヤだ。

健康になって、生き方を変えたいんだ。
もう一度、野生に戻って、夢を追いかけたいんだ。

(今日のYouTube) Pink Spider / hide with spread beaver
by hide3190ymo | 2011-09-25 19:12 | 都市デザイン
自分の嫌いなところ。
c0012640_17571267.jpg
【自分の嫌いなところ】

① 極度な心配性。

 心配事があると。それが気になって、気になって、どうしようもない。
 夜、大胆に言ったことが、朝、急に心配になって、脅迫的な夢に、うなされる。
 他人に話せば、びっくりする。「なんで、そんなことで心配するの?」って。
 私は、確認できるまで、食事も手につかない、仕事も手につかない。

② 体調の良い時に計画したことが、体調の悪いときに実行できない。

 結局、誰かに頼んでしまい、負担にさせてしまう。

③ 責任感で押しつぶされてしまう。

 私だけの責任ではないのに、色々引き受けて後でつらくなる。

①~③は、私は、精神疾患にかかるまで、こんな性格ではなかった。もっと、自信過剰なエリート志向の人間だった。

他人と関わる以上、これらのことは、避けられないことで、でも、他人と関わらないで生きようとすると、自分の存在価値が見えなくなる。

どんなに年をとっても、全然、成長していない自分。情けない。

強くなりたい。

(今日のYouTube) What's The Frequency, Kenneth? / R.E.M
by hide3190ymo | 2011-09-24 14:50 | ネガティブな話
3度目の正直
c0012640_2274895.jpg

うーむ。
THE BEATNIKS、こんなに人気あったっけ?
by hide3190ymo | 2011-09-23 22:08 | 音楽&映像
「普天間」 青年劇場 @ 神奈川県立青少年センター
c0012640_19143813.jpg
c0012640_19144819.jpg
c0012640_19145872.jpg

今朝、なんか急に涼しくなって、疲れがたまっているなー、最近。と思いつつも、私の加盟している労働組合が事務局になっている「『普天間』を見る神奈川実行委員会」に参加を自らの意志で、行ってきました。

タイトル通り、民主党の公約違反をした沖縄県の普天間基地周辺の宜野湾市や名護市に住む人々の間で生じている「米軍基地に雇用されている人々」と「基地に環境破壊されて迷惑に思っている人々」との利害関係や摩擦、沖縄国際大学での本館に米軍ヘリが墜落した問題、沖縄少女暴行事件等が背景にあり、それぞれの登場人物が記憶を交錯させている芝居でした。

音楽やドキュメンタリー映画で、このような社会問題を扱うのは、なんとなくイメージ出来るけれど、でも、演劇でどうやるんだろう?演劇は世界を変えられるのか?ということについて、興味があってきました。ザ・ニュース・ペーパーのようコント風刺にしてしまう方法もありますし、京浜協同劇団のように、事件が起きている時代を演じるパターンもあります。

今回の「普天間」で、青年劇場が用いた方法は、あくまで「現代」という設定で、それぞれの登場人物の記憶が交錯して、米軍基地問題を自然にリアルに訴えていく方法で、時々、上空にヘリコプターが飛び交います。

劇団を経験している私の観点からすると、芝居の後半は、1人の個性的な女優が出ることによって、ムードがだいぶ変わっていきましたが、芝居の前半がセリフが流れてしまっている場面や、伝えたいことが多すぎて、説明的な台詞になりがちな場面があり、もう少しテーマを絞ってスリムな芝居にしないと、観客側に負担が来てしまいます。

多分、この芝居を見に来た方々は、ある程度、沖縄米軍基地移設問題に関心があって来ていると思うけれど、それでは内輪受けになってしまい、「米軍基地問題に興味を持っていない人でも、その演劇を見れば興味がもてる」というレベルに達するまでには、芝居の出だしの部分が、かなり重要なので、ここを上手くやらないと、演劇が、音楽や映画のように社会問題を訴えていくレベルには到達しないと思いました。

ただ、後半は、戦後、米軍占領下での特に女性の苦しみに焦点が当てられており、特に米軍兵を相手に売春をして米軍基地に詳しくなって内部告発をしている女性ブロガーや、米軍兵にレイプされて妊娠して子供を生んだ女性が、登場し、その心理描写は、すさまじく、「なかなかやるじゃん!青年劇場!」と、感じました。

私の父の話によると、横浜でも、GHQ占領下での米軍兵相手の売春婦の問題があり、性犯罪防止のため、国が売春婦を募集し、希望した女性以外を守るための政策があったそうです。いわゆる赤線(公的娼婦として認められた地域)や、青線(非公式な買収営業として認められた地域)が、黄金町界隈にもあり、売春禁止法が出来た後も暴力団関係者の手に渡り、営業が続けられてきました。

私が小さい頃、よく逗子海岸に遊びに連れていってくれた、今は亡き私の叔母も、売春行為で、妊娠して子供が出来てしまい、祖母から生まれた子供ということにして役所に届け、父の妹として、父はその子供の面倒を見るため、昼間は職人、夜間は工業高校に通い、一級建築士になりました。その子供の子供が、形式上、私の従妹となり、幼い頃、よく一緒に遊んだのですが、叔母の孫だったとは、高校生になるまで知りませんでした。ちなみに、その従妹は、今、看護師として働いています。というか、このブログ、呼んでるよね?(笑)

沖縄県に次いで、米軍基地の問題が多い神奈川県でも、似たような問題があり、他人事ではありませんでした。今回は、日米安保の問題よりも、女性の人権について、考えさせられる芝居でした。

そして、明後日、3連休の最終日で、あまり出かけたくないかも知れませんが、米空母ジョージ・ワシントン横須賀配備3周年抗議9・25集会が、横須賀ヴェルニー公園で13時30分から開会します。今回の東日本大震災で、三浦半島の活断層に歪みが生じていて、この東京湾に浮かぶ原子炉から首都圏を守るのは、緊急課題です。

もし、大地震で津波が来れば、この原子力空母は間違えなく接岸し、その衝動で船上の原子炉は崩壊されます。国の原子力発電所の原子炉の安全基準を満たされているか不明の管轄外の原子炉で、放射性物質の量は、福島第一原発の半分近いとされています。

私は善人でもないし、「偽善でもやらないよりマシ」という言葉は嫌いです。善か悪かではなく、地球市民としての住民エゴかも知れません。でも、自分たちや、次の世代に、地球の生息環境を残していきたいというのは、ホモ・サピエンスの本能として、当たり前です。

そして、大切なのは、「自分自身がどうありたいか」です。

当日、体調が悪くない限り、私は、私の仲間と集まります。
あなたも、私たちの仲間に加わっていただけたら、嬉しいです。

(今日のYouTube) 語り継ぐこと / 元ちとせ
by hide3190ymo | 2011-09-23 20:45 | 平和と国際連帯
【情報提供】 PAW’2011 『東北・復興week』
c0012640_19384971.jpg
c0012640_1939653.jpg

昨日の台風は、ひどかったですね。
上の写真は、今朝の横浜公園(横浜スタジアム外周の公園)

皆さま、ご無事だったでしょうか?

さて、東北地方3県(岩手県・宮城県・福島県)の劇団が、この3連休にも、相鉄本多劇場で、PAW’2011『東北・復興week』 において、公演しています。

下の画像は、サムネイルなので、クリックすると、ブラウザのサイズに合わせて、拡大できます。
c0012640_19364886.jpg

私は、青年劇場の「普天間」の横浜公演(SOLD OUTしていると思われます)と、原子力空母ジョージ・ワシントンの横須賀基地配備3周年抗議デモに行く予定なので、あまり、スケジュールをギッシリ詰め込むと、体調管理に影響するので、上記公演には行けないのですが、せめて、情報提供をと思い、ツイッターと、このブログで、なかなかマスメディアに出ない部分に、スポットを当てたいと思い、掲載しました。

3連休、何しようかなーと考えている神奈川県の皆さま、是非、ご欄くださいませ。

(今日のYouTube) Planet Earth / Duran Duran
by hide3190ymo | 2011-09-22 19:52 | 舞台&美術
今日のランチ (その17)
c0012640_1844594.jpg
c0012640_184572.jpg
c0012640_18452456.jpg
c0012640_18451655.jpg
c0012640_1845328.jpg

7月から9月まで、ランチタイム・シフトで、節電時のピークを避けるため、昼休みが、13時から14時になっています。今日は、ありあけのカフェで、ランチしました。

(今日のYouTube) Romanticが止まらない / C-C-B
by hide3190ymo | 2011-09-20 18:48 | ショッピング&グルメ
ふるんの小部屋 Vol.9 @ 北参道ストロボカフェ
c0012640_16391234.jpg
c0012640_1384635.jpg
c0012640_1385526.jpg

ふるんの小部屋Vol.9 へ、北参道ストロボカフェに行きました。カフェのホームページで見て、「大好評、大人気! この界隈では知らぬもののいにないという音楽愛好家ふるんさんの
セレクションによるスペシャルライブイベントです!」とのフレーズ、音楽愛好家のふるんさんって、どんな人なのだろう?と思って行きましたが、以前、秋山羊子さんの西荻窪サンジャックで、交流させていただいた方で、年間300本ライブを見る、それからブログに書いて、朝からは通常出勤なので、1日3時間しか寝ないけれど、元気バリバリの男性でした。しかも、企画Vol.9とは!

トップバッターは、佐奈枝さん、ギターを持って歌うシンガーソングライターで、多和田えみさんのような歌唱力を持ちながらも、よりエモーショナルな感じで、誰もが心で感じることをストレートに歌い上げるアーチストという感じで、彼女の実直さや優しい気持ちが、すごく伝わってきました。私の中で、要チェック・ミュージシャン(※)に加入です。音楽の完成度が高く、イベントの最初から、こんな素晴らしいミュージシャンが出たら、後の人は、どうするのだろう?と思うくらいです。

2ndバッターは、お馴染みのミュージシャンの秋山羊子さん、昨日は、音楽をぎっしり詰め込んで内容が濃く、MCとかは余興(←やる時は上々颱風の白崎映美さんよりすごいです)は、ワンマンライブの時に比べると少ないけれど、CDの売り込みトークは、ばっちりでした。「私の一番好きなアルバムは、私のアルバムです。」プロのミュージシャンが、自分のCDを宣伝するのは、当然のことだし、彼女のそういう素直で天然なところが好きです。

(ちなみに、星野源さんがデビューして、初ライブの時に、「是非、私のCDを買ってください、私の生活がかかっています!」と冗談をMCで話していましたが、実際に生活をかけて音楽をやっている、特にインディースのアーチストの方々は、尊敬しています。)

秋山羊子さんの歌は、佐奈枝さんとは対称的に、無意識の世界にある「心」を、意識の世界の明るみに出していく歌が多くて、こういう歌を作るのって、すごくシリアスなきつい作業だと思うけれど、そのネガティブな歌詞とは反対に、彼女のライブでの表情もメロディも明るい「みんな、ありのままでいいんだよ」という自己肯定できる気持ちになります。

昨日の羊子さんは、ピアノがあって、声にも張りがあって、まさに楽器ひとつで、ロックンロールを作り出している感じで、曲が進行するに連れて、だんだん盛り上がっていき、羊子さんとピアノが2人で、「魂の叫び」を感じました。うん、昨日の羊子さん、今まで見た中で、一番かっこいいかもです。

対バンのミュージシャン同志に影響するのかな? 佐奈枝さんも、すごいアーチストだったので、プラスの連鎖反応ってあるような感じがします。いや、これは、思い込みかも知れませんが。。。

ノラオンナさんは、ウクレレを片手に、大人の音楽を歌う感じでした。ストレートな音楽、エネルギッシュな音楽、アダルティな音楽と、素晴らしい3部構成でした。ふるんさん、ミュージシャンの方々、スタッフの方々、お疲れ様でした。

※要チェック・ミュージシャン・・・ 來々さん、ヒラヲユミさん、井波陽子さん、museyさん、 喜多直毅さん、佐奈枝さん、Unkown Little Bird、broken little sisiter、オムトン

More 【渋谷駅から北参道駅を出て街をぶらぶらしてストロボカフェに行く写真集】15枚。
by hide3190ymo | 2011-09-18 14:11 | 音楽&映像
なう、北参道。
c0012640_17464041.jpg

GA galleryで、建築家の安藤忠雄さんの展示と、パネルディスカッションをやっている様子です。これから、秋山羊子さんの出演するLIVEイベントへ行くところです。
by hide3190ymo | 2011-09-17 17:46 | 音楽&映像