<   2011年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧
明日の私へ (その37)
c0012640_18122960.jpg

明日の私へ

お前、絶対、会社へ行け!

人間、死ぬ気でやれば、何でも出来るんだよ!

生き甲斐とか、心の励みとか、そんなもの無くても生きてかなくちゃいけねえよ!

(今日のYouTubeその2) 死ぬまで生きろ! [Trailer] / ソウル・フラワー・ユニオン
by hide3190ymo | 2011-10-30 18:15 | 人間科学
あまりに青すぎる空。
c0012640_14154023.jpg
c0012640_1415493.jpg
c0012640_14155976.jpg

結局、山に登る3日前に、頻脈の原因となる抗鬱剤を抜いてみたけれど、2日めで「ヤバい!」と思い、元に戻しました。ここ数年は、このやり方で山に登っていまして、10月になって少し体調を戻したので、今こそ、もう一度、自分の生活サイクルにアウトドアを取り入れようと思いました。

でも、失敗しました。その後、目的の喪失や、ミニコンポの崩壊、かかりつけの歯医者が入院してしまい、ストレスが重なり、また、登山前に毎週のように渋谷に遊びに行った週末も、クタクタだったくせに、「このくらい出来ない奴が、山に登れるか!」と自分に奮起をかけていました。

普通の大人だったら、渋谷に行くだけでクタクタなら、登山なんてやめておこうと考えるのが普通。夏さんざん体調を崩して、秋になったら「体調が良好に向かって今こそ登山のきっかけ!」とか考えてしまい、無理が重なって体調をひどく崩しました。

会社に行って、仕事にならず、すぐ帰ってしまう、つらい1週間を過ごしていました。仕事場に行って動けなくなることのどんなに苦しいことか。自分も苦しいけれど、同僚が見てどんなに痛々しく映るだろう、医師は、別の新しい抗鬱剤を出したのですが、躁状態になってしまい、逆効果でかえって疲れてしまいました。

この土曜日・日曜日で何とか直さなくちゃと思い、今朝、気晴らしの散歩に出たら、クタクタ、生きていることすら嫌になってきました。出たり休んだりするのが一番迷惑なのは分かっていますが、残り休暇日数が気になって、入院も出来ません。

どこまでが努力が足りないのか、どこまでが無理しているのか、また、どこまでが病気で、どこまでが甘えや自己暗示なのか、その境界線が見えません。

私が死んだら、誰も許してくれないでしょう。非常階段から屋上へ登れそうなビルばかり探して、でも、そんなことする勇気は、私にはありません。失敗して重症のまま助かり、保険も効かず、どんなに「痛い、痛い。」と叫んでも、自業自得と思われるだけ。

もっと明るく考えなくちゃ。

(今日のYouTube) It's a hard life / Queen
by hide3190ymo | 2011-10-30 14:29 | ネガティブな話
無題
体調がひどく悪くなり、しばらく誰にも会えません。ごめんなさい。
by hide3190ymo | 2011-10-24 13:11
なるべく平常心で行こう。
c0012640_19274999.jpg
c0012640_19275873.jpg
c0012640_1928788.jpg

「Yシャツは半袖、上着は長袖」という妙な格好で、通勤しています。オフィスが過密で、OA機器の温度、デスクトップPCや、FAX・コピー機から出る熱と、人の熱で、朝が一番涼しく、夕方が最も熱く、15時過ぎると室温は28℃を超えるので、外に出るときは長袖がないと寒いのに、室内作業をしていると、半袖にならないと暑い、という感じです。今年は(今後も続く?)節電で空調設備が動いていないので、ビルの7階で自然換気もあまり取れず、という感じで、10月なのに半袖Yシャツ、来月になると、半袖Yシャツ+長袖上着+コートという変な状態になりそうです。

このブログを読まれていただいている方は、「なんて感情の起伏の激しいブロガーなんだろう」と思うかも知れませんが、28歳で青年海外協力隊でヨルダンから帰国して以降、ずっと心療内科(30代から心療内科から精神科に転院)に通っているので、もちろんメンタルヘルスだからと言って、何をしてもいいというわけではないので、その辺は、少しずつ改善しつつあるので、長い目で見てくださいませ。

さて、私は、中学・高校の頃からワンダーフォーゲル部でして、大学はなぜか劇団(演劇サークル)に入っていましたが、就職してから社会人山岳会に入りました。20代の頃は、月に2回くらい登山に行き、4泊5日で北アルプスも縦走したり、雪山に登ったりしたことがありますが、30代前半では月1回日帰りで行くくらい、30代後半から、年2~3回、40代前半(今42歳)で、年1回行けばいい方で、去年、キノコ狩りに菅平高原に行った以来、山に行っていません。

今度の日曜日、西丹沢の大野山という、健康なら全然キツくない、初心者向けの山ですが、私は精神科の薬の副作用で少し頻脈なので、山に登れるだろうか? 山に登っても下山後に疲れて体調を崩したらどうしようかと心配はしています。でも、精神科医は「自分の行動範囲を少しずつ広げていくのはいいんじゃないか?」と言っていまして、自分としても一度チャレンジしたいと思ったことを途中で断念するのは嫌なのですが、かなりプレッシャーを感じています。

楽しむために行くのだから、楽しまねばと思うのですが、「~したい」と計画したことが、実行段階で「~しなければならない」と気負ってしまうので、なるべく平常心で行かないと、と思っています。

一度、こういう標高差1000m以下の山に登れれば、それが自信となって、日常の中でリフレッシュするのは、1人で都市の中を娯楽を求めて放浪するより、生活が向上すると思うのですが、やはり、「自信は努力から」と言ったところでしょうか。気負って体調を崩さないようにするためにも、平常心を心がけようと思います。

(今日のYouTube) Borderline / Madonna
by hide3190ymo | 2011-10-18 19:58 | ポジティブな話
くらしに役立つ仕事展2011
日時:10月30日(日) AM10:30~
会場:新都市プラザ(横浜駅東口そごう地下2階入口前)

地方自治体で働く現場の保育・教育・給食・看護・介護・建設・樹木剪定・衛生検査・ゴミ処理などの住民のために汗を流す仕事をアピールし、今、現業労働者を攻撃する自治体リストラの波が、市民生活にどんな影響を与えるかについて、考える機会になれば幸いです。

主催:「くらしに役立つ仕事展」実行委員会
共済:横浜市従業員労働組合・横浜市従現業評議会・横浜市学校給食をよくする会

URL : http://www.siju.or.jp/
Mail To : sigototen【あっとまーく】siju.jp
(【あっとまーく】を@に変えてくださいませ。)
c0012640_1742845.jpg
c0012640_17422395.jpg
c0012640_1741544.jpg

(今日のYouTubeその2) New Song / Howerd Jones
by hide3190ymo | 2011-10-16 17:40 | 平和と国際連帯
猟銃 主演 中谷美紀 × フランソワ・ジワール
c0012640_9143268.jpg
c0012640_9144291.jpg
c0012640_9145164.jpg

昨日の夜、パルコ劇場で中谷美紀が主演、カナダ人の演出家フランソワ・ジワールが井上靖の小説「猟銃」を舞台化していました。

中谷美紀とカナダ人男優との2人芝居で、中谷美紀が、最初のシーンで、父親が不倫して母親が見て見ぬふりをしながら卑屈になっていく環境で育った娘の狂気を描き、次のシーンで、夫の不倫を知って知らぬふりをしながら耐え切れず離婚状を叩きつける妻の憎悪感を描き、不倫した愛人の相手の妻に知られて自殺する遺書に込められた罪悪感を描き、90分みっちり中谷美紀が1人3役演じ、3人の女性に復讐される男性が舞踏のように後ろで演じる形態でした。

中谷美紀は初舞台でしたが、彼女の演技力は、ハンパではなく、生々しい人間のネガティブな感情を迫真の演技でして、この役は、中谷美紀以外に誰も出来ない、むしろ中谷美紀のために作られた演出であり、90分、1度も舞台に降りることなく、舞台の上で、服を脱いだり音響効果が変わるのを、きっかけに、全く別の人間の役作りを変えてしまうところに、中谷美紀のプロしての才能を感じました。

それから、中谷美紀のモノローグに、加わっている音響効果が絶妙でして、相当、腕のある音楽演出家でないと出来ない、かつて中谷美紀が「私生活」というアルバムを坂本龍一プロデュースで出して、モノローグの部分に効果音があるアルバムがありましたが、それに近い音でして、彼女のような透明感のある女性の声にぴったりだと思いました。

私生活

中谷美紀 / ダブリューイーエー・ジャパン



照明効果も興味深く、3人目の愛人が、不倫と言う幸福な時間を、相手の妻に知られたので、死を持ってお詫びをするという遺書を書いたシーンで、中谷美紀の来ている白い和服に、青色の星マークで斑点を当てるのが、美しかったです。

また、13年夫の浮気を見るに見かねた妻の離婚したいという手紙のモノローグシーンで、中谷美紀のネグリジェ姿で、胸の谷間まで見えるのですが、それが決して、セクシーでいやらしい性的好奇心をそそるものでもなく、1つの肉体芸術として美しい作品の一部になっている感じでした。

この舞台は、演劇というジャンルのものでもなく、舞踏でもなく、強いて言えば、パフォーミング・アーツの分野だと思いました。

この「猟銃」は、モントリオールでの公演を終え、10月3日(月)から23日(日)まで東京・PARCO劇場を皮切りに、兵庫、新潟、福岡、名古屋、京都にて上演します。

内容は重たく難解で、決してリフレッシュや気晴らしにはなりませんが、中谷美紀さんの魅力を堪能したい人は、是非見に行ってみてくださいませ。

(今日のYouTube) いばらの冠 / 中谷美紀
 坂本龍一プロデュース作品「CURE」に収録されている曲です。
by hide3190ymo | 2011-10-16 09:47 | 舞台&美術
My Daily Landscape / October.2011 Vol.1
c0012640_21464170.jpg
c0012640_21465160.jpg
c0012640_2147126.jpg

7月から9月に「ランチタイム・シフト」という昼休みを1時間ずらして、節電でOA機器から出る熱のこもるオフィスに1日中いて、生活のリズムも狂うし、体調を壊さない方がおかしいと思います。

10月になって、「皆さまのご協力のおかげで停電の危機を回避することが出来ました」というビラが各地で貼られ、原発に対する憤りを省エネ推進で誤魔化し、どれだけの効果があったか数値もデータも出さずに、電力会社は「企業や自治体の節電の協力が得られたが、家庭用電力の消耗に努力していただきたい。」と言っています。それは、昼間に家庭にいなければらなない主婦・子供・老人に対する侮辱ではないかと思うくらい、頭に来ます。

私の撮りたい写真は、この写真には表現されない放射能が拡散している様子です。こんな状況で、精神科医の薬を飲みながら、専門バカになって、日常業務に没頭する自分自身にも、社会にも、矛盾を感じ、憤りばかりが起きます。

野生に帰りたい、自然に戻りたい、ただその本能だけが、魂に火をつける、どうしようもない毎日。そんな10月1日から10月14日の、私が見た日常生活の風景をお楽しみくださいませ。

ああ、自分で書いていて、意味が全然分かりません!!

More 480×360 サイズ 写真 18枚。
by hide3190ymo | 2011-10-14 22:03 | 都市デザイン
食欲の秋 × 芸術の秋 + そして秘密・・・・・。
c0012640_1913137.jpg
c0012640_19132379.jpg

マイ勤務オフィスの裏側が、すぐ中華街なのですが、休日の観光価格では食べれないものでも、平日のランチは、気軽に食べられる価格です。1人でお店に入って、「お代わりも出来ます」と言われましたが、これ、お代わり、無理っすよ。

c0012640_1916411.jpg
c0012640_19165310.jpg

ぴあの先行抽選申込み、リザーブ代がアホらしいので、やめようかと思います。

c0012640_191809.jpg

42歳になって初めて気づく、「ひみつのアッコちゃん」って、作者は赤塚不二夫さんだったのですかー。

(今日のYouTube) Secret Messages / Electric Light Orchestra
 ELOは兄の世代でした。日本でゴダイゴが売れていた頃だったと思います。
by hide3190ymo | 2011-10-12 19:18 | ポジティブな話
今日の根岸森林公園のお散歩
c0012640_19492547.jpg
c0012640_19493575.jpg
c0012640_19494462.jpg

夜、ぐっすり眠れないといけないので、昼間、運動するため、根岸森林公園まで、登ってきました。そこから、港の見える丘公園のバラ園に行こうかと思いましたが、連休の中日じゃ、すごく混んでいるだろうなぁと思って、市バスで桜木町駅に帰りました。

根岸森林公園は、開国後、競馬場として使われていた場所を、公園にして、市民に開放している場所です。broken little sisterが、PVのロケ地として使われています。

2枚目の丘の上の芝生のある家の並びは、根岸森林公園から見た在日米軍住宅地で、私の街には、戦争が終わっても、占領されたままの土地が、まだまだ、たくさんあります。

樹木が紅葉になる前に枯れてしまい、台風の影響や気候の変動のためと思われますが、都会の樹木は、なんか可哀相な気がします。

More 480×360 サイズ 写真 15枚。
by hide3190ymo | 2011-10-09 19:59 | 都市デザイン
最近聴いている洋楽 【2011年10月号】
秋も、深まってきましたね。

だんだん、私自身、HMV横浜西口店撤退以降、ラジオを聴く時間も、MTVを見る時間もありませんし、今年はサマソニにも、フジロックにも行っていないので、洋楽の情報がほしい方なのですが、今、聴いているものを軽くご紹介します。


Belong

Pains of Being Pure at Heart / Slumberland Records


ニューヨーク・ブルックリン出身の男女混成バンド4人組The Pain Of Being pure at heartの2ndアルバム「Belong」、このバンドは、ポストロック好きのブロガーさんから1stアルバム発売の時に、教わったのですが、My Bloody Valentine主催のシューゲイザー系の音楽フェスイベントや、今年のフジロック'11にも出演、来年2月には来日公演もあります。プロデューサーにU2、スマッシングパンプキンズを手がけたフラッド、ミックスにマイブラを手がけたアラン・モウルダーを迎えて制作だそうです。シューゲイザー、ギターポップ、ネオアコースティックの良さを生かしつつ、甘美だけれど力強い作品に仕上がっています。全曲試聴できるサイトは、こちら(i LOUD)です。


OUR NEW LIFE ABOVE THE GROUND

AVALANCHE CITY / 株式会社ワーナーミュージック・ジャパン


アバランチ・シティは、今年の9月30日に、KT Tunstallの来日振替公演のオープニングアクトを勤めたギター弾き語りのミュージシャンで、ニュージーランド、クライストチャーチの震災後、人々の心を癒した感動のポップ・ソング「LOVE LOVE LOVE」は、ニュージーランドで第1位になり、その曲が収録されているデビューアルバム「OUT NEW LIFE ABOVE THE GROUND」です。私もサイン会に行って、サイン入りアルバムをニュージーランド国内盤で買って聞いています。「みんなでラジオにリクエストしてください。そうすれば、もう一度、日本に来れます。」と言っていましたが、11月には、日本盤がワーナーミュージックから発売されます。シンプルだけど、ストレートな思いが伝わって心が温まるアルバムです。試聴サイトは、こちら(TSUTAYA)です。


Ritual

White Lies / Geffen Records


デビュー作「TO LOSE MY LIFE」が2009年全英チャート第1位となったロンドン出身の3ピースバンド・WHITE LIES、この2ndアルバム「Ritual」はどのくらい売れたか調べたのですが、いろいろ検索したけれど、出ていないぞ。頼むから、このままま消えないでほしいバンドです。私も2年前のフジロックで雨の中、WHITE LIESを見ました。アルバムを聴いた感じでは、1stアルバムの延長線上にあり、ディペシュモードのように暗い金属音と低音ボーカルを使っているけれど、暗いところから光の浴びたようなスケール感のある音楽です。来月11月に来日して、振替公演を行います。試聴サイトは、こちら(Mora Win)です。

More 【バックナンバー】
by hide3190ymo | 2011-10-09 17:27 | 音楽&映像