<   2011年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧
疲れているけれど、分からない。
c0012640_8102060.jpg
c0012640_8103233.jpg
c0012640_8104258.jpg

クリスマス休暇、初日は三浦半島に出かけて、2日目は近所の映画館、3日目は家で年賀状を書いただけで、今までの経験値では、全然無理のない予定だったはず。それでも疲れは抜けず、一昨日まで仕事をするのが、きつかったです。悪寒がして、風邪をひきました。28日、仕事が終わった瞬間、頭がクラクラして起きられませんでした。

この程度の休日の過ごし方がダメなら、ずっと寝ているしかないけれど、寝ていると、生まれてから今日までの苦い経験や、沢山の罪悪感を思い出し、どうせ守るものがないなら、私なんか死んじゃえばいいんだという気持ちで一杯になってしまいます。

年始は、4日から働くけれど、毎年の人員削減「給料減らすか人員削るか」で、人員が削減されていき、私は給料削減でいいから、人員減らさないでほしいと思う、もはや、メンタルな人にハンディを上げる余裕なんかなくなって、しかも、3.11以降、いろいろな動きがあって、私、もう、ついていける自信がありません。

公園にいるホームレスの人口が、急増していくのは、ダウンタウンに住む私には、痛いほど目撃します。明日は我が身です。

政党助成金も、大手企業の内部保留金も、叩かないで、消費税引き上げや、人件費削減って、どういうこと?

「脱・原発」を訴えても、自分の体さえ守れないようでは、どうしようもありません。「脱・原発」については、自分も加害者であり、被害者でもあります。多分、殆どの人がそうだと思います。

少なくとも、東京電力の1人の職員を責めても、東芝や日立製作所の社員1人を責めても、仕方がないよ、私達だって、事故が起きる前まで、原発の存在を許容し、その恩恵をうけてきました。

そして、今、放射性物質つきコンクリートガラの処分、放射性物質つき残土処分、国土交通省のセメント協会への放射性物質を含む土砂の受入れ通達。私たち建築職だって、もはや当事者です。

ツイッターで、脱原発派と原発推進派が、言い争っているのを見ると、本当に心苦しくなります。

市民運動は大切。それしか政治を変える道はありません。
でも、自分に言い聞かせたいのは、こんなこと。

① 脱・原発で、特定の1人の関係者を個人攻撃をしないこと。
② 自分の身体を壊してまで、脱・原発運動をしないこと。

うん、最大の罪は、「欲望」をコントロールできないこと。どんなにお金を持っていても、プール金を持っていても、もっと欲しい、もっと欲しいと、思うこと。そのために、平気で労働者を搾取し、切り捨て、しまいには戦争まで起こしてしまう、人間の性。他の国より核兵器を持っても、まだ足りない不安感。

まだ、終わっていない帝国主義社会。

(今日のYouTube) DESIRE / U2
by hide3190ymo | 2011-12-30 08:54 | ネガティブな話
メリークリスマス。
c0012640_2030419.jpg
c0012640_20304926.jpg
c0012640_20305765.jpg

世界中のすべての人が、幸せでありますように。

(今日のYouTubeその2) What The World Needs Now Is Love / 高橋 幸宏
by hide3190ymo | 2011-12-25 20:32 | 平和と国際連帯
アクセス 240,000件 突破
c0012640_1924126.jpg
第5位に、鬼束ちひろさんが入っているのが嬉しいです。ちなみに、第2位に全く心当たりのない人がいます。。。。。カウントダウン・ジャパンの持ち物は、防寒着以外リュックと水で十分。サマソニより、全然余裕があって、至れり尽くせりですよ。
c0012640_19242473.jpg
携帯で、こんなブログを読む必要性があるのでしょうか。自分がアナログ世代だから、理解できませぬ。
c0012640_19243321.jpg

気がついたら、アクセス解析画面が変わっていて、CM出したくないし、画像もかなり多いので、有料会員なので、こういう画面になったんだけれど、なんか、勝手にヘッダーつけたり、エキサイトユーザー減りますよ。

私も、健康なら、ブログは程々にして、仲間と山登りやスキーに行きたいです。Face To Faceの方が、全然、楽しいもん!

でも、自立支援手帳の「重度・継続」に該当する体調が不安定な精神障害者なので、仕事以外で、他人との約束する余裕が出来ないのです。それでも、ちゃんと、1.0人工分、プライドを持って、働いています。仕事優先なので、あとは自分の時間で自由に書けるブログくらいしか自己表現手段がないのです。

エキサイトからFC2へ行った方も多いと思うけれど、コンピュータに支配されたくない、FC2ブログなんて、しばらく更新しないと、トップ画面に広告出るんだもん、脅迫だよ、あれこそ。

そういいつつ、こんなエントリーを書いているのは、本物のマニアになっているのかも知れないです。かなり、ナルシストかもです。

ま、いっかー。

この感覚が重要だな。ストレスを受け流す言葉。

ま、いっかー。

(今日のYouTube) ま、いっかー /  EAST END×YURI
by hide3190ymo | 2011-12-25 19:41 | PC・IT・Web
映画「子どもたちの夏 チェルノブイリと福島」
c0012640_19351081.jpg
c0012640_19351951.jpg
c0012640_19352860.jpg

横浜ニューテアトルで上映されている映画「子どもたちの夏 チェルノブイリと福島」を見てきました。

この映画は、もともと、チェルノブイリ原発から25年経ったので、そのドキュメンタリー映画を製作している途中に、福島第一原発事故があり、対比する構成で、制作されたそうです。

チェルノブイリ事故のウクライナの対応の早さ、被災地の住民を移住する街では今でも病気の人の割合が多く、甲状腺の病気が事故直後ではなく、事故後15年間で、どんどん伸びていきます。事故直後に現地の医師や教師から明かされる多くの現状。そして、孤児院で希望を捨てずに生きる若者達。チェルノブイリ原発の事故現場では、25年経った今でも、プルトニウムの監視が続けられているそうです。

一方で、福島県いわき市の母親が集まって作る「放射能から子供たちを守るネットワーク」の活動が映し出されます。外へ出ないように自宅から車で送り向かいされる子どもたち、学校では、3ミリシーベルト、市民利用施設では、10ミリシーベルトを超える部分が除染の対象になりました。

子どもたちは3.11以来、ずっと公園で遊べずに、市からの助成金をもらい、母親たちが自ら除染した公園に子供を車で送迎し、やっと外で遊べるようになりました。そんな中で、希望を捨てずに生きる子供たち。

ウクライナの専門家は、日本の原発事故について、①どれが正しい情報なのか分からない状態、②政府が情報を明らかにせず行き当たりばったりで動いている状態に、危機感を覚えると指摘しています。

最後に、ウクライナの女性に、「もし、恋人が、原発で働いていたことが分かったらどうする?」という質問に対し、「遺伝とかに、もちろん不安はあるけれど、それでも、子供を産んで、家族を守るわ。」と言っています。

日本も、今、原発推進派とか脱原発派とか討論しているけれど、現地の被災者の不安は、それどころではない、どうやって希望を持って生きればいいのか模索しています。

実は、ツイッターで、私も、ネーミングを「sunnyside_hide」(ピチカートファイブの「陽の当たる大通り」からネーミングを取っている)から、「dancing_hide_脱原発に1票」という名前に変えて、脱原発の情報を追っているけれど、同じ脱原発を名乗るフォロワーでも、いろいろな考えを持つ人がいて、どれが本当の情報か分からないし、リツイート疲れをしてしまっています。

日本の行政組織自体が、まず予算がありきで、予算案作成権限を持つ事務職員や、国で補助金を担当する方々が、意思決定者で、そこへ、議員さん達が、自らの営利のために干渉し、技術職の助言など、都合の良いうように使われるうえに、「技術職不要論」まで出して、すべて民間委託し、自分たちの都合の良いように、情報操作している体質に、致命的な問題点があるし、電力会社など第3セクターは、もっとひどいです。

人命が、最も優先、それを大前提に、予算をコントロールすることや、正直ベースでの、リスクコミュニケーションの必要性を感じます。

イゼザキモールでのイルミネーションは、例年より、電球を少なくしていました。

そういえば、今日は、クリスマス・イブ。今頃、何百万人のカップルが、しているのでしょう。くだらない想像だな、おっさんの。

PS) ごめんなさい。私は物理学の専門家ではないので、間違えがあれば、ご指摘ください。

(今日のYouTube) 原発さえなければ / 橋本美香&制服向上委員会
by hide3190ymo | 2011-12-24 19:33 | 平和と国際連帯
披露山公園と大崎公園 @ 逗子(三浦半島)
c0012640_1830203.jpg
c0012640_18302996.jpg

クリスマス3連休、とりあえず予定がないので、京急新逗子駅から気軽にアクセス出来る披露山公園と大崎公園に行きました。

披露山公園は、標高93mの小高い丘で、久しぶりに歩いたので、結構クタクタです。でも、小さい子供も犬もいます。かなり寒かったのですが、そして、晴れた日には、富士山が良く見えるのですが、今日は天気予報も外れて、曇りだったので、また、桜や新緑の時期に訪れてみたいです。

c0012640_18375238.jpg

大崎公園から見た逗子海岸方面、寒波でかなり寒いのに、ウィンドゥ・サーフィンをする人がたくさんいました。こういう風のある日の方がいいのかな。

More 続きを読んで下さいませ。 ( 480×360サイズ 写真15枚 ) 
by hide3190ymo | 2011-12-23 19:03 | 京急イメージアップ
ホモサピエンスは、つらいよ。
c0012640_2001080.jpg
c0012640_2002275.jpg
c0012640_2003344.jpg
c0012640_2004273.jpg
c0012640_2005346.jpg

黄葉は、散り際が美しいです。

年賀状写真も出来て、あとは1人1人に手書きでコメントを書く、大切な友人には、大切なメッセージ。

FUJI ROCK FESTIVAL’12は、2012年7月27日(金)28日(土)29日(日)に決定し、STONE ROSESの出場も決定。SUMMER SONIC'12は、8月18日(土)19日(日)に決定。ROCK IN JAPAN、WORLD HAPPINESSは未定。SWEET LOVE SHOWERも未定。7月~8月のことなんて、今から分からないです。

フジロックかサマソニは、どちらかに行かないと、洋楽を聴かないんだけれど、最近は、洋楽の方が新たな開発をしても、一発屋が多いし、あんまり、洋楽とか邦楽とかバランス良く、って、最近は、こだわりも無くなってきました。

越後・妻有トリエンナーレも行ってみたいけれど、車が運転できないので、現地ツアーを予約するしかないね。一番行きたいのは、SWEET LOVE SHOWERで、結構、前衛的なアーチストが毎年出演しています。

毎年3月に行われていた「ロックの学園」@三浦市は、去年、震災で中止になったけれど、今年は、どうするのでしょうか。3月はPUNK SPRINGは、楽しそうですね。


キセキの渚

ソウル・フラワー・ユニオン / BounDEE by SSNW



昨日、発売されたソウル・フラワー・ユニオンの「キセキの渚」、すごくいいです。どんなツライことがあっても、勇気をもらえる1枚。電子音と民俗楽器が共鳴しする新曲「キセキの渚」「ホモサピエンスはつらいよ」や、東北地方の被災地ライブ「ソウル・フラワー・旅楽団」として、岩手県や宮城県の民謡をポップに仕上げた作品も素晴らしいです。

私の体調も浮上してきたけれど、調子に乗らずに、セルフ・コントロールして行きたいと思います。

(今日のYouTube) ピッタリしたいクリスマス / プッチモ二
 保田圭・後藤真希・吉澤ひとみの3人組、第2期プッチモ二です。
by hide3190ymo | 2011-12-22 20:30 | 都市デザイン
自己管理能力ゼロ。
c0012640_17273685.jpg

昨日の夜、眠剤と向精神薬を、2回も飲んでしまい、タクシーで710円出勤をしたもの、結局、変えるしかありませんでした。医師に向精神薬(夜は睡眠させ昼は安定剤として作用する)の半減期を聞いたら35時間ということなので、今日は、1日リタイヤしました。

以前、眠剤と向精神薬を飲んだのに、飲んだつもりになっていて、一睡も眠れなくて仕事が出来なかった日があったたので、飲んだらそれをテーブルの上に置くことにして、その朝まで、飲んだか飲まないか分かるようにする習慣を作ったのです。

ところが、今朝、起きたら、袋が2つテーブルの上に!

残り休暇可能取得数が少ないのに、1日まるごとの休暇はイタイ。Clap Your Hands Say Yeahの単独公演が平日なのに諦めていたけれど、これでは、意味がない。休みは、リフレッシュのために使いたい。薬の飲み間違えで休みのはアホや。

従って、次の対策として、分包された薬の袋に、日付を油性ペンで書いて、管理することにしました。これなら、飲み忘れも、2回飲むこともない。

というか、持病のある人は、みんな、それ、基本なのかな?

(今日のYouTube) Same Mistake / Clap Your Hands Say Yeah
by hide3190ymo | 2011-12-21 17:49 | 人間科学
12月20日
c0012640_2105360.jpg
c0012640_21115.jpg
c0012640_2111070.jpg
c0012640_2111941.jpg
c0012640_2112783.jpg

なんかね、昨日と同じように、毎日見る風景が毎日違って見えるのは、違うのは、私の視点が180度動くのと、強い冬の日差しのせいかも知れません。

若い頃は、クリスマスで恋人がいないと淋しいって感じだけれど、もう、クリスマスで、どうやって金を稼ごうかっていう年なんだけれど。友達はみんな育児中でサンタクロースをやっています。

彼女ほしいな。理想のタイプは鬼束ちひろさんかなー。感情の起伏の激しい女性に振り回されて、生きてみたいです。そういう人、紹介して~。

ちなみに、友人は、ある保育園で、サンタクロースの格好して、園児の前に出てきたのですが、園児に「サンタさんの好きな食べ物は何ですか?」と聞かれたので、とっさに「バナナが好きです。」と答えてしまい、「サンタ、バナナ食べるんだだってー。」と園児からリアクションもらったそうです。

私が今、困っているのは、平衡感覚がなくて、地震じゃないのに、VDT作業をしていると、地震が揺れるように感じるので、抗鬱剤を3分の2にする相談を医師としました。過食だし、テンションも少し高すぎます。それで、後で、ぐったり来てしまう悪循環。なるべく薬は少なくて済むなら、少ない方がいいですねー。

(今日のYouTubeその2) BACK DOOR / 鬼束ちひろ
 う~ん、リハリビ・ソングって感じの歌詞です。
by hide3190ymo | 2011-12-20 21:15 | 都市デザイン
ちょっと雑談タイム。
c0012640_19301150.jpg
c0012640_19302445.jpg
c0012640_19303315.jpg

1日、1日、都市の風景が変わって行きます。毎日、歩いている横浜公園が、2日として、同じ風景にならないことに、気がつきます。

私の体調を崩した原因の1つに、夏の冷房の節電がありました。室内の温度計で28℃にならないと冷房がつけられませんでした。私の席は、風通しが悪く、人口密度も多く、OA機器の集中するところで、不快指数が多くて、シャレになりませんでした。寒いのは、全然平気なんだけれど。

夏は、ドトールに行けば、ノートパソコンを持ち込んで働いている人々が沢山いました。

また、うちの会社では、ランチタイム・シフトの名目で、昼休みを12時~13時なのを、13時~14時になりました。出勤時間は一緒なので、いわゆるサマータイムではありません。しかも、本当にピークなのは、14時~15時なのに、なんで、この時間帯なのでしょうか。

でも、いくら28℃の時に節電しても、30℃になったら、みんな同時に冷房入れるわけだから、ピーク時の電力は変わらないはず。それでも、止めている原発を再稼働させる必要があるのは、どうしてなのでしょう。

そして、テレビで見た除染作業、落葉を集め、表面土を取り、高圧洗浄をして、雨水枡に落としています。しかも作業員はマスクだけ。あれでは、放射能を流す水が、そのまま下水処理場に流れ、そこから河川に流され、やがては、海へと流れていきます。鬼怒川・小貝川・利根川の下流や霞ケ浦に、その放射線物質が流れていきます。だからと言って、乳幼児も遊ぶ保育園の園庭を除染せざるを得ないと思います。

「おかしい」とは思うけれど、代替案が見つかりません。

原発推進派とか脱原発派とかステレオタイプ的に分けられないし、脱原発派だって、いろいろな意見を持っています。私は、Twitter上での名前を「Sunnyside_hide」から「dancing_hide 脱原発に1票」に改名しました。だいぶフォロワー層が変わりましたが、Twitterで集めて渋谷で、脱原発デモをやっている方もいて、世論形成に貢献できるバイタリティのある方もいて、本当にすごいなぁ、と思います。

今、一番、復興に向けて、障害になっているのが、壊れた建物のコンクリ―トやアスファルトのガラの処分の受け入れ先がないこと、それから汚染除去をするための表面土の残土処分の受け入れ先がないこと。

確かに原発を建設するために、被災者の中には、相当の補償金を受けた連中がいたことも事実だし、これまで原発の存在を許し、甘んじてその電気を使ってしまっていた私達にも責任があります。

私も原発が危険だと認識したのは、鎌仲ひとみ監督の「六ヶ所村ラプソディ」を見て、再処理工場でも廃棄物が出て、もっと危険なプルトニウムと言う物質の存在を知ったのが、きっかけでした。

私が言いたい「脱・原発」とは、これ以上、原発を作らず、自然エネルギーシフトをしていくことで、電力を作ること、そして計画的に原発の稼働を止めていくこと。日本は、ヨーロッパより、全然、日照時間も安定しているし、偏西風の吹く方向も一定しているし、実現性は十分に検証されています。

でも、今まで、私達、都会で住む人間が、農村・漁村を犠牲にして、電気を使っていたのだから、私たちに問われる責任も大きいはずです。被災地が復興するためには、放射性物質を含む汚泥、コンクリートガラ・アスファルト・ガラは、もっとも生態系に影響を与えない配分をして、分散して、各都市部にある残土処分場・最終処分場で、計画的に受け容れるのは、仕方のないことだと思っています。

都市部の処分場への受け入れを反対すれば、結局、貧しい地域に、あるいは、貧しい国に、金の力で、持っていくだけ、それならば、運搬費をかけずに、効率的に処理をできる各都市の建設廃棄物処分場で、処理するのが、フェアだと、考えます。

今、やらなければいけないことは、①計画的に原発をなくし自然エネルギーにシフトをすることと、②被災地の汚染除去のために全国で協力すること。

①を発言すれば、脱原発派だと思われるし、②を発言すれば、原発推進派だと思われます。でも、これらのことは同時に進めなければいけません。これは、私、言論・思想の自由を持つ個人の考えです。

ただね、②については、私、あんまり自信がないのです。ご意見、気軽にコメントください。

「今まで、ありがとう、原発。 そして、さようなら、原発。」 そういうスタンスに共感します。

(今日のYouTube) シャララ / The Blue Hearts
 「すべての罪は、みんなで分けましょう。」のフレーズが好きです。
by hide3190ymo | 2011-12-19 20:57 | 平和と国際連帯
新聞の切り抜き作業
c0012640_20153924.jpg
c0012640_2015482.jpg
c0012640_20155555.jpg

新聞は、毎日届く朝日新聞と、週に1回だけ届くしんぶん赤旗(日曜版)と、2つを取っています。朝日新聞は1ヶ月残しておいて捨てますが、しんぶん赤旗(日曜版)には、取っておくと後で役に立つ資料が多いので、重要な図や記事を、切抜きして、リングでとめるタイプのクリアファイルに保存しています。

カテゴリーは、①気になるアーチストのピックアップ、②原発と金の問題、③TPP問題、④政治資金問題、⑤日航機不当解雇問題、⑥介護保険問題、⑦年金問題、⑧沖縄基地問題、⑨東日本大震災後の復興する人々の活動、⑩市民運動 ⑪COP17(地球温暖化問題) ⑫行ってみたい観光地、等、①と⑫以外は、なかなかマスコミには報道出来ない点を言及しています。

私は、大学は社会工学類で、都市計画のためには、経済学を勉強しなければいけないので、ケインズ経済学を習い、就職してから労働組合で、マルクス経済学を習いました。2つの経済学の違いは、労働力が前者は可変資本、後者は固定資本としている点です。

実は、社会民主党や日本共産党は、現在の政策に対する提言を具体的に提案しているのに、マスコミがそれを取り上げていないこと。これは、2つの新聞を比較すると、よく分かります。

そして、「反原発を訴えている人たちは、代替案を出していない。」って、批判している国民も少なくないようだが、子供の喧嘩のように言うなら「だったらお前が出してみろよ」と言いたいし、マス・メディアと政界の癒着に全然気がついていない、まず、小さな子供だって分かる誰がどう考えてもおかしいものを批判して何が悪いと言いたいし、「脱原発派は、周りの社会が見えていない」と言うなら、「お前は、どれだけ学習しているのか、社会経済だけでなく、地球環境を見ろよ!」と言いたくなります。

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」という言葉が、日本人の特徴をよく示していると思います。子供が見ても、「信号は赤なのに、車がないから渡っていいの?お父さん、お母さん。もし、トラックが飛び出したら僕たち死んじゃうよね?」って感じです。原発推進派の皆さんは、みんな右へ習えでいいんですか?

テレビを見ていると、自民党・公明党が、民主党を攻撃しているけれど、原発を作ってきたのは、あなた達じゃないですか、それを民主党の個人責任にするのはおかしいし、マスコミだって、そんな新日本プロレスの茶番劇のような討論ばかり放送しています。なぜ、社会民主党や日本共産党の意見・見解を聞かないで、野党=自民・公明のように放送されるのかが不思議でしょうはない、日本は、2大政党制じゃないでしょ。マニフェスト破りで責める前に、民主党が頼りないなら、自民党・公明党も歩み寄って、みんなで知恵を出し合えばいいじゃないですか。3・11を機に「それ見たことか、民主党は政策力ないんだよ」っていうことを誇張する、被災者のことなんて、全然考えていない、自分たちが政権を取り戻すことしか考えていないです。

ケラリーノ・サンドロヴィッチさんが演劇の台本で「『報道協定というのがあって、真実を見つけても、どの時点で報道するかは、政治家と各マスメディア同志で、決めちゃうんだよーん」というセリフがあったけれど、本当にそういうものがあるようです。

私が左に見えるのは、あなたが右に立っているからでしょ?

実は、TPP問題を、私は良く理解していなくて、農業のことは分かるけれど、医薬品や生命保険会社のダメージをまだ理解していなくて、もっと勉強したいと思っています。

時間に追われて、なかなか学習できていないのが、正直なところ。原発推進派とやり合うのは、アホらしいので、そんな時間があったら、後で、新聞の切り抜きをじっくり読んで、じっくり学習したいです。

(今日のYouTube) ダッ!ダッ!脱・原発の歌 / 制服向上委員会
 アイドルをパロディ化したファッションで訴える「制服向上委員会」、結構、かっこいいです。

 POP SONGで、THE STYLE COUNCIL(おシャレ評議会)を作り、「SHOUT TO THE TOP」で炭鉱動労者の労働条件の改善と団結を歌ったポール・ウェラー師匠に、発想が近いかも知れません。
by hide3190ymo | 2011-12-18 20:55 | 平和と国際連帯