鬼束ちひろ@中野サンプラザ ~悪戯道化師~
c0012640_11482294.jpg
c0012640_11481212.jpg
c0012640_114813.jpg

3月16日(土) 鬼束ちひろさんの悪魔道化師ショーを見に行きました。体調がイマイチだったのでキャンセルしようと思いましたが、夕方、少し元気が出たので、行ってきました。

座席は、1階席の一番後ろの右から3番目。携帯電話を家に忘れ、TWITTERが出来ないと友達と話すヴァーチャル会話感覚がなくなって、これはもはや、Twitter依存症としか思えません。

「悪魔道化師」というシングルをを知らなくて、土曜日、「FAMOUS MICROPHONE」「剣と楓」「ONE OF PILLARS」だけ予習してきました。

FAMOUS MICROPHONE

鬼束ちひろ / フォーライフミュージックエンタテインメント



「FAMOUS MICROPHONE」は、鬼束ちひろの洋楽カバー集。鬼束ちひろが自分で英語で作詞・作曲、歌詞の和訳した歌もあります。名曲ばかりで、「私は流行しているサブカルチャーでなく王道を行きます」とかいてあります。でも、グッズ売り場にある、めちゃくちゃ派手な鬼束ちひろの衣装は、どう見てもサブカルチャーだったりします。

今回は、音楽、MC、余興、ギャグとも、細かくて、小さなライブハウスなら楽しいと思いますが、中野サンプラザの一番後ろの席にいる私には、分かりにくかったです。

1曲目は、ピアノとバイオリン2人とチェロ4人とギターでした。最初の曲は「Scarborough Fair」、歌い出しは英語でしたが、英語の歌に、日本語を載せていました。2曲目は、一番著名な「月光」でした。いつもの歌い方では、暗い曲の中に、人間の暖かい流れを感じられましたが、昨日の歌い方はロック調で、暗い曲にパワーが入ると、ますます暗くなってしまう、聴いていて、自分の心と共鳴して苦しかったです。

MC「皆さま、ありがとうございます。悪戯道化師2日目」ありがとうございます。

そして「惑星の森」「蛍」、グッズ売り場のオペラグラスも、中野サンプラザの1階の一番後ろの席では、鬼束ちひろの表情まで見えず、一生懸命、踊っているのが分かりました。

MC「ファンの子が作ってくれたブーケです。さっき土壇場になって作った曲です。」そして、開場に向かってかんざしをぐると回して「この会場にいる全ての人がまっすぐ歩いていけるように」と魔法をかける仕草をしました。

そして、鬼束ちひろがピアノで歌っていました。その曲も、罪の意識に苦しむ曲で、鬼束ちひろの曲は「罪の意識」や「依存した卑屈な愛情と、その結末」みたいなテーマが多くて、私の体調が悪いせいもあって、心の痛みが共鳴します。

MC  「デビューして私が17際の時、プロデューサーに、面白い子だと言われ、10何年、いろいろなことがありました。殴られたり。」

会場は笑っていましたが、鬼束ちひろは突然泣き出しました。何か辛いことを思い出したのか、今、スランプで苦しんでいるのか。彼女は、ピアノの弾き語りの次は、ギターの弾き語りになりました。そして、彼女の一番好きなアーチスト・ジュエルのカバーを歌っていました。

「生まれて初めて買ったCDです。」と言って、たまの「さよなら人類」を歌いました。その時は鬼束ちひろは、ギターを叩いていました。

そして、数曲、私の知らないロックの曲を歌い、その後、ファン投票したら第1位になるであろう「Sign」。この曲では、鬼束ちひろが声の高い音が出せずに、低い声にトーンを落として歌っていました。これは良くなかったです。多分、ロック曲の時に腹式呼吸だけでなく喉を使ったため、高音が出なくなってしまったのでしょう。

POPSシンガーが、ロックンロールに転向したい場合は、「高音を出し、かつ声量をあげる」訓練をしてほしいと思いました。

最後に「King Of Solitude」。そして、一同礼。アンコールは、「はじめてのチュウ」アニメのシーンが滑稽に喋るシーンが入っていました。最後に「悪戯道化師という曲を書けと言われ、書きおろされました。軽快な曲ですよね。としか言いようがなくて」そして、「悪魔道化師」という歌をたぶん歌ったのだと思います。

再度退場。

今回は自分の体調が悪くて「癒し」を期待していったのがいけなかったのと、会場が広すぎて、小さなギャグや実験が良く見えなくて、ライブハウスで見たら楽しいだろうなぁと言うのがあり、なんか行かないで、家で休んでいれば良かったかなぁというネガティブな感想を持っています。

チケット取って、電車に乗る体力と時間と交通費をかけたので、東京までライブに行くときは、「来てよかった」というライブに行きたいです。

(今日のYouTube) king of solitude / 鬼束ちひろ
# by hide3190ymo | 2013-03-17 12:52 | 音楽&映像
NO NUKES 2013 @ ZEPP DIVER CITY TOKYO
c0012640_10144460.jpg
c0012640_10143330.jpg
c0012640_10141779.jpg
c0012640_1014568.jpg
c0012640_13581233.jpg

c0012640_10134113.jpg

c0012640_10133030.jpg
c0012640_10125033.jpg
c0012640_10123836.jpg
c0012640_10121519.jpg

昨日、NO NUKES 2013、初日だけ参加しました。時間の長い音楽フェスとなると、食糧や飲料水や排出手段を考えます。昼食は、開演前に、りんかい線の中で、家から買ってきたコンビニおにぎりとサンドウェッチを食べました。

りんかい線東京テレポートの側にSUBWAYSがあり、途中でローソンがあり、ZEPP DIVER CITYの入口にセブンイレブン、この商業施設の2階廊下を貫通して反対側が、ZEPP DIVER CITY TOKYOの入口となっており、そのすぐ前に「東京グルメスタジアム」というデパートのフードコートがあり、はなまるうどん、てっぱん屋台、銀だこ、つけめん屋、キムカツ屋、洋食屋三代目、等があり、NO NUKES 2013もリストバンド制なので、出入り自由です。ただ、この東京グルメスタジアムは、音楽フェスに参加していない人の割合の方が多いので、ご注意を。

会場は普通のライブハウス、ZEPP DIVER CITY TOKYOだったので、ほぼZEPP TOKYOと同じ施設です。ライブ・スペースの中は、飲み物OK、食べ物不可だったので、廊下やスロープにで、食べるしかありませんでした。屋台は「麦とろ専門 麦とろ店」が、1店あるだけでした。夕食は、「麦とろ専門 麦とろ店」で、豚肉塩焼き麦とろかけ丼を食べました。やっぱり、コンビニおにぎりやサンドウィッチやシリアルバーやカロリーメイトより、はるかに美味しいです。

飲み物は、ZEPP DIVER CITY TOKYOのライブハウスで、スポーツドリンクも、ミネラルウォーターも、紙コップでなく、500mlのペットボトルで売っています、こういう長場のスタンディングライブでは、水と塩分の補給が大切なので、ドリンクバーがあると、助かります。

ZEPP DIVER CITY(商業施設)の入口には、ATM機どころか、外貨両替え所があり、TAX FREEの免税店、ネールアートのお店、マッサージ店まであります。「TOKYO」がつかないと商業施設全体を差すようです。

ZEPP DIVER CITY TOKYO「TOKYO」が着くとライブハウス、の中は、女子トイレが1階ステージの左右にあるのに、男子トイレが1階にはなく、2階に1箇所しかない男子トイレに小便器3個と大便器が2個、何千人いる観客の半分は男子なのに、昼飯後のもよおしタイムは、かなり困りました。早く大便器ブースに入ってくる人に出てきてほしい、でも、彼も今自分と闘っている、そう思うと催促のノックも出来ず、自分が漏らさないことを祈るばかりです。

あと、「1000万人署名アクション」のブースと、各アーチストのグッズ売り場しかなく、去年のような環境保護団体、NGO専用のブースや、休憩するテーブル、椅子もなく、イベントは去年より縮小していると思いました。脱・原発のメッセージは、次に出演するアーチストの準備期間の間に、スクリーンで、原発マネーの説明広告や、仮設住宅で先の見えない将来を悲観する人々や、写真家と坂本龍一さんのNO NUKESをテーマにしたスライドショー、クラフトワークの「RADIOACTIVITY」の演奏が流れたくらいで、あとは、もんじゅ君がいるだけで、去年のNO NUKES 2012のように派手に、脱原発を訴えずに、イベントが縮小されている印象もありました。 

もう1つ思うのは、一番NO NUKESを想っているのは、小さな子供がいる母親だと思います。そうすると託児所や、WORLD HAPPINESSみたいに、KIDSコーナーがあるといいなぁ、と思いました。

坂本龍一だけでなく、様々な人達の手により、いろいろな形態で、NO NUKES 2013、2014と拡散する願いからでしょう。その思いは、NO NUKES 2013のホームページに書かれています。

でも、ホワイトバンドみたいに「NO NUKES」が思うだけでいい、ではなく、行動することが大切だと思います。自民党政権が小選挙区制で低い投票率で、政権を勝ち取り、民主党時代よりも、震災復興支援をしていないし、脱・原発への取り組みもない、そんな政治が行なわれている以上、脱原発を願うものが少数派だとしても、続けて世論形成をし、市民運動からPRしていくしかありません。脱原発派が少ないのではなく、小選挙区制で負けてしまっている訳ですから。

ちなみに、物販店で、NO NUKES 2013のフェイスタオルと、THE BEATNIKSのTシャツを買いました。
c0012640_1742315.jpg

トップバッターは、AFRA、坂本龍一からフェイスブックのメールで、出演依頼があって、喜んで受けたそうです。AFRAは、口を楽器にヒップホップを演奏する、口でシンセサイザー、口で管楽器、口でドラムマシーンが、演奏するヒューマンビートボックスです。「子供を持つ親として、世界中住みやすい安全だと思って生活していたら、現実はそうではなくなってしまった。今、起きていることに関心をもたずには入られない、NO NUKESを続けて行くことに意味がある。」と話していました。

セカンドバッターは、マレウナウ+OKI、マレウナウは、北海道出身で、アイヌ民謡を歌う女性4人組、OKIは、樺太アイヌの弦楽器を弾くアーティスト。樺太アイヌと、北海道アイヌで、かなり民俗衣装が違うので、異なる文化圏なのかも知れませんネ。マレウナウは、「こんなに大勢の人の前で歌ったことはありません。北海道では、なかなかNO NUKESのような活動がありません。これを機に音楽がNO NUKESに対する役割を考え直してみたい」、とのことでした。

3番バッターは、ART-SCHOOLで、ギター・ベース・ドラムス・ボーカルの4人組。ノイズギターと、音の洪水から宇宙に向かって叫ぶような骨太な声質のボーカルで、キャッチーではない硬派のハードロックで、どちらかというと、洋楽好きな人にウケるタイプかもです。前方のお客さんは、ノリノリなのに、後ろの方は冷めていて、細野さん、教授、ビートニクス待ちという感じでした。私は中央のその境界線上で見ていました。「こういうイベントに呼ばれて僕も原発は絶対に嫌なので、こういう公演に呼んでくれて本当にありがとう感謝しています。

4番バッターは、2年連続で、ACIDMAN、ボーカル、ギター、ドラムスの3人組。去年大好評だったので、出演した瞬間、会場から完成の声が湧きあがり、観客の皆さん両手を挙げて歓迎していました。UKロックっぽい3人組、曲の始めは渋く始まり、一段ずつ壮大なギターが広がってゆく作風がステレオフォニックスに似ているかも。ACIDMANは、「なぜ、今年も、NO NUKESをやらなくてはいけないのか、そのこと自体が問題だ。」という発言。これは原発推進派や無関心層や選挙で脱原発を表明しない政党に投票に行った人、あるいは投票に行かなかった人へのアンチテーゼで言ったのだと解釈しました。

「アルバム『新世界』で、坂本龍一さんにピアノで2曲出演していただいたのですが、そのうちの2曲を今日、坂本龍一さんと演奏することなりました。今日、初めて演奏する曲なので、皆さん、プレッシャーを与える目で見ないで、楽しんで行ってください」と言っていました。坂本龍一がピアノとともに登場。で出てきました。「風追い人(後半)」という曲です。最初はしっとりとしたフォークソング調に、やがて変調してロックンロールになります。

5番バッターは、細野晴臣。先に高田蓮くんが「細野さんがテンションあがるまで、僕がソロで2曲歌います。」と言ったら、ブーイングでなく、大拍手。pupa2号であり、YMOのサポートとして知名度が高いのと、とにかくピースフルな音楽フェスです。NO NUKES 平和を愛する観客の集まりだから、みんなピースフルです。モッシュ・ダイブはなく、場所を譲り合い、カメラをアーチストに向ける人もなく、1曲おきに拍手がなります。高田連くんのロマンティックな曲を2曲の後で、細野さんがやっと登場。見たことのない演奏者の身長を超えたバイオリンのような楽器を持った女性が一緒に現れました。細野さんのMCは、「さっきまで寝てたしな、よしやるか。」だけでした。前半は細野さんのキーボード、後半はベースでした。演奏者より背の高いバイオリンのような楽器を生かしたアイスランド風の曲(単にシガー・ロスっぽいだけです。)、YMO時代の曲(GRADATED GREY「灰色の階段」)、トロピカルな曲(この曲だけ高田蓮くんがギターでなくウクレレを弾いていました。)、スカの曲など、バラエティに富んだ曲をダンディーな声で、歌っていました。また、高田蓮くんが「6月に新アルバムを出すので、今、一生懸命作っています。僕のおじいさんの高田豊の詩に、父、高田渡が曲をつけた「ひふくだけ」という曲を歌わせてください、とのことでした。もちろん、細野さんのベースで歌っていました。

だんだん、私の疲れも増してきて、サマソニみたいに寝て休んでいる人がいないから、横になれん。というか、私は座骨神経痛なので、手すりのあるポジションをキープせねばならず疲れてきました。

引き続き、坂本龍一+大友良英+SACHIKO M+ASA-CHAMG、アコースティックなアンビエント音楽、鉄琴付きパーカッション、ピアノにエフェクトかけたもの、民族音楽の楽器で、美しい音を奏でていました。アンビエント音楽です。即興なのか計算されつくした音なのか分かりませんが、時々、教授が合図を出していました。U=streamで自宅から見ている方々には、こんな音楽、生で聴けたら幸せ、と思うかも知れませんが、スタンディングの音楽フェスで、アンビエント音楽を聴くのはつらいです。途中で抜けて、麦とろ豚丼を食べて、夕飯にして、ビートニクスに備えていました。

夕食を食べると体力が戻ってきたので、THE BEATNIKS(鈴木慶一+高橋幸宏)、お目当てのアーチストが登場。「6 Billion Heaven」(3rdアルバム「M.R.I」収録曲)で始まり、ユキヒロさんはキーボード、鈴木慶一さんはギターを弾きながら歌っていました。それから高橋幸宏のソロアルバム「「A NIGHT IN THE NEXT LIFE」に、鈴木慶一さんが楽曲提供した「LEFT BANK(左岸)」を歌いました。

ユキヒロさんのMC「教授から『去年もやったNO NUKES 今年も出てくれない?』とメールされ、鈴木慶一が脱原発のイベントに出てくれるかなぁ、と思っていたらOK返事が出て良かったです。」 鈴木慶一が「僕も昔から反原発だよ、そういうの5~6曲歌っているもん。」 ユキヒロさんが「だって、この歌は、実はこういう意味なんだ、とか言わないし。」 鈴木慶一が「だって、そういうの、言わないで、いろいろ感じ取ってほしいわけ。」 ユキヒロさんが「そういえば、ビートニクス4枚やったけれど、その時代、その時代に対する問題提起をするようなアルバムになっていない?」 鈴木慶一が「だって、その時代、その時代を普通に生きていれば、その時代の何かを感じ取って生きているわけじゃない?そうすると、歌に時代が入ってくるよ。」

う~ん、ユキヒロさんより、鈴木慶一さんの方が一枚上手ですネ。そして、ユキヒロさんが「ちょっと後ろに行ってくる」と行って、ドラムスに座り、1stアルバム「EXITENTIALISM ~出口主義」の収録曲「Ark Diamant」、3rdアルバム「M.R.I」収録曲「Dohro Niwa」、鈴木慶一さん1人でボーカルをするときには、越えに張りがありました。

そして、ユキヒロさんが、ドラムスから降りる3mの距離を降りたため、「ああ、疲れた。ドラムスに座って叩いている時は疲れないのですが、ドラムスからの移動がキツくなってきました。」と老化を訴えていました。そして、ユキヒロさんがキーボードに戻って、2ndアルバム「EXITENTIALIST A GO GO」収録曲の「TOTAL RECALL」を演奏しました。ラストはムーンライダースの歌?分かっていないけれと、みんな「ぱっぱっぱっぱー」と歌っているから、歌いました。

しばらく灯りがついていましたが、THE BEATNIKSも終わったし、帰るかーと、ライブハウスの廊下に出て、歓声が聞こえ、ああ、ASIAN KAN-FU GENERATIONが、時間がないから出てきたんだな、と思い、そのままツイッターでレポート書いていました。

そしたら、ライディーンの出だしの音が聞こえ、アジカンがカバーしたのかなと一瞬思いましたが、「違う、これは、制作時当初のオリジナルのYMOだ!」と思い、あわてて会場に入ると、細野さんがベースを弾き、ユキヒロさんがドラムを叩き、教授がシンセサイザーを演奏している、元祖YMOの音だ!と思いつつ、嬉しい反面、今回はYMOなしで、イベントやっているんだから、あまりYMOを安売りせず、やるなら本格的にやってほしいなぁ、と思いました。

そして、ZEPP DIVER CITYを立ち去り、今から20~25年前、高橋幸宏が神経症の頃、ソロライブで、作品のプロデュースもサポートしてくれた鈴木慶一を紹介するとき、「僕がこれからもずっと一緒に音楽をやっていきたい人、鈴木慶一!」と言っていた言葉を思い出したら、今でも年老いた2人が今日も一緒に音楽を続けていることに、涙が出てきました。

行きは、湘南新宿ラインで大崎から「りんかい線」に乗り換え「東京テレポート」駅から来ましたが、帰りは、気分転換に「ゆりかもめ」に乗り、新橋から京急線直通都営浅草線のホームから、特急・京急久里浜行で帰りました。

More 続きをご覧下さいませ。お台場の風景写真あと8枚。いずれも、480×360サイズです。
# by hide3190ymo | 2013-03-10 17:35 | 平和と国際連帯
My Daily Landscape Spring 2013 Vol.1
c0012640_14463324.jpg
c0012640_1446505.jpg

c0012640_1447544.jpg

2013年1月19日から、2013年3月2日までに撮影した「日常風景」の写真を公開します。

以前は、通勤経路が、大通り公園から横浜公園を通って、山下町のオフィスへ行っていたので、通勤の中で、風景は毎日変わるものだと信じていましたが、相生町に移転後、自宅からオフィスに行くためのは、阪東橋を国道16号の風俗街(殆どの店が朝5時から経営)を通り、尾上町の交差点から日本郵船にかけては完全にビジネス街なので、風景も季節や天候で変わることがなく、コンクリート砂漠で身も心も、乾いてしまいます。

少し「日常生活」の範囲を拡大して、ウィンドウショッピングや、メタボ防止の散歩も兼ねて、少しでも、緑があるところへ行こうと思いました。

あと、人間の生活の匂いがする「狭い道研究会」、建築基準法第42条2項道路や第43条但し書き空地部分の観点でなく、狭い道もいいじゃないかの観点で、建築基準法第42条第3項道路や第6項道路を、城下町の遺跡や歴史的建造物保存地区だけでなく、戦後から使われていた浜マーケットや六角橋商店街仲通りのような道路を広げられない区域を再建築可能なように救済措置し、「人のぬくもりのある近隣商店街」や「戦前・戦後に作られた既存施設の魅力」を維持保全しましょうという、超個人的な考え方ですが、「狭い道研究会」の会員になりたい方、コメントくださいませ。

今回は、横浜市中区・西区・南区ですが、これからは、港北区・鶴見区・神奈川区・港南区・磯子区・金沢区も散策して、この不動産屋さんの現場写真のような角度から、観光地だけでない、「本当のヨコハマ」を、下手くそなコンパクトカメラで、でも伝えたい気持ちだけで写している写真を、ご欄になり、都市の景観形成について、考えるきっかけになれば幸いです。

いつも、自己規制して、写真18枚にしているのですが、今回は期間も長かったので、写真560×480サイズと軽いので、上の3枚の写真を混ぜて、写真20枚にしました。

More 続きをご覧下さいませ。写真あと17枚。いずれも、480×360サイズです。
# by hide3190ymo | 2013-03-03 15:09 | 都市デザイン
映画「ひまわり~沖縄は忘れないあの日の空を~」自主上映会@関内ホール
c0012640_13563753.jpg
c0012640_13564788.jpg
c0012640_13565894.jpg

昨日、ひまわり上映実行員会の主催で、関内ホールの小ホールで、自主上映会が行われました。今後、各映画館でロードショーがあると思いますので、「ひまわり~沖縄は忘れないあの日の空を~」を是非チェックしてください。

映画は「ドキュメント映画」でなく、物語のドラマです。ノン・フィクション映画でなく、「事実に基づいたドラマ」で、家族・恋愛・友情という日常の中に、命を失う事故が起きます。石川・宮森ジェット墜落機事件、1959年6月30日、嘉手納飛行場を離陸したジェット機が石川市(現うるま市石川松島区)に墜落し、ジェット機体が、宮森小学校6年3組の教室に突っ込み18名の命が一瞬に奪われた事件です。

普天間基地に、安全性が検証されず、事故が全て「操縦ミス」のせいにして、同じ米国内のハワイの米軍基地でも、ハワイ州政府が危険だと撤回されたにも関わらず、沖縄県民・沖縄県知事の強い反対にも関わらず、「安全に運転すること」を条件に、日米合意をされたにも関わらず、「市街地は低空飛行しない」「一番危険な操作であるヘリコプターモードから翼を広げジェット機モードにするのを米軍基地内での飛行時に行われている」と安全協定を無視し、当たり前のように、市街地で低空飛行をして、飛行モードを変えている今こそ、全国で、上映してほしい映画です。

昨日の関内ホールで4回上映されましたが、私は、仕事の疲れが午前中まで残っていたので、15時30分から17時30分の回に見てきました。まず、舞台挨拶がありました。全国で昨日からロードショーなのですが、沖縄国際大学の学生だった3人とプロデューサー4人の舞台挨拶。

沖縄国際大学生役の舞台挨拶①
「僕は沖縄県出身だけれど、この映画に出演して、今まで知らなかった沖縄の歴史を知ることが出来て良かったです。でも、沖縄は、危険な基地の側で、楽しんで生きています。」

沖縄国際大学生役の舞台挨拶②
「私は山口県出身で岩国基地があり、今回のオスプレイ配備は危険なので、私にも何か出来ることはないかと思い、出演しました。映画では、嫌な女性の役ですが、本当の私は、そうではありません。(笑)」

沖縄国際大学生役の舞台挨拶③「僕は初めて沖縄に行きましたが、米軍兵のみんなが悪い人じゃないと感じました。それでも、沖縄県に基地があるのは、リスクが大き過ぎます。」 私も横須賀のドブ板通りにいる米軍兵を見ているので、共感しました。

プロデューサーの舞台挨拶「取材をしていると、『もう、あの頃のことは思い出したくない、忘れたい』と言っている方々もいらしゃって、でも、普天間基地のオスプレイ配備を撤回させるためにも、思い出したくないことを語っていただいて、感謝しています。」

以下、ネタバレです。

舞台は、初めに、年配の男性(山崎良太、宮森小学校で事故に会った1人)が、海を見ながら草原で三味線を弾いていました。その三味線の音で、終戦直直後の沖縄のシーンが映し出されます。

終戦前に米軍兵が、もう戦うつもりはない避難民がいる防空壕の1つ1つに、爆弾を入れていったシーン。そして終戦明けに荷物や子供を持ってボロボロになった人々を米軍兵が連行するシーン。この時、普天間基地の位置が決められ、強制的に土地が囲まれたのだと思います。(映像提供会社に中国の会社があったので、そこからの情報提供だと思います。もちろん、映像は、まだカラーでなく白黒です。)

そして、舞台は、1959年の宮森小学校に移ります。

理科の授業で、石川聡子先生が、ひまわりを育てるための種を生徒に配るとき、生徒にこんな話をしました。「先生は戦争の時、11歳でした。先生とても仲良しだった友達がね、戦争で亡くなりました。ひまわりが大好きでした。この『沖縄の空には、ひまわりが良く似合うねーって言って』、涙がこぼしそうになりました。上原一平君が「先生、泣かないで!」と言いました。

山崎良太君のいるクラスに宮城広子さんが転校して、山崎君は初恋をします。そして、山崎君と彼女を含む小学校グループがいつも無邪気に楽しそうに遊ん仲間になります。上原君の家が食堂だったので、一緒にかき氷を食べたり、ボール遊びしたり、本当に罪のない小学生達。

ある放課後、上原君が、石川聡子先生と、婚約者である別のクラスの教師の儀間和樹先生が2人で話をしているところを覗いてしました。儀間先生が石川先生に、「テネシー将軍教師をやめ米軍基地で働き英語を覚えればアメリカに留学が出来るコネが持てた、君も一緒に来ないか?テネシー将軍に口聞きするからさ。」 石川先生は「アメリカに留学してどうするのよ!」 儀間和樹先生は「アメリカに行って、本当の民主主義を学ぶんだ。」と言うと、石川先生は「私達から普天間を奪った横暴なアメリカのどこに民主主義があるのよ!」 すると「うん、分かった、じゃあ、結婚は、僕が帰るまで待ってくれないか。」「私達、年を取るわ。それにお互いの時間を束縛し合うだけじゃない。」と説得されませんでした。(あとで原作の本を読んだら、このシーンはありませんでした。)

6月30日、2時限目の授業の時、石川先生が「はい、ミルク給食の時間ですよ。係の人は準備してください。」その時、上原君が石川先生に「先生、はい!」と、ひまわりの花を差しだしました。「一平君、花壇の花を取ったらダメじゃない。ひまわりの花は土に育てるものなのよ。」と石川先生がまゆを細めると、上原一平君は、にっこり笑って「だから、先生にあげるよぉ。」そう言うなり外に飛び出しました。「一平君!」一平はまっすぐ校庭に走って行きました。

そして、ミルク給食、パンもおかずもない牛乳が皿に入っているだけの給食。(ミルクは脱脂粉乳だそうです。)「おかわりほしい人」「はい!」

この瞬間、米軍の炎上したジェット機が教室の中に突っ込みました。突然、耳が壊れるような爆発音が響き、教室じゅうが揺れガラスの破片が飛び、焼けそうに熱い熱風が吹き付けて、コンクリートや鉄のかけらが飛び散り、机も椅子も吹き飛ばされました。生徒はけがをしているけれど、先生達は、生徒に「逃げて!逃げて!」と、誘導しました。

山崎良太君と宮城広子さんは、気絶して、まだ教室に残っていました。山崎君は、意識を取り戻し、自分の腕が負傷していることに気が付きました。そして隣の席に座っていた宮城広子さんの前頭部のど真ん中から血が流れて出ていました。ずるずるとはいずって、「広子!広子!」と山崎君が何度呼んでも、彼女はぐったりしたままで、山崎君の目から涙が出て、宮城広子さんを起こそうとしました。タンカで運ばれた宮城広子は、とうとう息をひそめました。山崎良太くんは、泣きじゃくりました。

そして、助かった生徒の中に、上原一平君は、いませんでした。石川聡子先生は、「私が『ひまわりの花を取ったらダメじゃない。』なんて、言わなきゃ、一平君は助かったのに。」と泣きました。

この事件を聴いて、父兄や地元の人が助けに駆け付けたところ、宮森小学校は、米軍に包囲されました。「オレ達は助けに来たんだぞ!」と訴えると、「米軍機の事故の救助は米軍の仕事だ」と言って、日本人を現場に入れませんでした。

ちなみに、ジェット機が炎上したとき、乗っていた米軍兵達は、操縦を放棄して、パラシュートで草原に無事落下したそうです。

そして、舞台は2012年、普天間基地のすぐ隣にある沖縄国際大学のゼミ。ゼミのグループワークで、2004年8月13日に沖縄国際大学にヘリコプター墜落が墜落した事故のことを調べていたら、もっと悲惨な歴史、1956年6月30日の石川・宮森事件について、調べることにしました。

ヒアリング調査の中で、「もう、思い出したくない。」と言われる場合が多く、お願いして、やっと当事者に出会い、その時に、石川聡子先生もいました。「私が『ひまわりの花を取ったらダメじゃない。』なんて、言わなきゃ、一平君は助かったのに。」と泣きました。他の遺族に「先生が悪いんじゃないよ、悪いのはジェット機じゃよ。」と慰めていました。石川先生は、1956年から現在まで、ずっとトラウマを抱えて生きてきたのです。

ある海に面した公園で、このゼミのメンバーで生まれたカップル石嶺琉一さんと城間加奈さん(以下、敬称略)の2人のシーンがありました。琉一は「最近、オレ達冷めているよね。電話だって全然くれないし。どうして?」 加奈は心を開こうとしません。

そして、加奈は、翌日、このゼミを辞めると言いだしました。「他のゼミのメンバーにあなたのお父さんさって米軍基地で働いているじゃない!」と言われ、苦しんでいたのです。

ある日、3人のゼミのメンバーが、夜、一緒に食事をしていると、米軍兵にぶつかり、米軍兵も3人でボコボコに殴られ、3人の米軍兵が車に乗って逃げ、ゼミのメンバーが走って追いかけると、追いつかず、基地の中に逃げられました。ナンバープレートをゼミの3人は覚えていたのですが、警察に取り合ってもらえませんでした。

そして舞台はまたゼミの部屋。「日本とアメリカでは、米軍兵が殺人やレイプのような重犯罪の事件以外は、警察は介入出来ないって、密約があるそうよ。」 警察殴られたゼミのメンバーが「畜生!あいつら、殴ってやりたい!」。「暴力に暴力で抵抗するのはダメよ!」と他のメンバーが言いました。石嶺琉一が、「そうだ!コンサートを開こう!集会じゃなくてデモ行進でもない、コンサートだよ!」そして、賛同者が集まり、「PEACE SKY コンサート」と名付け、地元の琉球舞踊団体から、アマチュアのロックバンドまで、集めました。

そして、また海の見える公園で石嶺琉一と城間加奈が会います。琉一が「楽しみだなぁ、コンサート。絶対、上手く行くよ、うん。」とはしゃいでいると、「何よ!コンサート、コンサートって。最近、全然、私のこと抱いてくれないじゃない!コンサートと私とどっちが大事なの!お父さんが基地で働いているのに、基地反対、基地反対、って、私の気持ち、全然分かってくれないじゃない!」と言って、走っていきます。琉一も加奈を追いかけませんでした。

加奈は家に帰って、「お父さん、どうして基地で働いているの?」と尋ねました。加奈の父親は「男として、こんなことを言うのは恥ずかしいが、生活の為だ。基地だと少し給料もいいし、加奈を大学まで卒業させるためにも、お金が必要だったんだ。」 加奈は「あの基地から朝鮮やベトナムに爆弾かかえたジェット機が、飛んだんでしょ!私も戦争加害者なの?お父さんは、沖縄に基地があるといいと思っているわけ?」加奈の父親は困惑しながらも「あの基地で働いている日本人の殆どは、沖縄に基地があるといいと思っていないよ。加奈だって、本当は分かっているだろ?」

加奈は家の階段の下で泣きじゃくります。「本当は、そばにいてほしいのに。」 そして、メールに「私達もうダメだよね・・・」と書いたけれど、送信することをためらい、手を止めました。

そんなかんなで、PEACE SKY コンサートを、大学の講堂で行う企画が、文化祭のように盛り上がっていきます。バス停の前でも、ビラを配り、たまたま、ビラを受け取った米軍兵が「Oh, PEACE SKY!Very Good!」と微笑んでくれたのが、印象的でした。逆に大学の電子掲示板には「Peace Sky コンサートやめろ」「Peace Sky コンサートなんて大学の恥だ」と誹謗中傷を書き込む人もいれば、「Peace Sky コンサート、がんばってください、応援しています。」と書き込む人もいます。

石川・宮森ジェット機事件で、初恋の人が亡くなって、今でもトラウマを抱えていて、無口な人になり、いつも草原で三味線を弾いている山崎良太さんの孫も、ゼミのメンバーにいました。「おじいちゃん、三味線、聞かせてくれないか?」「最近あんまり弾いてないからいいよ。」と断っていましたが、孫の熱心さに負けて、PEACE SKYコンサートに出ることになりました。

いよいよ、明日を迎えたPEACE SKYコンサート、石嶺琉一は、城間加奈に「明日のPEACE SKY コンサート、絶対に来てくれると信じているよ。」とメールしました。

当日、PEACE SKY コンサートには、たくさんの人が来ました。石川聡子先生も見に来てくれました。沖縄三線や、沖縄の伝統舞踊や、アマチュア・ロックバンドも来て、バラエティに富んでいて学生にも総立ちで踊ったり、舞台裏にいる石嶺琉一は、「音楽はみんなの心をひとつにするんだ。」と確信しました。

ついに、山崎良太さんの出番です。石川・宮森ジェット機事故に会ったときの様子を赤裸々に話し、それから平和への祈りを込めて、三味線を弾きました。会場は大拍手でした。

この歌の主題歌を歌うシベリアン・スカンクも登場していました。

そして、一番後ろの席に、城間加奈がいました。彼女を見つけて、石嶺琉一は、すぐ最後尾の席へかけつけました。席の後ろの通路で、石嶺琉一と城間加奈が向き合いました。

この後は、劇場に行ってからのお楽しみ、ということで、真実有り、ドラマ有りで、デートでも楽しめて勉強にもなり、恋人からも「知的な人なのね。」と見直されるかも。ヒュー、ヒュー。

ちなみに、映画の予告編は、こちらです。すみません、私のレポ、少し前後関係がおかしいことに気が付いたのですが、これが限界、許してくださいまし。


ひまわり―沖縄は忘れない、あの日の空を

ひろはた えりこ / 汐文社


ちなみに、この映画は、原作の本があって、構成や台詞が映画と少し違うのですが、ストーリーや訴えたいことは、ほぼ同じです。大きな字で書かれて、漢字もふりがなで降ってあるので、小学4~5年生から読めるのではないかと思います。

今回の自主上映会で私が学んだことは、米軍で働く日本人や米軍兵個人は、私達と同じ労働者で、彼らに対し誹謗中傷をすべきでない、憎むべきは、戦争・政治・権力者であることを、学びました。

各地の映画館で、今後ロードショーをされるそうですが、独立映画センターのひまわり上映実行委員会に申し込めるそうです。NPOや労働組合だけでなく有志でも受け付けているそうなので、もちろんお客さんを集め、会場をレンタルして採算がとれる努力は大変ですが、とても有意義なことだと思います。特に大学や高校の学園祭などで企画していただいて、若い人にも見てほしいです。

日本は、政治も資本家も腐っていますが、最も腐っているのはマスコミだと思います。問題が起きた時だけ、国民の心を仰ぎ、でも、その後、追跡調査をせず、話題性だけでに焦点を当てて報道し、いたずらに世論を形成し、そして失敗してから批判して正義の報道をしても、失敗を予測して政策プロセスを検証しない、これが日本のジャーナリズムです。

それを変えるためにも、今、各地で、デモ行進や、市民活動で頑張っているNGO・NPOの方々、こういう自主上映会で真実を伝え、語り続けること、後継者を育ても大切です。

私に出来ること、このブログを書くのと、メーデーに行くことくらいしか出来ませんが、みんなで心をひとつにして、平和な世界を作りたいですね。

(今日のYouTube) ひまわり / Civilian Skunk

動画の前半は予告編で、2分43秒後に、この映画のテーマソング、シベリアン・スカンクの歌がかかります。  
# by hide3190ymo | 2013-01-27 14:16 | 平和と国際連帯
最近食べたランチ
最近、食べているランチです。以前のオフィスは中華街でしたが、今は関内より少し桜木町側のオフィスに移転しました。午後は現場検査に出ることが多く、朝はパンと味噌汁だけなので、ランチはしっかり食べなくちゃ。

c0012640_1042433.jpg
c0012640_10425527.jpg
c0012640_1043616.jpg
c0012640_10431690.jpg
c0012640_10432538.jpg
c0012640_10433423.jpg
c0012640_10434374.jpg

(今日のYouTube) カレーライスの女 / ソニン (R-15指定)

 最近は女優として活躍しているソニンですが、この歌は、ソニンがEE JUMP(モー娘 後藤)解散後、初めてソロで歌ったもので、つんくプロデュース。PVのソニンの「裸にエプロン」とか「回転ベットなどセクシーなシーンがありますが、私はなんか40歳過ぎて、女性のセクシーさとか感じなくなります。
# by hide3190ymo | 2013-01-26 10:25 | ショッピング&グルメ
My Daily Landscape WINTER 2012~2013 Vol.2
c0012640_21372317.jpg
c0012640_21373388.jpg
c0012640_21374431.jpg

2012年12月26日から、2013年1月18日までに撮影した「冬の朝」の写真です。通勤しながらの撮影なので、行ける範囲が限られていますが、同じ場所でも行く時間や季節によって違う、美しい街並みの観光地も「横浜」なら、風俗店街も「横浜」、晴れた日も「横浜」ならば、雪が降った日も「横浜」です。

More あと写真15枚 各560×420サイズ
# by hide3190ymo | 2013-01-18 21:52 | 都市デザイン
2012年良く聴いたCDアルバム・ベストテン
あけましておめでとうございます。

去年から体調を崩しがちで、あまり音楽もじっくり聴けていないのですが、なんかこれをやらないと、新年が始まらなくて、書きました。

今年は、少し自分の活動量をセーブしたいと思いますので、たまに出かけるくらいになりますが、今後とも宜しくお願いします。


【2012年良く聴いた音楽CDベストテン~邦楽編~】

第1位 キセキの渚 / ソウル・フラワー・ユニオン

 「何度もやり直す しつこく蘇る」の歌詞の部分を、いつも自分に言い聞かせています。

第2位 ぱみゅぱみゅレボルーション / きゃりーぱみゅぱみゅ

 中田ヤスタカのプロデュースで、聴いていると不思議に元気が出ます。

第3位 銀河のほとり 路上の花 / 中川敬

 本当に傷ついた人の心を歌い、共感できる音楽はなかなかないと思います。

第4位 MOVE / 上原ひろみ&アンソニージャクソン&サイモン・フィリップ

 タイトルどおり躍動感のあるジャズで、ジャズ好きの人でなくとも楽しめるアルバムです。

第5位 坩堝の電圧 / くるり

 2人→5人→4人とメンバー数が増減しましたが、ロック度は高い方だと思います。

第6位 荒野 On the Wild Side / アナログフィッシュ

 NO NUKES 2012で見つけた反骨精神の高いバンドで、洋楽好きにもおススメです。

第7位 変身 / チャットモンチー

 メンバーが3人から2人になりましたが、相変わらずの実力派ガールズバンドです。

第8位 100年後 / OGRE YOU ASSHOLE

 MGMTが来日した時オープニングアクトを務めたサイケデリックなバンドです。

第9位 勘違い / 安藤裕子

 1曲の中でも色々な声を使い分けたり、曲の変調が面白かったりします。

第10位 I'm Yours / 坂本美雨

 エレクトロニカ路線で、不器用な恋愛を美雨さんが心から歌っているのが伝わります。



【2012年良く聴いた音楽CDベストテン~洋楽編~】

第1位 FOUR / BLOC PARTY

 UKロックで一番好きなバンドが復活して嬉しいです。ギターロックっぽくなっています。

第2位 STRANGELAND / KEANE

 やっぱりシンプルなKEANEの方が好きです。トムの声とピアノのハーモニー。

第3位 A VICTIM OF STARS 1982-2012 / DAVID SYLVIAN

 JAPAN時代から、ロバート・フィリップや坂本龍一とのコラボまで収録されたベスト盤。

第4位 The 2nd Law / MUSE

 ロックとクラッシックの融合を追求、オリンピックでも活躍。今年サマソニ出場決定。

第5位 Valtari / Sigur Ros

 アイスランドのバンドで、天国に連れててくれるような美しい芸術的作品。

第6位 Gossamer / Passion Pit

 去年サマソニに出場した男女5人混成エレクトロポップバンドで、甘い感じです。

第7位 Sounds from Nowheresville / The Ting Tings

 来日キャンセルでショックでしたが、またケイティの美貌が見たいです。

第8位 Crystal Castles Ⅲ / Crystal Castles

 刑務所の社会奉仕活動で知り合ったエレクトリック・パンク男女デュオ

第9位  Little Broken Hearts / Norah Jones

 ノラ・ジョーンズ自身の失恋を反映させた曲が多く、ジャズというよりロック調です。

第10位 Centipede Hz / Animal Collective

 骨格となるロックのサウンドに、沢山のノイズが絡みこんでいる面白いアルバムです。
# by hide3190ymo | 2013-01-12 16:22 | 音楽&映像
クリスマスイブの横浜橋商店街
c0012640_1920131.jpg
c0012640_1920767.jpg
c0012640_19201414.jpg

さて、今年もあと僅かですが、いかがお過ごしでしょうか?年賀状は書き終わりましたか?お年玉の準備はいかがですか?お仕事に追われていますか?大掃除をしていますか?

今週の月曜日、天皇誕生日の振替休日のクリスマス・イブに、両親と、兄貴の家族と、チキンとケーキを買いに行き、渡してきました。ま、自分が食べたかったというのもあるのですが、たまには「他人にご褒美」。

不二家やケンタッキーフライドチキンまで行こうかなーと思いましたが、自宅のそばの横浜橋商店街で用は済ましてしまいました。クリスマス・イブなのに、この混雑した庶民的な商店街のカオスを撮したので、見てちょんまげ。

More 写真 560×420サイズ あと15枚。
# by hide3190ymo | 2012-12-26 19:30 | 都市デザイン
さよなら、Nolla Cafe ライブ ( 出演:mmmさん サラ・テ・ロココさん)
c0012640_1605175.jpg
c0012640_161429.jpg
c0012640_163982.jpg
c0012640_1612417.jpg
c0012640_1613388.jpg
c0012640_1614339.jpg
c0012640_1615382.jpg

昨晩は、わが横浜を誇る究極のカフェ、六角橋にあるNolla Cafeが閉店し、マスターは富山で営業をすることになり、ミュージシャンに近い空間で、音楽を楽しみ、カレー・スープ・パン健康的な材料で美味しく食べられる店がなくなるのは、地元民としては、淋しいです。

秋山羊子さんが、以前の対バンしたアーチストの友人・・・だったかな?うん、とにかく秋山羊子さんLIVEで知りました。彼女の体調良くない日は客席までやってきて、絡まれましたが、ラップで2フレーズくらい歌った記憶があります。あと、ユタカさんやジョン君を連れて見に行ったこともあります。

秋山羊子さんのLIVEをきっかけに、小嶋佐和子さんを知り、小嶋佐和子さんとイトウマキさんの2人組みUnknown Little Birdを見に行きました。終演後、イトウマキさんに「ノコギリ」という楽器をいじらせてもらいましたが、音を出すのにすごい力が必要でした。その日の対バンが、2人組ボサノバミュージシャンのMuseyの、みゅーさんソロできて、「お客さんと、この至近距離は、初めて。」と緊張していましたが、とても癒される音楽で、Museyの3rdアルバム「東京の街」を買いました。

それから、秋山羊子さんと井波陽子さんの2マンLIVE、井波陽子さんは渡辺真知子のような独特な声のピアノ弾き語りで、でもメッセージ性の強い曲調が多く、井波陽子さんの「約束」を購入しました。

今年になって、富山優子さんと井波陽子さんの2マンLIVEに行き、ライブ後、坂本龍一と同じ東京芸術大学卒の富山優子さんの可愛くて優しい歌声に惚れて「僕らの時代」というアルバムを購入しました。ライブ終了後、富山優子さんと同じテーブルで、ゆっくりお話しは出来て嬉しかったです。ミュージシャンも観客も同じ目の高さで交流できるのも、決して面積が広いとは言えないNolla Cafeのおかげです。

昨晩のライブのトップバッターは、アコースティックギター弾き語りアーチストのサラ・テ・ロココさん、透明感のある女性アーチストの声が好きな人もいますが、彼女は逆に不透明な絵の具・油絵のような暖かい声をしていて、鬼束ちひろさんに声質が似ているなぁと思いました。でも、弦の音1本1本を大切にして、メロディを作り上げている感じでした。

曲ごとにギターの音色は変わり、まるで違う楽器に聞こえたりしました。何気ない日常を歌っていますが、「あ~あ」というため息が歌詞の1部になっていたり、1曲だけはじけてロック調の歌がありました。アコースティックギターでロックの音、結構かっこいいです。

藤沢市にお住まいで、高校時代は江ノ電で通学していたので、大人になった今、思い出された風景、キラキラした高校時代を思い出して「短い電車」という曲を作ったそうです。ラストは「雨のち」という曲で、雨のち晴れになるポジティブな曲で、しめました。

次は、mmm(みーまいもー)さんというテンション高い、少しパンクが入った、エモ系ギター弾き語りの方でした。もっと大きい会場でも、マイクなしで行けるだろう激しいボイスの曲が前半でした。

お客さんが、歌の説明を求めると、「家で夜2時にエアコンを修理しに来た人を向かい入れる歌。」と説明。独特な世界観で「メリークリスマス」の歌を歌い、「魂の叫び」が、表に出たり、心の奥に戻ったり、感情の起伏の激しい歌が続きます。そして、東戸塚(JR横須賀線沿い)出身らしく、サラ・テ・ロココさんも藤沢なので、サザンオールスターズの「涙のキッス」を歌いますと言ってカバーして、神奈川県人会状態です。

次は「There There」という歌で英語で歌っていました。「まあまあ」となだめながら「でもさあ」なんて言っている曲だそうです。本当はRadioheadが好きですが、これはカバーするのは無理だなぁとおっしゃっていました。(実は秋山羊子さんがRADIOHEADの曲を日本語に翻訳してカバーアルバム「日々はありふれていて残酷で めちゃくちゃに愛おしくて時々ひどく退屈で でもうたいつづけていたい」で歌っています。しかも「CREEP」を歌っています。これがなかなか良いのです。)

「外人さん」という曲で、mmmさんが、長く海外に留学していたら外人が恋しくなり、ある外国人男性とつきあうようになったが、彼は、二股かけていて、2番目でいいから、私とつきあって、と愛情を求めた実体験に基づく歌だそうです。また感情の起伏の激しい歌に、会場から応援の手拍子が湧きあがりました。

観客にいろいろと説明をも求められて、会話形式のライブになりまして、次は、酒を飲み過ぎて、涙をこぼしながら、嘔吐しながら、頭がグルグル回り、そして風が、ひゅるりー、ひゅるりーと吹き付ける寒い夜の渋谷を、秋葉原をさまよう歌が、歌われました。

それから、「無題」という歌、そしてラストは「ケンちゃん」を歌いました。歌詞の割合に対して、擬音語・擬態語が多く、鳥のさえずりから象のパオーという声まで出て、フアナ・モリーナを思い出しました。

サラ・テ・ロココさんの歌声に惹かれて、「あるいてる」というメルヘンチックなジャケットのアルバムを買いました。

マスター最後の手料理ハーフ&ハーフで、カレーライスと豆のスープを食べ、グレープジュースを飲み、それから豆腐を使ったパンを注文しました。とても、まいう~!で、ますますこの店がなくなるのが淋しくなり、美味しいやら淋しいやら、そんな気持ちが同時に来る経験をしました。

観客席には、mayulucaさんもいらっしゃいました。らるふさんが余興なのか、第二部なのか、ネパール製の口琴(コーキン)を吹いて盛り上がりました。口に加えているだけに見えても、多種多様な音が出て面白い楽器でした。でも、ここまで出来るのは、相当のテクニックが必要でしょう。

高円寺に「円盤」というお店があり、そこが日本口琴協会になっているそうです。アジアの小乗仏教の国で特に使われているけれど、どの国の楽器という訳ではない、多国籍楽器だそうです。ロシア人では、ミス・コーキンとか決めてるそうで、そんな口琴話で盛り上がりっていました。ミス・コーキンは、どちらかというとウズベキスタンやカザフスタンに近いシルクロード系の人が多いそうです。

時間も22時30分くらいになったので、そろそろ帰り、明るい笑顔で「良いお年を」と、マスターと交流していただいた方々に挨拶をしました。愛猫ハチにも挨拶しました。

楽しい時間と言うのは、あっという間に終わってしまうもので、しかし、マスターの富山でのご健勝をお祈りいたします。

More 六角橋の風景 写真15枚。 しばらく来ることなさそうなので、想い出に映しました。
# by hide3190ymo | 2012-12-24 18:36 | 音楽&映像
My Daily Landscape WINTER 2012~2013 Vol.1
c0012640_22355638.jpg
c0012640_2236897.jpg
c0012640_22361993.jpg

今年もあと僅かとなりましたが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

12月1日(土)~12月21日(金)にかけて、日常生活圏内を撮した写真のうち、28枚を厳選して、掲載しました。この冬、都市の様子を見ていると、横浜では、殆ど過大な電装やライトアップがなく、LED照明の数さえも減らして、少しだけクリスマスっぽくしている店舗や商店街もあります。

街の景色としては、淋しいけれど、このくらいがちょうどいいかも知れません。いいえ、本当は、星空の見える都市が一番の理想です。

More 残り25枚 写真 全て 560×420 サイズ
# by hide3190ymo | 2012-12-21 22:54 | 都市デザイン
Mr.BEAN しばりたて豆乳のお店
c0012640_2032638.jpg
c0012640_20133066.jpg
c0012640_2033575.jpg
c0012640_2034295.jpg
c0012640_2034891.jpg
c0012640_2035653.jpg

東急東横線またはJR線の3階から降りて、京王マークシティを突っ切って、京王井の頭線に乗ろうとすると、必ずこのT字路の前のにあるお店「mr.bean(ミスター・ビーン)」を見ながら通過します。

mr.bean(ミスター・ビーン)」は、東急八重洲店、阪急三番街店と、続いて、第3号のお店が渋谷になります。

ミスタービーンは、シンガポールで、1995年に創業され、現在、最大のSoya Milk(豆乳)ドリンクチェーンとなりました。シンガポール国内に50店舗以上の豆乳スタンドを展開し、豊富な種類の豆乳ドリンクとフードを提供しています。

特に演劇に行くには、横浜から下北沢に演劇等を見にいくのに、昼ごはんが、ゆっくり食べている時間的余裕がないとき、たまに利用します。

先週の土曜日、劇団青年団を見るため、駒場東大前に行った時も、豆乳焼き3つ買いました。カスタードクリーム味、スイートポテト味、あずき味と買いましたが、結局、昼食としては、2つでお腹いっぱいになり、最後の1つだけ、カバンに包装紙でたたんで、演劇終了後のおやつにしました。

「mr.bean(ミスター・ビーン)」のメニューは、豆乳ドリンクは、マンゴー味、バナナ味、チョコレート味がCOLDで、HOTとCOLD両方とも販売されているのが、クラシック/ティープレッソ/バニラの3種類。そして、豆乳を練り込んだもっちりとした食感のシンガポールでも大人気の豆乳やきが、私の食べたカスタードクリーム味、スイートポテト味、あずき味の他にハム&チーズがありました。そして、しびりたて豆乳のソフトクリームが、チョコレートやイチゴなどのトッピングフレーバーなどの味で売らています。渋谷店限定で「パンケーキ」という豆乳を使ったホットケーキもあり、美味しそうでした。

この日の渋谷は、さえない雨の1日でした。

(今日のYouTube) SWEET RAIN / Jazztronik
# by hide3190ymo | 2012-12-20 20:40 | ショッピング&グルメ
サンタクロース会議~アダルト編~劇団青年団 at こまばアゴラ劇場
c0012640_1442938.jpg
c0012640_1443740.jpg
c0012640_1444320.jpg

昨日、こまばアゴラ劇場で、サンタクロース会議~アダルト編」を見てきました。

この日は、AM11:00から50分「子ども参加型演劇 サンタクロース会議」を、「サンタクロースの存在を信じている子どもと大人のための会議」を午前中に行われました。青年団初の、親子で楽しめる参加型演劇だったそうです。

そして、PM14:00から60分「サンタクロース会議~アダルト編」で、「サンタクロースの存在を信じている子どもは見てはいけません。」という、未就学児お断りの、毎年、「サンタクロースはどこから来るの?」と子どもに問いかけられて困っているすべてのお父さんとお母さんのために、 青年団がおくる、ちょっとブラックな大人向け「サンタクロース会議」が上演されました。60分の芝居だけれど2000円でちょうど良い長さでした。

午前中、子供参加型演劇 クリスマス会議」を見た後で、子連れのお母さんが何人かアダルト編を見るため、子供を託児所に預けたり、ある程度大きくて、交流が出来るコーナーで待機させたりしているお母さんもいました。ちなみに託児所は、土曜・日曜だけで要予約だそうです。

「料金:0・1歳児2,000円 2歳児以上1,000円  予約:イベント託児・マザーズ TEL:0120-788-222(営業時間:土・日・祝日を除く10時~12時、13時~17時)※ご観劇の予約とは別に上記連絡先までお申し込みください。」だそうです。詳しくは青年団のホームページで、どうそ。

「サンタクロース会議」は、12月23日まで、毎日、公演するようです。下の表で、子供参加型クリスマスは赤色の文字、「サンタクロース会議~アダルト編」は、緑色の字で書かれています。
c0012640_0365071.jpg


劇団青年団は、2012年の2月1日から2月3日まで、「いわき演劇祭り~演劇からの復興~」が行われる予定ですが、場所はいわき芸術文化交流館アリオス小劇場になります。青年団は2月2日(土)の17;30から「ヤルタ会談」を上演します。この作品も作・演出は平田オリザで、第2次世界大戦終了間際に、アメリカとイギリスと旧ソ連の首脳が集まり、戦後世界の支配をめぐって開かれた「ヤルタ会談」を、痛快にパロディしたものです。これで東北地方の元気が1人でも多く励まされるなら、最高に素敵な話だと思います。

今回の「サンタクロース会議~アダルト編~」公演でも、もう観客が入場するときには、何人かの役者は、舞台の上で、すでに役作りをしてしていまして、1人の役者さんが、何かセリフをしゃべった後で、青年団のスタッフが、客席中央に来て「お待たせいたしました、只今から『サンタクロース会議~アダルト編を行います。場内禁煙、携帯はマナーモードでお願いします。本日は大変、混雑しているので、上着や荷物を預ける方は、おっしゃってください。」という挨拶がありました。

舞台美術は、中央にベットがあって、それを囲むように党首会談みたいな半円形の机があって、今回の会議は、他の会議シリーズと違い、机の後ろ側になる人はいません。その奥の中央には、暖炉と煙突の筒が飾られ、その後ろは黒幕になっています。暖炉から役者は出入りすることが出来ます。そして、円筒の上に「サンタクロースかいぎ」と書かれた横に長い看板状のものがあり、クリスマスらしい装飾がしてあります。

子供役の人が中央のベットに寝ていて、目覚めると、大きな靴下の中に、おもちゃが入っていて、子供がやったぁ!と飛び跳ねて喜び、暖炉の外に出てきます。実は3回の定期的な会議があって、会議と会議の間を、子供役の人が入れ替わって、きっかけとしています。

空間は定点観察ですが、時間の流れはファンタジーでして、いつもの青年団と少し違うかなぁとも思いました。

そして、3つの会議が始まります。

これから私が書くあらすじは、会話形式になっていますが、私の記憶とメモの範囲で、ポイントを抑える意味で、その方が書きやすかっただけなので、実際の演劇のセリフと相当違うと思いますので、それを前提に、興味のある方は、読んでくださいませ。

More 以下ネタバレと、写真15枚。
# by hide3190ymo | 2012-12-16 19:14 | 舞台&美術
自主映画上映会「シェーナウの想い」と、原爆被害のパネル展示 @ 横浜南センター
c0012640_18303436.jpg
c0012640_18304445.jpg
c0012640_18305388.jpg

今日は、しんぶん赤旗日曜版(平日は朝日新聞しかとっていない)の中に、入っていたビラを見て、自主映画上映会「シェーナウの想い」と、原爆被害のパネル展示を見ました。

清水ヶ丘・三春台・南太田・庚台地区の「九条の会」の方々が企画してくださいました。

シェーナウの想い」の映画の上映会は、内容は思ったより、難しく、2回見ました。ドイツ南西部、黒い森のなかにある小さなまちシェーナウ市で、チェルノブイリ原発事故後、シェーナウの親たちが、子どもの未来を守るため、自然エネルギーの電力会社を自ら作ろうと決意し、成功したドキュメントで、再生可能エネルギーの実現の事例としては、勉強になると思います。

市民の手で、再生可能エネルギーの電力会社を作るためには、市議会・住民投票で合意形成をする難しさや、独占企業と政治家の癒着、また、原発マネーの問題は、どのプロセスにもあり、脱原発を決意してから、実践につなぐには、相当のエネルギーがいるのだなと思う映画でした。

しかし、シェーナウ市民の手で作った再生可能エネルギーの電力供給会社は、現在、成長して、ドイツ全土に自然エネルギーが供給出来るところまで、会社は大きくなっているそうです。再生可能エネルギーは、現実として、技術的にも、経済的にも、行ける確信を持ちました。

今、私達に出来ることは、次の衆議院選挙で、脱原発を最も徹底して主張している政党・政治家に投票することです。

More 原子力爆弾に関するパネルです。写真7枚。
# by hide3190ymo | 2012-12-08 18:53 | 平和と国際連帯
出勤2日目と、夕方の地震。
c0012640_2052043.jpg
c0012640_2053146.jpg
c0012640_2054487.jpg

今日は出勤2日目で、まあまあ調子が良くなり、社会人に復帰した気分になれました。熱も36.3℃でした。サンプルの便の分析結果も、問題ある細菌は見つかりませんでした。

横浜市の場合、震度5強以上の地震の場合、休日だろうが夜中だろうが旅行中だろうが、職場待機・職場参集する義務があり、私は建築調査班で、建築物の被害状況を調査する業務につきます。

また応急危険度判定士という資格を持っていて、建物がこれから使い続けられるか「調査済」と書かれた緑色の紙、「要注意」と書かれた黄色の紙、「使用禁止」と書かれた赤色の紙を貼ります。

夕方の地震は、7階のオフィスで揺れました。最初は抗鬱剤の副作用で、立ち眩みをしたのかと思いましたが、他の人も慌てているので、地震だと分かりました。揺れている時間が、異常に長かったと記憶しています。まるで、難破船に乗っているようです。

地震と聞くと、すぐに原発を心配するのは、多いと思います。原発が稼働を停止している状態でも、廃炉にしない限り、そこに放射性物質が残っていて、施設の劣化により、漏えいする危険性があるからです。

青森県の震度が一番最初に発表され、やはり核燃料リサイクル工場にあるプルトニウムが漏えいしないか心配になりました。

自宅に帰って、NHK地震情報を見ると、「東北地方及び茨城県の原発は全て安全」という文字がアナウンサーの頭の上の画面に写り、随分、簡単に流されている情報だなぁと思いました。

その後、武田アナウンサー(私と同じ元・筑波小劇場・出身)の解説では、「東京電力など各電力会社では放射性物質のモニタリングで数値に変化なく、各電力会社に問題があったという報告が出されていないとのことです。」と補足説明をしました。

「問題があるという報告がない」と「全て安全」では、ニュアンスが違うし、本当に、日本って、リスクコミュニケーションの下手な国だなぁと思います。

明日以降、日中、各原発を再点検し危険を予知したら、すぐ正確な情報公開を、電力会社に求めます。各電力会社は、政治と金と選挙の問題は後回しにして、人命最優先で、リスクを正直に提示していただくことを要望します。

東北地方で、寒い中、仮設住宅で暮らしている人々や、地元に戻って農林水産業を立て直している人々のことを考えると、本当に、お気の毒でなりません。

(今日のYouTube) ダッ!ダッ!脱・原発の歌 / 制服向上委員会
# by hide3190ymo | 2012-12-07 20:39 | 自分史を書く
出勤初日、快調でした。
c0012640_19334746.jpg
c0012640_19335554.jpg
c0012640_1934478.jpg

今日から出勤、1日勤まりました。15時くらいから疲れだしたかもです。
今日は、ゆっくり眠りましょう。

(今日のYouTube) You Are Young / KEANE
# by hide3190ymo | 2012-12-06 19:43 | 自分史を書く