蟻の行列
c0012640_20533356.jpg
作品名:「時をかける少女」。クリックで画像が別ウインドウ表示で拡大します。

原本は、塗り絵で、その背景を勝手に作ったもの。太陽や山に顔があるのは、「Dr.スランプ・アラレちゃん」の影響ではないかと自己分析します。

塗り絵をすると無心になれます。苦しいことも悲しいことも色鉛筆が消してくれます。

昨日まで病院のOT室に、大学や専門学校の作業療法士を目指す実習生が3人来ていたのですが、2週間の実習ということで、昨日がお別れの日でした。おじさん、さみしいよ。



c0012640_211610.jpg
作品名:「蟻の行列」。これもクリックで画像が別ウインドウ表示で拡大します。

作業療法士の実習生に、「綺麗な色ですね。」と言われたので、
「あ、これ、一応、ギャグのつもりなんです。高校の数学で行列を習いましたよね?」と聞いたら、「習ってないです。今、ゆとり教育で、ベクトルとか確率とかも選択なんですよ。」と言われて、ショックを受けました。

「私達の1年下は、円周率が3なんですよ」とか。

円周率が3とは、もはや数学がどうとかいうより、哲学の問題ではないかと思いました。
割り切れない数字があるということを知らない世代がいるんだ、と思うと、
ちと日本の将来が不安であるが・・・・。

かく言う私も、「蟻の逆行列」の方は自信ありません。これで合っていたかな~。
建築の仕事でも、マトリクス構造解析という計算の仕方はあるのですが、コンピュータまかせのため手計算は今ひとつ覚えていないなぁ。そもそも、2×2の行列は使わないし。

実習生で一番親しくなった作業療法科の3年生に、
「話し相手になってくれて嬉しかったです。本当にありがとう。患者には、いろいろな人がいるから、つらいこともあると思うけれど、がんばってね。」と昨日、感謝の言葉を伝えました。
こういうときは、素直な気持ちを伝えてもいいんですよね?

さて、行列を知らなくても、この絵が美しいと思えるのであれば、「数学アート」という新しい分野を開拓してみる価値があるのではないかと思っています。

(今日のYouTube) Are you there ? / 原田知世
 ドラムは、高橋幸宏です。PUPA結成のきっかけとなった知世ちゃんソロの曲。
 ところで、知世ちゃんは、いくつになっても、かわいいなぁ。
by hide3190ymo | 2009-03-07 21:12 | 舞台&美術
<< あきらめましょう。 明日への神話 >>