最近聴いている洋楽 【4月号】
今年は、サマソニにも、フジロックにも、行かない予定なので、洋楽情報に乏しくなりますが、私なりに少しずつ紹介していきたいと思います。なお、本文中のバンド名に張られたリンクは、すべてMy Spaceへのリンクです。

Fire Like This

Blood Red Shoes / V2


2月に日本先行発売されたBLOOD RED SHOESのセカンドアルバムです。BLOOD RED SHOESは、ブライトン出身、ギター&ボーカルのローラ・メアリー・カーターと、ドラムスのスティーブン・アンセンの男女デュオで、たった2人でこれだけの音楽がどうして作れるのかという重厚感があります。ノイジーなギターと甘い声を出すメアリーカーターと、骨太だけれど愛らしい声を出すスティーブン・アンセンの合唱、私は今一番好きな洋楽アーチストかも知れません。基本的には、ファーストアルバムの「BOX OF SECRET」と同じ「逆ホワイトストライプ路線」ですが、今回の作品の方が、少しヘビーでパワフルです。今年もフジロックの第一弾アーチストで発表されました。試聴サイトは、こちら(HMV)です。

Saturday

Ocean Colour Scene / Cooking Vinyl


OCEAN COLOR SCENEは、バーミンガム発の4人組で、92年にデビューしたベテラン・バンドで、ポールウェラー師匠のお気に入りバンドと、日本でも紹介され、私も名前は知っていたけれど、初めてフジロックに行ったとき、RED MARQUEEの近くの林で、レジャーシートに寝転がりながら、聴いていましたが、「なかなかいいじゃん」という感じです。渋くて、明るくて、パワフルなロックバンドで、ケーナのような民族音楽の楽器も時々入っています。聴いているとポジティブなエネルギーが湧いてきます。試聴サイトは、こちら(MUSICO)です。

Nobody's Coming to Save You

Sunshine Underground / City Rockers


今度の4月25日のBRITISH ANTHEMSに、ステレオフォニックスと対バンするイギリス、リーズ出身の4ピース・バンド・Sunshine Undergroundの2ndアルバムで、ロックとグルーヴを両立させたダンサブルな音楽で、THE MUSICとか好きな人は、お好みかも知れません。電子音に合わせて、ギターとドラムスが正確なリズムで合わさっているところが好きです。前半はロック調ですが後半になるに連れ、グルーヴっぽくなってきます。毎朝通勤で聴いていますが、悲しみに共感して洗い流してくれるような、暗くてパワフルな音楽です。試聴サイトは、こちらです。

(今日のYouTubeその2) LIGHT IT UP / BLOOD RED SHOES



c0012640_16585931.gif
【バックナンバー】
最近聴いている邦楽【2010年3月号】 最近聴いている洋楽 【2010年2月号】
最近聴いている邦楽 【2009年11月号】 最近聴いている洋楽【2009年10月号】
最近聴いている邦楽 【2009年9月号】 最近聴いている洋楽 【2009年7月号】  
最近聴いている邦楽 【2009年6月号】 最近聴いている洋楽 【2009年5月号】 
最近聴いている邦楽 【2009年4月号】 最近聴いている洋楽 【2008年3月号】 
最近聴いている邦楽 【2008年11月号】 最近聴いている洋楽 【2008年10月号】
by hide3190ymo | 2010-04-10 14:05 | 音楽&映像
<< 明日の私へ (その6) 人事尽くして、天命を待った結果... >>